LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年4・5月合併号

大学合格力強化計画

大宮開成中学校

質・量ともにハイレベルな 「先取り教育」で難関現役合格を実現

生徒たちが真剣な表情で取り組む数学の授業。英語・数学の授業時間数を多めに取ることで、確実な学力を構築していきます。

生徒たちが真剣な表情で取り組む数学の授業。
英語・数学の授業時間数を多めに取ることで、確実な学力を構築していきます。

先取り教育で基礎力・応用力を固める

 教育目標の第一に『国公立・最難関私立大学に現役合格』を掲げる同校。2017年度大学入試では難関国立大学に12名、その他の国立や関東の公立大学に70名、最難関私立大学に130名、難関私立大学に565名もの現役合格生を輩出しています。中高一貫部では、生徒の学力と実力を、より高いレベルで結実するための指導に取り組んでいます。

「中高6年間を3つのステージに分け、着実な目標達成をめざす“先取り教育”がすべてのカリキュラムの基盤です。社会科以外の教科は第1ステージの中1・中2で中学の学習を修了し、第2ステージの中3・高1で高校の主要な学習を履修します。この時点で大学受験に必要な基礎学力を完成し、文系・理系の進路選択を考えます。
 第3ステージの高2からは具体的な志望大学に向けた実践力=“現役合格力”を高めます。6年間で高レベルの基礎学力をしっかりと定着させ、応用へと導くことを一番に考えています」
(一貫部主任・進路指導部長/Y.K先生)

オンライン英会話でバランスの良い英語教育を

 一貫部は『英数特科クラス』『特別進学クラス』に分かれますが、いずれのクラスも英語・数学を徹底して鍛え上げるのは同校の特色です。その目的は、文系・理系を問わず必要とされる言語力・論理的思考力の育成です。

「英語と数学は、学力向上において足腰にあたる部分ですので、授業数を多く取り、中高一貫向けのテキストを使って学習をより深化させています。英語は2017年10月から、中2を対象にフィリピン・セブ島の語学学校と連携したオンライン英会話をスタートさせました。毎週土曜日にネイティブの先生からオンラインでマンツーマン指導を受け、英語4技能のさらなる強化を図っています」

 生徒たちは緊張感を持ってオンライン英会話に臨んでいるとY.K先生は言います。

「『英語の質問を聞き取り、英語で答えるのは、緊張するし、疲れる』と生徒は言いますが、表情はとても明るく輝いています。オンライン英会話での緊張感が積極性を引き出し、英語以外の学習意欲の向上にも、非常に役立っています。
 海外の人と頻繁にコミュニケーションを取ったり、英語で自分を表現したりすることは、プレゼンテーション能力を伸ばし、将来を見すえたときに豊かな経験を持った社会人を育てることにつながっていると実感しています。通常の英語の授業では、ライティング力を高める学びを構築し、英語の総合的な力をバランスよく養っています」

 英語教育への注力は、大学現役合格力の向上に確実にリーチし、TEAP(アカデミック英語能力判定試験)を利用した上智大学の入試でも、2年連続で日本一多くの合格者を輩出しているそうです。

多角的なフォローを新シラバスにより実践

 生徒の個性と実力に合わせて、学習意欲の向上を学習面と生活面で手厚くフォローする指導法にも定評があります。

「保護者の皆さまから高く評価されていることの一つに“面倒見の良さ”があります。学習指導面ではまず、中学では生徒に毎日の自宅学習時間や学習内容を『生活記録ノート』に記入させ、自学自習の体制を徹底しています。また、図書館には自習室や生徒同士が教え合えるラーニングコモンズを設けるなど、自ら積極的に学ぶ環境を整えています。
 生活記録ノートは担任が毎日読み、成長ぶりを細かくチェックして個々の生徒を理解し、進路選択に大いに役立てています。志望校の選択も、保護者と連絡を密に取り合い、生徒の個性や成長に応じた進路指導を心掛けています」

 今後はこれまでの取り組みをさらに強化。2018年度から実施する新シラバスでは、これまで通常授業のフォローアップとして放課後に行ってきた演習を通常授業に組み込んで、よりハイレベルな学力の定着を図っていきます。

「理系に強い生徒を育て、難関大学への現役合格者を増やし、卒業生に社会のグローバルリーダーとして活躍できる人材になってもらうことが本校の目標です。変革期にある中高教育の今と将来をしっかりと検討しながら、常に新しい取り組みをしていきたいです。
 また、生徒たちに対しても、目標に向かって邁進しているときだけでなく、壁にぶつかったり、迷ったりしたときもしっかりとサポートしながら、悔いのない6年間を過ごしてもらえるように努力していきたいです」

中1から高1までは必修となる『生活記録ノート』。日々の学習成果を可視化することで、生徒のモチベーションもアップします。中1から高1までは必修となる『生活記録ノート』。日々の学習成果を可視化することで、生徒のモチベーションもアップします。
2016年4月にオープンした新図書館。約4万冊収蔵の予定で、2階には198席の個別ブースがある自習室とラーニングコモンズを完備。2016年4月にオープンした新図書館。約4万冊収蔵の予定で、2階には198席の個別ブースがある自習室とラーニングコモンズを完備。
2017年度入試
主な大学合格実績

※現役合格者のみ

学名 合格者数(名)




京都大学 1
一橋大学 3
東京工業大学 2 (1)
北海道大学 4 (1)
東北大学 1
名古屋大学 1
東京外国語大学 1 (1)
お茶の水女子大学 1
筑波大学 1 (1)
千葉大学 2
横浜国立大学 1
東京農工大学 1
電気通信大学 1
埼玉大学 20 (1)
茨城大学 2 (2)
宇都宮大学 12
群馬大学 4
山梨大学 1
信州大学 3 (1)
その他国立大学 7
学名 合格者数(名)






首都大学東京 4
埼玉県立大学 2
その他公立大学 7 (1)
国立・関東の公立大学合計 82 (9)


10



慶應義塾大学 17 (3)
早稲田大学 58 (18)
上智大学 55 (6)
東京理科大学 68 (12)
明治大学 85 (7)
立教大学 76 (15)
青山学院大学 42 (3)
中央大学 90 (10)
法政大学 155 (27)
学習院大学 49 (10)
主要10私立大学合計 695 (111)

※合格者数( )内一貫部生徒数

(この記事は『私立中高進学通信2018年4・5月合併号』に掲載しました。)

大宮開成中学校  

〒330-8567 埼玉県さいたま市大宮区堀の内町1-615
TEL:048-641-7161

進学通信掲載情報

進学通信2018年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ