LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年4・5月合併号

SCHOOL UPDATE

目黒学院中学校

オールイングリッシュの授業
英語を楽しみ自己表現のツールの一つに

この日の授業では、二人一組になって英文の音読発表を行いました。自ら前に出て発表を行う生徒たちの姿に、英語を学ぼうとする意欲を感じました。

この日の授業では、二人一組になって英文の音読発表を行いました。
自ら前に出て発表を行う生徒たちの姿に、英語を学ぼうとする意欲を感じました。

生徒が発表する様子を動画に撮影し、生徒自身が発音や発表内容を見直します。生徒が発表する様子を動画に撮影し、生徒自身が発音や発表内容を見直します。

 教育目標である「グローバル社会で活躍できる有能な人材の育成」のもと、世界で通用する英語力の養成をめざす同校では、中高6年間全学年で週7時間、オールイングリッシュによる英語の授業を展開しています。そのうちの2時間は、ネイティブ教員が受け持ち、早い時期から本物の英語に触れることを大切にしています。

「中3はアメリカでの語学研修、高2はアジア諸国での語学研修があり、全生徒が参加します。そのため、英語を本格的に習い始める中1生から英語を読む、話す、聞く、書く能力を養ってもらいたいと思い、オールイングリッシュによる英語のシャワーを浴びせています」(英語科/白木恵以子先生)

 授業は、プレゼンテーションや調べ物学習を多く取り入れ、生徒がアクティブに動き、主体的に学ぶことを大切にしています。

「まずは英語を楽しんで、そして、英語で表現できる力をつけてもらいたいと考えています。間違っても、失敗してもいいんです。自主的に発言し、行動することが大事なのです。
 オールイングリッシュの授業を続けることで、生徒たちが大きく変わってきていると実感してます。入学当初、中1生は下を向いている生徒が多かったのですが、今では自ら進んで意見を発表する生徒が多くなりました」

 主体的に学ぶプレゼンテーション型の授業によって、英語力とともにコミュニケーション能力や協調する力も身につけていきます。

プレゼンテーション型の授業で主体的に学ぶ
英語のシャワーが世界で通用する英語力を育てる
 週7時間の英語授業のほかにも、中1〜中3生合同の習熟度別の英語の授業も展開し、すでに語学力のある生徒の能力を伸ばす取り組みも行っています。週7時間の英語授業のほかにも、中1〜中3生合同の習熟度別の英語の授業も展開し、すでに語学力のある生徒の能力を伸ばす取り組みも行っています。
 1クラスの生徒数が少ないため、授業中も先生に質問でき、ていねいに解説してもらえます。積極的に先生に話しかける生徒の姿が印象的でした。1クラスの生徒数が少ないため、授業中も先生に質問でき、ていねいに解説してもらえます。積極的に先生に話しかける生徒の姿が印象的でした。
英語のシャワーを浴び続けることで、英語の質問に日本語で返していた生徒たちが、だんだんと英語で返答できるようになっていきます。前に出て発表する姿は自信にあふれ、堂々としていました。英語のシャワーを浴び続けることで、英語の質問に日本語で返していた生徒たちが、だんだんと英語で返答できるようになっていきます。前に出て発表する姿は自信にあふれ、堂々としていました。
 「今後は、校外プログラムを増やすなど、外との関わり合いも積極的に行いたいと思っています。また、教科を越えてボーダーレスなカリキュラムもできたらと考えています」(白木先生)「今後は、校外プログラムを増やすなど、外との関わり合いも積極的に行いたいと思っています。また、教科を越えてボーダーレスなカリキュラムもできたらと考えています」(白木先生)
 入学当初は発表ができなかった生徒も多かったという中1生。1年間で自分の意見をしっかりと発言できるようになりました。 入学当初は発表ができなかった生徒も多かったという中1生。1年間で自分の意見をしっかりと発言できるようになりました。

(この記事は『私立中高進学通信2018年4・5月合併号』に掲載しました。)

目黒学院中学校  

〒153-8631 東京都目黒区中目黒1-1-50
TEL:03-3711-6556

進学通信掲載情報

【The Voice 校長インタビュー】自分らしく生き、自ら選び取る将来をじっくりと考える6年間をサポート
【私学の校外学習・学外交流】東日本大震災の経験を学び防災意識を高める
【SCHOOL UPDATE】オールイングリッシュの授業 英語を楽しみ自己表現のツールの一つに
【Students' Chat Spot】積極的な発言が飛び交う活気ある授業! 自主性を伸ばせます。
【グローバル時代の学び方】発信力と国際理解力を養いグローバルリーダーを育成
【学校生活ハイライト】全学年に強い絆が生まれる『体育祭』や『プレゼン技法研究発表会』
【6年間のメンタルケア】カウンセラーと生徒指導部を中心に学校全体が家族のように心の成長をサポート
【グローバル時代の学び方】世界への視野を開く2つの海外研修
【中1の始め方】少人数のメリットを最大限に活かし 一人ひとりに目を配る
【SCHOOL UPDATE】富士登山  「日本一高い山」へのチャレンジで身につく精神力と自信
【めざせ 次代のグローバルリーダー】アメリカとアジア諸国の政治・宗教・風習の違いを知る貴重な機会が広い視野を育てる
【私学の光輝】富士登山
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】普段の授業を小学生に体験してもらう『体験授業』 日々実践している教育を肌で感じて理解してほしい
進学通信2018年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ