LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年2・3月合併号

学校生活ハイライト

恵泉女学園中学校

恵泉に関わるすべての人に
感謝を伝える伝統的な祭典

仲間と一つのものを“MAKE”することで友情を深め、協調性を育む「恵泉デー」
チアリーディング部の発表会の様子。20分間にもおよぶアクロバティックなステージ演技は圧巻です。Your Choiceでも上位に選ばれる人気企画です。

チアリーディング部の発表会の様子。20分間にもおよぶアクロバティックなステージ演技は圧巻です。
Your Choiceでも上位に選ばれる人気企画です。

今年で第88回を迎える「恵泉デー」は、日頃から恵泉女学園の教育を理解し支援してくれる人々への感謝を伝える伝統的な祭典です。
今年は「MAKE」をテーマに各クラス・部活・課外活動のそれぞれで企画し、展示や発表会などを開催。
来場者が良い企画を選んで投票する“Your Choice”という企画も行われ保護者や卒業生も積極的に参加して、大いに盛り上がりました。

 世界に目を向け、平和を実現する女性となるために「自ら考え、発信する力を養う」ことを教育目標としている同校。同校の文化祭「恵泉デー」は、生徒はもちろん、PTAや卒業生、卒業生の保護者も模擬店を出し、同校を愛する人たちが一堂に会して盛り上がるイベントとなっています。

「在校生の保護者は『恵泉会』、本校の卒業生は『同窓会』、卒業生の保護者は『恵泉会友の会』という名でそれぞれ独立した3つの組織として催しを開いています。在校生だけではなく、本校を愛し、日常から支えてくださっている人たちにも楽しんでいただき、感謝を伝えようという気持ちで行っています」
(恵泉デー委員会責任者/齋藤百合香先生)

 今年のテーマは『MAKE』。テーマの選定から準備、運営までの全てを実行委員を中心とした生徒主体で進めていきます。

「私たちの生活の中の全ての物は多くの手間をかけて作られていますが、そのことを忘れがちになってしまっていると思いました。そこで『MAKE』というテーマでみんなで一つのものを作り上げることで、そのありがたさを再確認する機会にしたいなと考えて決めました。
 先生方が温かく見守ってくださっている中で自由に運営できました」(恵泉デー委員長・高2/A・Yさん)

「恵泉デーは部活動の発表も盛んです。練習や本番を通じて部員同士の絆が強くなる場となっています」
(チアリーディング部リーダー・高2/Y・Oさん)

学校のシンボル、泉がある中庭は、保護者たちの模擬店やステージでにぎわいます。学校のシンボル、泉がある中庭は、保護者たちの模擬店やステージでにぎわいます。
卒業生の保護者の団体『恵泉会友の会』による模擬店。わが子が卒業した後も何十年にもわたって家族で恵泉に関わってくださいます。卒業生の保護者の団体『恵泉会友の会』による模擬店。わが子が卒業した後も何十年にもわたって家族で恵泉に関わってくださいます。
中学生全員と高校美術選択者の約700点の作品展示。中1の鉛筆による「基礎構成(▲から●へと変化する)」、中3の廃材による「架空の花」など、個性的な作品が並びます。中学生全員と高校美術選択者の約700点の作品展示。中1の鉛筆による「基礎構成(▲から●へと変化する)」、中3の廃材による「架空の花」など、個性的な作品が並びます。

(この記事は『私立中高進学通信2018年2・3月合併号』に掲載しました。)

恵泉女学園中学校  

〒156-8520 東京都世田谷区船橋5-8-1
TEL:03-3303-2115

進学通信掲載情報

【先達の意志】世界に目を向け平和を実現する女性を育てる
【私たち、僕たちが大好きな先生】想像のスイッチを入れる“学びの共同体”を作る この二つを大切にして私自身も学び続けたい
【キャンパスのビジョン】9万冊の蔵書数を誇るメディアセンターは教育の中心的存在
【私学の光輝】上級生の手作り人形で歓迎される入学式。今日から学園の一員に
【学校生活ハイライト】恵泉に関わるすべての人に 感謝を伝える伝統的な祭典
【グローバル時代の学び方】国内研修『エンパワーメントプログラム』を導入 挑戦する大切さを英語で学ぶ
【注目のPICK UP TOPIC!】試行錯誤しながら課題に取り組むサイエンス・アドベンチャー
【目標にLock On!! 私の成長Story】生徒の未来が花開くように心に栄養が注がれる6年間
【熱中!部活動】【課外オーケストラ/チアリーディング部】感謝の心を養う放課後の学びの場
【思春期の伸ばし方】芽ばえ、花開く時期は一人ひとり異なります 環境・聞く・待つことが大切です
【私学の光輝】社会のために“自分ができること”を考えるクリスマス クリスマス礼拝&活動
【自立と自律】視野を広げる経験が自分で考え、行動する力を養う
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】6年間のスタートラインに立った中学1年生が、入学してよかったと思える“人間力”と“学力”を養う土台を築く
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】本質をとらえ生き方を考える 学びに慣れる1学期
進学通信2018年2・3月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ