Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年1月号

注目のPick up TOPIC!

東京家政学院中学校

シンガポールへの修学旅行で実現する
グローバル女子教育とキャリア教育

2年後にスタートする海外修学旅行
希望者が参加する「オーストラリア語学研修」。ホームステイをしながら現地の学校へ体験入学します。

希望者が参加する「オーストラリア語学研修」。ホームステイをしながら現地の学校へ体験入学します。

事前学習をしっかりと多様性を感じる機会に
教頭の伴野芳浩先生。シンガポールは、英語を中心としながら複数の言語が飛び交う多様性と、東南アジアのリーダーとして活気が魅力の都市だと語ります。教頭の伴野芳浩先生。シンガポールは、英語を中心としながら複数の言語が飛び交う多様性と、東南アジアのリーダーとして活気が魅力の都市だと語ります。

 同校では2020年の3月からシンガポールへの修学旅行を実施します。現在は国内の行き先を、海外へ変える目的や現地での活動予定などを伴野芳浩教頭先生にお聞きしました。

「本校では英語教育とともにキャリア教育にも力を入れており、その集大成の場として中3でのシンガポール修学旅行の実施を決定しました。シンガポールを選んだ理由としては、気候や治安が良いこと、比較的近い英語圏であること、また隣国のマレーシアをはじめ、中華圏やイスラム圏など、多民族の文化を受け入れている国だということが挙げられます。生徒には、実際に外国を見て知ることで刺激を受けてほしいですし、多様性を肌で感じ取れる機会にしたいと思っています」

 そのために、中1から事前学習をスタートし、しっかりとシンガポールのことを調べたうえで旅立つ計画を立てています。

「シンガポールの歴史や文化、地理や物価などについて学んでから実際に現地へ行くことが重要です。事前学習としてはさまざまな国からの訪日留学生との交流会も予定しています。また、本校はプレゼン力の育成を大切にしているので、帰国後はそれぞれ感じたことを発表して共有し、みんなで振り返る機会も設けます」

力を入れるキャリア教育海外でも実践したい

 キャリア教育に力を入れている同校ですが、現在どのようなカリキュラムを実施しているのでしょうか。

「まず中1では“私のヒーロー・ヒロイン”というプログラムがあり、『理想の人になるためには』をテーマにプレゼンします。自分にとっての憧れの人を挙げ、その人がなぜ良いのか、どこに憧れるのかを同級生や先生に伝えるという内容です。憧れの人は家族や歴史上の人物、アーティストやクリエーター、アニメのキャラクターまで多彩で、それぞれの個性が出ます」

 中2では“ポスタビ”という、学校近くの老舗店舗を中心に実際に働く大人にインタビューし、その方のポスターをつくるプログラムを実施。

「ポスタビでは5~6人が1チームとなり、ディレクターやインタビュアー、カメラマンとなって『働くということは?』を取材させてもらいます。仕事をする、ということをリアルに感じる機会になると同時に、大人への接し方を学べる場、地域交流の場ともなっています。さらに中3では職業体験や進路ガイダンスを実施します」

 シンガポールでも、これまでの経験を活かして日系企業を訪問。現地で働く女性社員に話を聞く予定です。

「グローバルな視点で職業を考える機会となり、仕事に対する選択肢や視野が広がるのではないでしょうか」

英語や国際社会へ目を向けるきっかけに

 英語教育に関しては、「『通じた!』と生徒が感じることが一番大切」と語る伴野先生。同校にはネイティブスピーカーの講師が常駐しています。また、外部講師の協力も得て中2の夏には蓼科たてしなにある学校施設で、2泊3日のイングリッシュキャンプを実施しています。

「イングリッシュキャンプにはネイティブ講師が5~6人同行し、行き帰りのバスの中を含め、ほぼ英語だけで過ごします。最終日には英語劇をみんなの前で発表します。最初は英語がなかなか出てこなかった生徒も、徐々に単語が出てくるようになって、3日間でも成長を感じます」

 シンガポールではB&S(ブラザー&シスター)プログラムとして、シンガポール大学の学生たちの案内で市内を巡る予定です。

「ただ街歩きをするのではなく、グループごとに事前にテーマを決めて回ることで、より理解を深めることになります。もちろん英語で会話をしながら1日を過ごすことで、英語に親しみを持つようになると思います。また、家政学院ならではの体験研修ということで、現地の学生たちとマレー料理教室に参加する予定です。料理を通しても異文化交流をしてもらいたいですね」

 中学3年間の集大成となるシンガポール修学旅行。多様性も学ぶ、充実したものになりそうです。

中1で行われる「エンカウンター、アサーション」。エンカウンターは出会い、アサーションは自己主張という意味で、コミュニケーション能力を伸ばします。中1で行われる「エンカウンター、アサーション」。エンカウンターは出会い、アサーションは自己主張という意味で、コミュニケーション能力を伸ばします。
理想の人物を通してキャリアデザインを思い描く「私のヒーロー・ヒロイン」は中1で実施。発表も行います。情報収集力や伝える力を育みます。理想の人物を通してキャリアデザインを思い描く「私のヒーロー・ヒロイン」は中1で実施。発表も行います。情報収集力や伝える力を育みます。
中3では「職業体験」を実施。旅行業界、ブライダルサービス、法律・経済、マスコミなど多彩な実習先の中から選んで訪問します。中3では「職業体験」を実施。旅行業界、ブライダルサービス、法律・経済、マスコミなど多彩な実習先の中から選んで訪問します。
中2で体験する「ポスタビ」では、地域で働く大人にインタビューし、ポスターづくりをします。チームで挑戦するキャリア教育です。中2で体験する「ポスタビ」では、地域で働く大人にインタビューし、ポスターづくりをします。チームで挑戦するキャリア教育です。
2泊3日でネイティブ講師と英語漬け生活にチャレンジする「イングリッシュキャンプ」。2泊3日でネイティブ講師と英語漬け生活にチャレンジする「イングリッシュキャンプ」。
気候が比較的温暖で治安が良いことから、安心・安全な旅行先としてシンガポールが選ばれました。気候が比較的温暖で治安が良いことから、安心・安全な旅行先としてシンガポールが選ばれました。

(この記事は『私立中高進学通信2018年1月号』に掲載しました。)

東京家政学院中学校  

〒102-8341 東京都千代田区三番町22
TEL:03-3262-2255

進学通信掲載情報

【私学の光輝】創立80周年を迎え、より存在感を増す建学の精神「KVA」
【私学だからできるオリジナル教育】家庭科実習で養う生きる力と協働の心
【中1の始め方】学校生活の基礎を築くための見守りを
【SCHOOL UPDATE】キャリア教育の集大成 シンガポール修学旅行 見る世界を広げ世界に羽ばたく女性へ
【Students' Chat Spot】少人数だから先生との距離が近い 気軽に相談できます!
【注目のPick up TOPIC!】シンガポールへの修学旅行で実現するグローバル女子教育とキャリア教育
【その先に備えるキャリア教育】結実 興味を深め、人間性を育みながら女性のライフプランを考える
【熱中!部活動】【料理部/ソフトテニス部】みんなで一つの目標に向かう喜びを知る
【子どもの自立を促す教育】商店を自分たちで取材 新しい環境でも物怖じしないコミュニケーション力を培う
【目標にLock On!! 私の成長Story】医療とは別の立場で患者をサポートしたい 夢に向かって次の一歩へ
【熱中!部活動】目標と役割を意識した練習で人間的な成長をも促す/部活動を通して学び身につける「社会的な役割意識」と「生きる力」
【未来を生き抜く学力のつけかた】eポートフォリオを活用したICT教育で主体性を育成
【中1の始め方】学ぶ意欲を高めるタブレットの新しい使い方
【学校生活ハイライト】すべてを自分たちの手で!自立した女性を育成する学校行事
【学びのプロセス】生徒の自尊心を育むeポートフォリオ
【母校にエール!OGOB interview】『ごきげんよう』のあいさつとともに大切に育てられた中高6年間
【その先に備える キャリア教育】中学からのキャリア教育で6年間の学びも充実
【制服Collection】創立75周年生徒の投票で決定!今までの伝統を残す清楚で上品な新制服
進学通信2018年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ