LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年1月号

私たち、僕たちが大好きな先生

開智日本橋学園中学校

めざすは“ラーニングエンジニア”
生徒が学ぶために自ら学ぶ人でありたい

社会科・英語科 教諭 安斎ジョナサン先生

社会科・英語科 教諭
安斎ジョナサン(あんざい じょなさん)先生

アメリカ・オクラホマ州生まれ。バージニア大学(東アジア研究・応用言語学)卒業後、来日。国内複数の小中学校にて英語・IB教育を担当した後、神田外語大学大学院にて英語教育学(TESOL)修士を修得。内容言語統合学習と学習者の自律的学習の浸透に注力している。趣味はサイクリングとコンピュータープログラミング。

国際バカロレア(IB)の中等・高等教育プログラムを英語で学ぶクラスを担任する安斎先生。「生教材を準備するのは大変だけど授業は楽しくて仕方ない」と笑顔を見せます。探究心をくすぐるパワフルな授業が持ち味。

地理×英語、英語×数学教科横断型の学際的な授業を展開

ーー 日本で教員になるまでの経緯を教えてください。

 アメリカの大学を卒業した後、JETプログラム(語学指導などを行う外国青年招致事業)に参加。最初は鹿児島県の小中学校でICT教育を担当し、その後、神奈川県の小学校を経て、本校へ赴任しました。

ーー グローバル・リーディングクラス(GLC)の担任をされているそうですが。

 本校は、世界共通の大学入学資格が取得できる「国際バカロレア(IB)」の中等教育プログラムと高等教育プログラムの候補校になっています。それらの教育を英語で学ぶのがGLCです。

ーー GLCでは、どんな授業を行っているのですか。

 例えば、中学2年生の技術家庭・情報科では棚を作る授業がありますが、一般的なクラスでは、棚の作り方のスキルを学びます。GLCでは、それに加え、問題解決の方法を学びます。学校のロッカーが使いにくいという問題提起から始まり、どうしたら使いやすくなるかを生徒たちが考えます。教員が知識とスキルを与えながらサポートし、生徒たちが主体的に問題解決していくというスタイルです。これをオールイングリッシュで行っています。

ーー 探究型の学習が多そうですが、どのような授業ですか。

 地理の授業では例えば、「中国とアメリカにおける平均寿命とGDPの関係」を考えます。最初に、世界情勢や社会問題などの膨大なデータを一度に閲覧できる「ギャップマインダー」というツールを使い、実際のデータを生徒に提示します。中国、アメリカともに、第二次世界大戦後は、平均寿命もGDPも同じような上昇線であることがわかります。この情報をもとに、人口・経済・貿易などの分野からキーワード集を与え、平均寿命とGDPに影響されるものを模造紙にまとめながら、グループごとにブレインストーミングを行います。この段階では、まだ答えは見つけられません。「たぶん、こうだろう」という仮説でOK。ランチをはさんで、クラスでディスカッションし、意見をシェアすることで、最初の仮説と違うところを確認します。さらに翌日の授業で振り返り、理解を深めていく。これが探究型の学習です。

ーー 教材はどのようなものを使っているのですか。

 教科書は日本語のものがありますが、プラスアルファとして使っています。「ギャップマインダー」のように、私がネットで探した資料を英語や日本語に訳して使うことが多いです。できるだけ本物のデータ「生教材」を使ったほうが、生徒たちのスキルアップにつながると思っているからです。生教材を探して、すべてを翻訳するプランニング期間はちょっと大変ですが、授業は本当に楽しいです。

ーー GLCでの評価方法は?

 国際バカロレア(IB)の教育プログラムでは、合っているか合っていないかではなく、「どの程度できているか」で採点します。例えば社会科では、知識・リサーチ・コミュニケーション・クリティカルシンキング(批判的思考)の4つの基準で採点します。100点満点から間違った問題をマイナスするのではなく、0からスタートして最高スコアが8になります。テストを実施して、まずは自己採点。さらにチャレンジしたい生徒は再テストができます。前期は、全員再チャレンジしてスコアを上げることができました。

生徒たちの海外進学の手助けをしたい

ーー 担任として気を配っていることはありますか。

 3年連続で中1生の担任をしていますが、とても楽しいです。中学受験の勉強で暗記ばかりしてきた生徒は、入学当初、自分の意見を言っていいのか不安な表情ですが、どんどん積極的に発言できるようになります。それがすごくうれしくて、一日中笑顔でいられるほどです。

 ずっと海外で暮らしてきた経験や、両親の国籍、言語などそれぞれのバックグラウンドがあることが、GLCの生徒の特徴です。日本語が得意な生徒と英語が得意な生徒がいて、ときどきミスコミュニケーションがありますが、グループ活動では、なるべくバックグラウンドが違う生徒同士を同じグループにするようにしています。保護者にも、家庭でのICT教育のサポートをしていただき、三者面談などはとても楽しい雰囲気です。

ーー 生徒にとって、どんな先生でありたいですか。

 実は、「先生」という言葉はあまり好きではないんです。父も兄も博士で、教育一家に育った私は、学ぶことが大好きです。生徒たちが学ぶために、自ら学ぶ人でありたい。イメージとしては、生徒たちを支援しながらともに成長する「ラーニングエンジニア」というところでしょうか。

ーー 先生の夢を教えてください。

 海外大学への進学を希望している生徒が多いので、その手助けがしたいです。私自身、旅が大好きで、高校を卒業するころには世界18カ国を巡りました。さまざまな国の文化や人々の生活を、写真やビデオに残しているので、それを授業中に生徒たちに見せています。それも生教材の一つ。海外の進学先を見つける際に、一つの手がかりになってくれればいいなと思っています。

1時間の授業の中で、それぞれのグループを何度も回る安斎先生。生徒たちをサポートします。1時間の授業の中で、それぞれのグループを何度も回る安斎先生。生徒たちをサポートします。
スクリーンに映し出された「ギャップマインダー」を見ながら、安斎先生の質問に答える生徒たち。スクリーンに映し出された「ギャップマインダー」を見ながら、安斎先生の質問に答える生徒たち。
ブレインストーミング中の生徒たち。ブレインストーミング中の生徒たち。
GDPと平均寿命に影響するものを用語集の中から選んで模造紙にまとめます。GDPと平均寿命に影響するものを用語集の中から選んで模造紙にまとめます。

(この記事は『私立中高進学通信2018年1月号』に掲載しました。)

開智日本橋学園中学校  

〒103-8384 東京都中央区日本橋馬喰町2-7-6
TEL:03-3662-2507

進学通信掲載情報

【中学入試のポイント】多彩な入試で主体的に学ぶ生徒を募る
【学校ってどんなところ?生徒の一日】国際社会で活躍する日をめざして仲間と楽しく切磋琢磨!
【私たち、僕たちが大好きな先生】めざすは“ラーニングエンジニア”生徒が学ぶために自ら学ぶ人でありたい
【校長が語る 思春期の伸ばし方】「共感」して行動する経験を重ね 自己肯定感と主体的に発信する力を育む
【制服物語】アイデンティティーを表現しながら上品さを兼ね備えた制服
【中学入試のポイント】多彩な入試で受験生の“一生懸命”を応援
【子どもの自立を促す教育】探究と対話重視の授業で発信力を高め 自主性が育つのをサポート
【熱中!部活動】100年以上の歴史を持つ伝統校の活気ある活動
【Students' Chat Spot】生徒主体の「探究型の授業」や実践的な英語教育を通じて国際社会を視野に入れた真の学力を身につける
【SCHOOL UPDATE】哲学対話 正解のない対話を通じて自ら問いかけ考える力を養う
【10年後のグローバル社会へのミッション】開智から引き継いだ探究型授業で21世紀型の人材を育成
【私学の先生から受験生へのアドバイス】受験生が“得意”を生かせる入試システム
【キャンパス歩き】水と緑に囲まれた環境を学びの空間として最大限に有効活用
【The Voice 新校長インタビュー】平和で豊かな国際社会を創造する グローバルリーダーを育てたい
進学通信2018年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ