Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年2・3月合併号

学校生活ハイライト

昌平中学校

多様な文化を理解、尊重し平和社会に貢献できる人材を育成

机上では得られない感動や発見を味わえる
スペシャル・ウェンズデイのプロジェクト学習
中3の1学期には、国会議事堂と東京地方裁判所を訪問します。この時期に社会科の授業で公民を学ぶため、生徒たちも興味を持って見学しています。

中3の1学期には、国会議事堂と東京地方裁判所を訪問します。
この時期に社会科の授業で公民を学ぶため、生徒たちも興味を持って見学しています。

月1回の水曜は『スペシャル・ウェンズディ』を実施。
その一環として「見る、聞く、学ぶ」ことで自ら課題を見つけ解決する力を養うプロジェクト学習を行っています。
世界をテーマに大使館や外務省、国際協力機構(JICA)などを訪問したり筑波山登山や鎌倉散策をしたり、体験を通して学びます。

「手をかけ 鍛えて 送り出す」をモットーに生徒一人ひとりの人間力と学力を育む同校。2017年からは国際バカロレアの認定校となったことをはじめ、さまざまな取り組みを通じて、グローバル社会の中でリーダーシップをとれる人材の育成をめざします。

 校外での体験型の学習を中心に展開する「スペシャル・ウェンズデイ」は、生徒から大きな反響があるプログラムです。このプログラムでは、筑波山登山や鎌倉散策、国会議事堂見学など、多彩な校外学習を通して、新たな発見と感動を体験します。

 中1生が行う大使館訪問では、日本が世界に貢献できることは何かをテーマに、大使館の活動を見学。

 また、中2ではJICAや外務省を訪れ、世界情勢を知り、広い視野を養います。

 プロジェクト学習では、世界をテーマに、生徒自ら課題を見つけ、探求していきます。自らアポイントメントをとって企業を訪問したり、途上国の大使館に出向き、日本がその国のためにできることを考えたりと、校外活動を通して、自立した学習を実践。体験で得た興味・関心を〝調べる〟〝まとめる〟〝発表する〟〝考察する〟ことで世界で通用する発信力を身につけていきます。

「本校のめざすグローバルな人材とは、バランス感覚と柔軟性を持った人材です。生徒たちには、日本人らしいバランス感覚も持った国際人になってもらいたいと考えています」(教頭/名雲浩先生)

中3は東京地方裁判所で裁判を傍聴した後、学校で模擬裁判を行います。刑事裁判に関わる裁判官、弁護士、検事を立てて、熱のこもった弁論が繰り広げられます。中3は東京地方裁判所で裁判を傍聴した後、学校で模擬裁判を行います。刑事裁判に関わる裁判官、弁護士、検事を立てて、熱のこもった弁論が繰り広げられます。
大使館訪問では、大使館がどのような活動を行っているのかを学びます。普段あまり入れないだけに、生徒から「興味深かった」という声も多く聞かれました。大使館訪問では、大使館がどのような活動を行っているのかを学びます。普段あまり入れないだけに、生徒から「興味深かった」という声も多く聞かれました。
中1の1学期には、筑波山へ登山に出かけます。登山を通し、友情を深め、クラスの団結力を高めます。中1の1学期には、筑波山へ登山に出かけます。登山を通し、友情を深め、クラスの団結力を高めます。
中2ではJICAを訪問。隊員たちの体験を聞き、世界各地で起こっている問題について学びます。中2ではJICAを訪問。隊員たちの体験を聞き、世界各地で起こっている問題について学びます。
スペシャル・ウェンズデイでは、大学訪問も行っています。2017年度は、日本工業大学を訪れ、講義に参加したり、併設の工業技術博物館を見学しました。スペシャル・ウェンズデイでは、大学訪問も行っています。2017年度は、日本工業大学を訪れ、講義に参加したり、併設の工業技術博物館を見学しました。
中2では外務省も訪問します。庁舎を見学し、外交官として海外勤務した方の話を聞き、視野を広げます。中2では外務省も訪問します。庁舎を見学し、外交官として海外勤務した方の話を聞き、視野を広げます。
2016年度から、合唱コンクールがスタート。中3生にとっては中学最後の行事です。自主練を重ね、クラスが一致団結して優勝を狙います。2016年度から、合唱コンクールがスタート。中3生にとっては中学最後の行事です。自主練を重ね、クラスが一致団結して優勝を狙います。
埼玉県行田市にある「さきたま古墳」を見学し、はにわ作りを体験します。埼玉県行田市にある「さきたま古墳」を見学し、はにわ作りを体験します。

(この記事は『私立中高進学通信2018年2・3月合併号』に掲載しました。)

昌平中学校  

〒345-0044 埼玉県北葛飾郡杉戸町下野851
TEL:0480-34-3381

進学通信掲載情報

【私学の英語最前線】『IB』と『グラマー』の両輪で“世界基準”の英語力を培う
【グローバル特集 海外研修[オセアニア]】IBで培った“行動力”で勝負!全生徒が着実な成果を得る語学研修
【未来を切り拓くグローバル教育】全生徒が世界基準で実践“本気”のIB教育
【私学の校外学習・学外交流】世界を意識し理解する力を育み中学3年間で国際人の土台をつくる
【私学の英語最前線】『IB』を取り入れ全員が 英語が得意になる教育
【未来を切り拓くグローバル教育】IB教育で育てる英語力と課題解決力
【学校生活ハイライト】多様な文化を理解、尊重し平和社会に貢献できる人材を育成
【中学入試のポイント】難関大学をめざすために問われる基礎・基本
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】探究する「学び方」を習得する国際バカロレア認定校に
【育ち盛り食事情 学食調べ隊】家族の絆を強め、仲間と楽しむ お弁当のランチタイム
【Students' Chat Spot】「手をかけ 鍛えて 送り出す」がモットー 主体的に「学び」、自ら「考え」、自己を「主張できる」生徒を育てる教育を実践
【グローバル時代の学び方】世界を意識した学びを実践
【私学の光輝】体験を積み重ねて、考える力を育む  『SW(スペシャル・ウェンズデイ)』
【学校生活ハイライト】自分たちで作り上げるからこそ最高の思い出になる 昌平ならではの「祭」
【校長が語る 思春期の伸ばし方】相手の個性や長所を認める心を育てる
【10年後のグローバル社会へのミッション】IB(国際バカロレア)の理念に共鳴 人間力のある真の国際人を育成
【私学の光輝】スペシャル・ウェンズデイ
【大学合格力強化計画】「人のため」にする勉強が意欲を高め可能性を広げる
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】全校をあげて実践的英語力と国際感覚の育成に取り組んでいます
進学通信2018年2・3月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ