Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年4・5月合併号

Students' Chat Spot

サレジオ学院中学校

互いに刺激し合って語学力を磨いています。

『25歳の男づくり』をコンセプトに、ミッションスクールとして世界に貢献できる人間の育成をめざす国際教育を特色とする男子校です。2017年の夏、3週間のオーストラリア短期交換留学に参加した高2生4名と、オーストラリアからの留学生に話を聞きました。

大内田 光 くん 大内田 光 くん

「美術部に所属しています。好きな科目は英語と倫理、地理、生物です。食堂やカフェテリアでみんなと交流するのが好きです。」

鎌田歩夢 くん 鎌田歩夢 くん

「卓球部に所属。地下にある広々した卓球場が自慢です。好きな科目は倫理と政治経済と世界史、それから英語も楽しいです。」

Isaac McKenzie くん Isaac McKenzie くん

「オーストラリアのSalesian College Sunburyから留学中です。日本語は3年前から勉強しています。3回目の来日です。」

邉見重光 くん 邉見へんみ重光 くん

「好きな科目は数学と英語と化学。学校の中では教室が一番落ち着きます。カトリックの学校に行きたくてサレジオを選びました。」

西川航平 くん 西川航平 くん

「今回初めて海外へ行き英語が好きになりました。生徒会長として、みんなが学校で過ごしやすくなる方法を考えています。」

一問一答

――日本とオーストラリアの学校生活の違いについて聞かせてください。

大内田くん
オーストラリアでは机の配置が円形やコの字型で、グループワークがしやすくなっていました。日本はクラスや学校全体を底上げしていく授業ですが、オーストラリアは一人ひとりの個性と向き合う授業という印象を受けました。

邉見くん
ここは男子校なので、交換留学中は共学という環境が新鮮に感じました。あとは、向こうの生徒が休み時間にリンゴをかじっているのを見て、海外の青春映画みたいだと興奮しました。

アイザックくん
日本の学校は休み時間に間食をしないよね。だからお昼が待ち遠しいです。メリハリが効いていると思います。

鎌田くん
向こうの生徒が学年問わず話しかけてくれて、フレンドリーでした。「こんにちは」など日本語であいさつしてくれたのがうれしかったです。

大内田くん
英語には敬語がないのも、年齢を気にせず親しくなりやすい要素の一つかなと思いました。

西川くん
学校の中に農場があったり、校舎がいくつも点在していたり、とにかく敷地が広かったです。授業中は全員パソコンを使っていて、発表する時にも必須でした。

――海外での日常生活で印象に残っていることは何ですか?

西川くん
初めての海外で最初は不安でしたが、帰国する頃には「Australia」と書かれたTシャツを着て帰るほどオーストラリアが好きになっていました(笑)。

鎌田くん
ホストファミリーがイギリス人だったので、紅茶やケーキなど英国文化も体験することができました。

邉見くん
僕のホストファーザーは狩猟が趣味で、家には動物のはく製がたくさんありました。ホストマザーがランチ用に毎日サンドイッチを作ってくれたのが思い出です。

アイザックくん
僕と大内田くんは留学の間、互いの家にステイしています。彼の妹はまだ少し緊張しているようだけど、大内田くんの家族とはすぐに溶け込めました。日本のテレビ放送ではまじめなニュース番組でもキャラクターが出てくるのに驚きました。

大内田くん
ステイしたアイザックくんの家族はいつも明るくて陽気。楽しい毎日でした。彼は友達が多くて、パーティーの時にたくさん紹介してくれました。今でも連絡を取り続けていますし、みんなに会えて良かったです。

――今後がんばりたいことや将来の夢があれば教えてください。

アイザックくん
日本に住みたいです。日本の大学で、英語を教えたいと思っています。

西川くん
海外留学はすごく楽しくて、現地に友達もできました。近い将来、またオーストラリアに行きたいです。

鎌田くん
大学生になって、もう一度海外留学のプログラムに参加したいです。将来のことはまだ決まっていませんが、海外の人と関われるような仕事で、何かしらの先駆者になりたいです。

邉見くん
ばく然とですが、今は医者になりたいと思っています。イギリスやアメリカなど、他の英語圏の国へも行ってみたいです。

大内田くん
今は建築関係に興味があります。でも、どんな仕事に就いても、自分が満足できるような仕事がしたいです。

        
兄弟校で異文化を体験!
「創立者のドン・ボスコ像は、オーストラリアの学校にもあったね。」「海外留学を含め、圧倒的に自分が成長できる環境の学校です。」「創立者のドン・ボスコ像は、オーストラリアの学校にもあったね。」
「海外留学を含め、圧倒的に自分が成長できる環境の学校です。」
「サレジオは世界中に兄弟校があるのが魅力。」「オーストラリアの授業は、生徒間での意見交換が活発だったね。」「サレジオは世界中に兄弟校があるのが魅力。」
「オーストラリアの授業は、生徒間での意見交換が活発だったね。」
「学院の食堂は、カレーライスとハニートーストが最高だね!」「学院の食堂は、カレーライスとハニートーストが最高だね!」

(この記事は『私立中高進学通信2018年4・5月合併号』に掲載しました。)

サレジオ学院中学校  

〒224-0029 神奈川県横浜市都筑区南山田3-43-1
TEL:045-591-8222

進学通信掲載情報

【熱中!部活動】仲間との活動を通して知と心と体を養う
【SCHOOL UPDATE】クリスマス街頭募金
【熱中!部活動】失敗を恐れず勝利へ向かってチャレンジ
【Students' Chat Spot】互いに刺激し合って語学力を磨いています。
【その先に備えるキャリア教育】目標 『25歳の男づくり』を見据え未来を描く種を蒔く
【学校生活ハイライト】国内外の姉妹校・兄弟校と交流し国際化へと飛躍する
【熱中!部活動】【吹奏楽部】自身の役割を理解して部の活動に貢献する
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】正解のない問題にどう向き合うか オリジナル探究型学習『未来塾』
【グローバル時代の学び方】世界へ目を向け奉仕する心を育てる
【目標にLock On!! 私の成長Story】一時は「辞めたい」とさえ思った学校が自分を大きく育て司法への道を拓いてくれた
【熱中!部活動】身近な謎をカガクする未来の博士たち
【中1の始め方】「25歳の男づくり」への第一歩 友情を育み、学習習慣を確立する1年間
【目標にLock On!! 私の成長Story】目標だった「25歳の男づくり」 振り返り気づく先生の支え
【キャンパスのVISION】新たな学習環境で知識と教養を身につける「25歳の男づくり」
【私学の先生から受験生へのアドバイス】教科の知識をつけるだけでなく日常生活との関わりを考えよう
【私学の光輝】フィリピン語学研修
【遊べる・役立つ・夢中になれる 学習のすすめ】理科 身の回りの現象を化学で解明しよう!
進学通信2018年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ