Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年1月号

SCHOOL UPDATE

玉川学園(中)

サンゴ研究部
専門性の高いサンゴ研究で石垣島への植樹にも成功

石垣島から来た2種類のサンゴのほか、水槽の掃除役としてエビや貝、ウニも飼育しています。

石垣島から来た2種類のサンゴのほか、水槽の掃除役としてエビや貝、ウニも飼育しています。

 全人教育を理念とし、世界標準の多彩な教育プログラムによって、自ら夢を実現できる力を育成している同校。平成20年度からSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定され、自分で課題を設定し実験を組み立てて研究する「実験デザイン」にも力を注いでいます。

 この環境を生かして発足したのが中学生・高校生で構成するサンゴ研究部です。石垣島で採集したサンゴを早く健康に育成するための水質環境に関する研究や、育成したサンゴを海に戻す海洋保全活動を行っています。

「石垣島に行き、環境問題となっているサンゴの白化現象を実際に見て刺激を受け、取り組みたい課題を生徒たち自身で見つけて研究しています。海洋研究開発機構や水族館など、研究に協力してくれる外部機関とのやり取りや交渉も生徒たちが自ら行っているので、研究を通じて積極性やコミュニケーション力も大きく成長しています」
(高等部 化学科教諭/W・I先生)

 2015年には難しいサンゴの育成に成功し、初めて生徒たちが育てたサンゴが石垣島の海に植樹されました。

「サンゴは水質に敏感でデリケートな生き物なので、育成環境の研究は失敗も多いですが、試行錯誤を続けて結果が得られたときはやりがいを感じます。今後もサンゴを守ることで自然環境の保護に貢献していきたいです」
(高3 部長/H・Tくん)

粘り強く研究を続けることで知的好奇心や主体性を大きく育む
生育が難しいサンゴを守り地球環境に貢献
専用の機械でサンゴをカットする作業。移植や研究で使うためにサンゴを細かくカットします。専用の機械でサンゴをカットする作業。移植や研究で使うためにサンゴを細かくカットします。
繊細なサンゴの育成には水質管理が最も重要。水槽内のカルシウムやミネラルなどの濃度をこまめに計測し、最も生育に適した水質をつくり出すための研究を重ねています。繊細なサンゴの育成には水質管理が最も重要。水槽内のカルシウムやミネラルなどの濃度をこまめに計測し、最も生育に適した水質をつくり出すための研究を重ねています。
研究対象のイソギンチャクにプランクトンなどの餌をあげるのも部員の仕事。スポイトで週に2、3回あげています。研究対象のイソギンチャクにプランクトンなどの餌をあげるのも部員の仕事。スポイトで週に2、3回あげています。
水中の有機物を取り除く装置の交換作業。「今後はサンゴ研究部の ウェブサイトを充実させ研究成果を広く広報していきたい」と話す部員の天野大輔さん(高3)。水中の有機物を取り除く装置の交換作業。「今後はサンゴ研究部の ウェブサイトを充実させ研究成果を広く広報していきたい」と話す部員のD・Aさん(高3)。
サンゴ研究部の部員たち。環境問題となっているサンゴの白化現象と水温の関係性や褐虫藻の光合成についてなど、5つの研究テーマに取り組んでいます。サンゴ研究部の部員たち。環境問題となっているサンゴの白化現象と水温の関係性や褐虫藻の光合成についてなど、5つの研究テーマに取り組んでいます。<

(この記事は『私立中高進学通信2018年1月号』に掲載しました。)

玉川学園(中)  

〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
TEL:042-739-8931

進学通信掲載情報

【実践!未来の学び STEAM教育】Artを重視したSTEAM教育課題解決力を伸ばす
【私学の光輝】好きなことを見つけるきっかけをつくる2つの学園祭
【先達の意志】本物に触れながら人間の本質をバランスよく伸ばす教育
【グローバル特集 授業[学校生活]】生徒の可能性を開花世界標準のグローバル教育
【私学の光輝】日々の生活と行事をバランスよく行い 生徒の成長を促す
【私学の校外学習・学外交流】全国のSSH指定校が集うなか 力を注いだ研究発表の晴れ舞台
【私学の英語最前線】ELFで世界の人と話せる英語力を身につける
【SCHOOL UPDATE】サンゴ研究部 専門性の高いサンゴ研究で石垣島への植樹にも成功
【注目のPick up TOPIC!】日本代表のメンバーとしてアメリカへ「国際学生科学技術フェア」に出場
【私学の光輝】玉川学園展 未来につながる自ら動く研究発表の場
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】「学びの技」で思考力を育て将来につながる探究心を伸ばす
【注目のPICK UP TOPIC!】SGHで国際機関へのキャリア選択を推進
【SCHOOL UPDATE】ラウンドスクエア国際会議/国際サービスプロジェクト 国際会議や奉仕活動で育むグローバルリーダーシップ
【目標にLock On!! 私の合格Story】ラグビー部休部の悔しさを受験勉強にぶつけて見事合格
【注目のPICK UP TOPIC!】中・高・大連携のオープンスクール!
【キャンパスのVISION】世界標準の教育で伝統と環境を活かし自ら学び、考える力を養う
【その先に備える キャリア教育】何のために学ぶのか中学2年生からのキャリア教育
【私学の光輝】創立85周年記念音楽祭
【めざせ 次代のグローバルリーダー】『全人教育』と世界標準の教育で国際社会に貢献できる人材を
進学通信2018年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ