LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年1月号

みんな大好き キャンパス食堂

聖学院中学校

上級生の気配りが連鎖して広がる
どんな生徒にも居場所があり心地よく温かな食堂

パタパタと足音が響いて、あっという間に食堂は生徒でいっぱい。中高生が共同で利用する食堂では、上級生が下級生を気遣い、礼儀と感謝を忘れない、生徒たちの温かな交流を垣間見ることができます。
中学生と高校生が一緒に使う240席の食堂。全校で約6割の生徒が学食を利用しますが、お弁当を持ってくる生徒も一緒に利用できます。

中学生と高校生が一緒に使う240席の食堂。
全校で約6割の生徒が学食を利用しますが、お弁当を持ってくる生徒も一緒に利用できます。

他者のために行動する習慣が食堂でも

 並び方を間違えた新入生を自分の前に入れてあげたり、下膳を忘れてしまった下級生の分を片づけてあげたり、食堂のスタッフを手伝ってテーブルを拭いたり……。そんな上級生の行動を下級生は日々目の当たりにします。先輩の習慣が自ずと後輩に受け継がれてきた同校の食堂は、温かくアットホームな雰囲気に満ちています。

 Only One for Others「他者のために生きる個人」を掲げる同校では、毎朝15分間の礼拝を行い、心を静めて自分を振り返る時間を持ちます。自分らしさ(Only One)を尊重すると同時に、他者のためにできること(for Others)を常に考えて行動する習慣が、食堂での心配りにも現れているようです。

「本校の生徒には、強い男性になってほしいと考えています。力の強さだけではなく、優しさも強さの一つ。困っている人、弱っている人を思いやる心を育てることを大切にしています。そして、自分を支えてくれている人に対する感謝の心を忘れないでほしい。教師はもちろん、用務員、事務職員、食堂スタッフ、みんなで生徒を支え、育てているのです。そのことを忘れず、日々の学校生活の中できちんと行動に現すことで心も大きく成長していきます」
(副校長/清水広幸先生)

カウンターは大きく開かれ、コミュニケーションも盛んです。7年間務めた前任の調理チーフが退職する日には、食堂に300名以上の生徒が集まり感謝の気持ちを伝えたそうです。カウンターは大きく開かれ、コミュニケーションも盛んです。7年間務めた前任の調理チーフが退職する日には、食堂に300名以上の生徒が集まり感謝の気持ちを伝えたそうです。
汚れたテーブルを拭く生徒や「チーフ、ごちそうさまでした!」と食堂スタッフに声をかけて教室に戻る生徒も。汚れたテーブルを拭く生徒や「チーフ、ごちそうさまでした!」と食堂スタッフに声をかけて教室に戻る生徒も。
食べ盛りにうれしい!量を調節できるメニュー

 食堂メニューは、日替わりランチや日替わり丼・麺、カレーライス、うどん・そばと豊富で、その日の体調によってご飯を「大盛り」(80円)にしたり、「100円メニュー」を加えたりと、ボリュームを調整できるのが魅力です。

 毎日50食以上出るというこの日の100円メニューはミニラーメン。調理チーフと交渉をして、100円カレーや100円丼をつくってもらう生徒も!お弁当にも追加できるので、お弁当派の生徒にも好評です。

この日の「日替わりランチ」のメインは、焼肉。ボリュームのあるお肉に、野菜もたっぷり食べられるようにナムルを付け合わせにしています。この日の「日替わりランチ」のメインは、焼肉。ボリュームのあるお肉に、野菜もたっぷり食べられるようにナムルを付け合わせにしています。
約30種類が並ぶパンの購買。20分間ほどで売り切れてしまうそう。約30種類が並ぶパンの購買。20分間ほどで売り切れてしまうそう。
メニュー表には、カロリーや塩分量と、小麦や卵、乳成分などのアレルギー表示が書かれているので安心です。メニュー表には、カロリーや塩分量と、小麦や卵、乳成分などのアレルギー表示が書かれているので安心です。
仲間と食事を囲む楽しい時間

 みんなで一緒に食事を楽しんでほしいという思いから、食堂は広々としたつくりで、お弁当の持ち込みもできます。男子校らしい、和気あいあいとした空気が流れ、食べ盛りの生徒たちは美味しそうに口を動かしていました。

「学年が上がるたびにクラス替えがあるので、ほとんどみんな顔見知り。食堂に来ると、クラスメートに限らず、部活動の仲間や隣のクラスの生徒とも仲良くなって、ゲームの話などで盛り上がることもあります」(高2生)

中1生ものびのびと食堂を利用。日替わり丼や日替わりカレーが人気だそう。「お弁当でも学食でも、クラスメートと一緒に食べられるのがうれしいです」「カレーはけっこう辛くて本格的で美味しいんですよ」と教えてくれました。
中1生ものびのびと食堂を利用。日替わり丼や日替わりカレーが人気だそう。「お弁当でも学食でも、クラスメートと一緒に食べられるのがうれしいです」「カレーはけっこう辛くて本格的で美味しいんですよ」と教えてくれました。

中1生ものびのびと食堂を利用。日替わり丼や日替わりカレーが人気だそう。
「お弁当でも学食でも、クラスメートと一緒に食べられるのがうれしいです」
「カレーはけっこう辛くて本格的で美味しいんですよ」と教えてくれました。

たくさん食べる運動系クラブの生徒たちにとっても満足度が高い食堂のメニュー。「100円メニュー」は食後のデザート!?たくさん食べる運動系クラブの生徒たちにとっても満足度が高い食堂のメニュー。「100円メニュー」は食後のデザート!?
昼食後にグループで勉強する姿もお決まりの光景。「5時間目に英単語の小テストがあるので、ちょっとした時間に覚えようと単語帳を持ち歩いています」(高1生)昼食後にグループで勉強する姿もお決まりの光景。「5時間目に英単語の小テストがあるので、ちょっとした時間に覚えようと単語帳を持ち歩いています」(高1生)

(この記事は『私立中高進学通信2018年1月号』に掲載しました。)

聖学院中学校  

〒114-8502 東京都北区中里3-12-1
TEL:03-3917-1121

進学通信掲載情報

【私学の英語最前線】英語の4技能強化に加え世界で生きる力を鍛える
【未来を切り拓くグローバル教育】多彩な文化との出会いが生徒の心を大きく育てる
【実践報告 私学の授業】スタートは図形の楽しさを見つけることから 汎用的な数学的思考力につながる「幾何」の授業
【みんな大好き キャンパス食堂】上級生の気配りが連鎖して広がる どんな生徒にも居場所があり心地よく温かな食堂
【目標にLock On!! 私の成長Story】たくさんの人の気持ちに寄り添えたことが必ずこれからの人生の礎になる!
【6年間の指導メソッド】『育てたい生徒像』を土台にしたカリキュラム
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】21世紀型教育の先進校 生徒飛躍の源はコレだ!人気校が実践する教育の進め方
【熱中!部活動】鉄道研究部/バドミントン部
【学校生活ハイライト】Only Oneの自分をつくる 第一歩となる新入生合宿
【未来を生き抜く学力のつけかた】独自の学習プログラムL.L.T.で 自ら考え、学ぶ探究心や共に生きる力を育てる
【未来を生き抜く学力のつけかた】答えのない問いの「納得解」を探す力をつける21世紀型教育
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】学ぶ楽しさを体感する聖学院の21世紀型教育 「思考力を育てる」プロジェクトで生徒に芽生える新しい学力
【学校生活ハイライト】互いを知り、認め合う新生活の不安を吹き飛ばし1年生が一回り成長する 軽井沢の新入生合宿
【その先に備える キャリア教育】自分にしかない“賜物”を見つけて社会のために役立てる
【大学合格力強化計画】多彩な学校行事を通じて社会を知り 生徒の「学びたい」気持ちを引き出す
【全人教室│心を育む私学の授業】答えがひとつではないテーマに取り組む L.L.T.
進学通信2018年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ