Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年2・3月合併号

SCHOOL UPDATE

田園調布学園中等部

“未来へつなぐ土曜日”で外の世界へ一歩を踏み出す

可能性を広げる土曜プログラム
思考を深めて表現力を養うコアプログラムでは、プレゼンテーションのスキルも 培います。写真は研究内容をまとめて発表する「ポスターセッション」の様子。

思考を深めて表現力を養うコアプログラムでは、プレゼンテーションのスキルも培います。
写真は研究内容をまとめて発表する「ポスターセッション」の様子。

 建学の精神として「捨我精進(※)」を掲げる同校。生徒の可能性を広げるために行う『土曜プログラム』は同校の特色の一つになっています。

 このプログラムは発達段階に応じた学習に学年ごとに取り組むコアプログラムと、約170の講座から選択するマイプログラムで構成されています。コアプログラムでは思考力とともに、ワークショップ形式の講義やディスカッションを通して表現力を培います。マイプログラムでは、生徒一人ひとりの興味・関心を深めながら視野を広げることを目的にしています。

「企業や大学をはじめ外部から講師を招き、各方面の専門家に講義をお願いしています。多様な切り口の学びによって、学校の外に出ても発信できる力を身につけ、進んで一歩を踏み出す自信をつけるように願っています」
(西村弘子校長先生)

 その期待に応え、生徒は学びの場を広げています。東京理科大学のグローバルサイエンスキャンパスへの参加も、その一つです。

「土曜プログラムで企業の方から、『成功のためには明確な意志が必要だ』と教わりました。グローバルサイエンスキャンパスでは、自分の世界を広げようと意志を持って取り組んでいます」(高1/Tさん)

「もともと医療に興味があります。土曜プログラムで稲の栽培を経験し、さらに生命への関心が高まりました。グローバルサイエンスキャンパスは、大学進学前から医学を学べることが魅力的です」(高1/Kさん)

 また、全日本高校模擬国連大会に参加した生徒は、多様性を肌で感じる貴重な経験をしたようです。

「土曜プログラムで『国連の窓から世界を見る』の授業を受け、模擬国連にも参加し、世界にはたくさんの課題があると知りました。それらの解決に向け、もっと国際理解を深めたいです」(高2/Mさん)

 さまざまな経験を通して興味・関心の幅を広げる生徒たち。その発信力で世界に羽ばたきます。

※自分本位のを捨て、目標に向かって努力を続けること、他人ひとによかれと行動すること。

思考力&表現力を養い、多様な経験で視野を広げる
全日本高校模擬国連や東京理科大のプログラムに参加
知的好奇心を膨らませる中1の段階では、多摩川両岸のフィールドワークを実施。発達段階に応じた幅広い体験が生徒の人間性を豊かにします。知的好奇心を膨らませる中1の段階では、多摩川両岸のフィールドワークを実施。発達段階に応じた幅広い体験が生徒の人間性を豊かにします。
UさんとCさんが、2017年度の全日本高校模擬国連大会に参加したときの様子。「『世界全体のジェンダー平等』について、ジェンダー先進国ドイツの立場で会議に参加しました。自分のスタンスを明確にし、相手を真に理解して交渉することを学びました」(高2/Cさん)UさんとCさんが、2017年度の全日本高校模擬国連大会に参加したときの様子。「『世界全体のジェンダー平等』について、ジェンダー先進国ドイツの立場で会議に参加しました。自分のスタンスを明確にし、相手を真に理解して交渉することを学びました」(高2/Cさん)
東京理科大学のグローバルサイエンスキャンパスの実験の様子。他校の生徒と交わりながら、理系大学での高度な学習を経験した生徒は、刺激を受けて学習意欲がさらに高まります。東京理科大学のグローバルサイエンスキャンパスの実験の様子。他校の生徒と交わりながら、理系大学での高度な学習を経験した生徒は、刺激を受けて学習意欲がさらに高まります。
全日本高校模擬国連大会や東京理科大学のグローバルサイエンスキャンパスに参加した4人の高校生は、達成感がさらなる向上心につながったといいます。全日本高校模擬国連大会や東京理科大学のグローバルサイエンスキャンパスに参加した4人の高校生は、達成感がさらなる向上心につながったといいます。
「一歩踏み出したその場所で力を発揮できるように、一人ひとりの個性に気づかせたい。そしてこれからの時代に求められる、『発信する力』を鍛えてほしい」と西村校長先生。「一歩踏み出したその場所で力を発揮できるように、一人ひとりの個性に気づかせたい。そしてこれからの時代に求められる、『発信する力』を鍛えてほしい」と西村校長先生。
生徒の視野を広げる多彩な外部講師
土曜プログラム(マイプログラム)では、外部から各分野の専門家を招いて講義も行っています。写真は「国連の窓から世界を見る」の授業風景で、講師は国連女性会議にも参加経験がある同校同窓会長です。全日本高校模擬国連大会に参加したCさんとMさんは、事前にお話をうかがい、下調べの協力も得て、諸外国の文化や教育事情など多くのことを学んだそうです。

土曜プログラム(マイプログラム)では、外部から各分野の専門家を招いて講義も行っています。写真は「国連の窓から世界を見る」の授業風景で、講師は国連女性会議にも参加経験がある同校同窓会長です。全日本高校模擬国連大会に参加したCさんとMさんは、事前にお話をうかがい、下調べの協力も得て、諸外国の文化や教育事情など多くのことを学んだそうです。

(この記事は『私立中高進学通信2018年2・3月合併号』に掲載しました。)

田園調布学園中等部  

〒158-8512 東京都世田谷区東玉川2-21-8
TEL:03-3727-6121

進学通信掲載情報

【SCHOOL UPDATE】第二校舎~創造探究棟~の授業 多彩な「教科横断型授業」で知識と感性を“つなぐ”
【注目のPICK UP TOPIC!】情報収集、情報発信にフル活用 双方向の授業を拡充する
【キャンパスのビジョン】“人生100年時代”を生きる生徒へ 第二校舎~創造探究棟~
【その先に備えるキャリア教育】統計 “統計”教育によって社会で必要なスキルを身につける
【私学の英語最前線】高い英語力を維持する少人数制『取り出し授業』
【SCHOOL UPDATE】“未来へつなぐ土曜日”で外の世界へ一歩を踏み出す
【グローバル時代の学び方】ニュージーランドで学ぶターム留学がスタート
【6年間の指導メソッド】英語で主体的に発信できる生徒を育てる
【私学だからできるオリジナル教育】時代に合わせて進化 『土曜プログラム』講座
【注目のPICK UP TOPIC!】人としての「根っこ」を育てる6年間
【私学の光輝】なでしこ祭 Breakthrough“伝統と新しさ”を発信する場
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】思考力の高い生徒を育てる協同探求型授業
【SCHOOL UPDATE】オルセースクールミュージアム 21世紀型の主体力を育てる!!
【注目のPICK UP TOPIC!】友と重ねた毎日が今の自分に活きている
【SCHOOL UPDATE】土曜プログラム(コアプログラム) 発達に応じた多彩なテーマで「21世紀型スキル」を磨く
【10年後のグローバル社会へのミッション】自ら考え発信する「21世紀型スキル」を養う
【学びのプロセス】未来へつなぐ21世紀型スキル
【全人教室│心を育む私学の授業】21世紀型スキルを育む 土曜プログラムが進化・深化します
【On Going! 進歩する私学の注目情報】他との調和を図れる人間性を重視した国際人教育へ
進学通信2018年2・3月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ