LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年1月号

学校生活ハイライト

日本大学第一中学校

生徒も先生も一緒になり白熱する
汗と笑顔の、スポーツ行事

協力し合う体験が将来への糧となる生徒主体の体育祭

みんなで力を合わせ、伸び伸びと競技を楽しんでいるから、生徒たちの表情は明るく爽やか。
チームのメンバーの奮闘に、全員そろって一喜一憂していました。

6年間を通して多彩な行事を展開している同校。
豊かな体験が視野を広げ、生徒と先生の厚い信頼関係のもと生徒自らが将来“本当にやりたいこと”を見つけることができます。
今年度から今まで以上に生徒主体の運営になった体育祭も生徒が大きく成長を遂げる取り組みの一つです。

 澄み渡る秋空に負けない爽やかなかけ声が、体育祭の会場となった、私学事業団総合運動場に響きわたります。声の主は、体育祭の実行委員長で司会進行を務める大森優馬さん(高2)。その指示に従い、クラス別でチームを編成する中学生と、紅白の2チームに分かれた高1・2生が、きびきびと次の種目の準備に取りかかります。今年度からより生徒主体の運営になり、「自分たちの手で体育祭を成功させる」という熱意が会場に満ちていました。

 躍動する生徒たちに、目を細めて声援を送っていた前田勝教頭先生は、生徒の可能性を引き出す行事として、確かな手応えを感じています。

「歯を食いしばってチームに貢献しようと頑張る姿から、懸命さが伝わってきます。運動が苦手な生徒に、全員で励ましの声援を送るような体験は、日常の授業だけでは得られません」

 生徒と先生の距離が近い同校では、教員の対抗リレーも生徒全員がトラックを囲んで応援します。学校が一丸となって楽しむ姿勢が、体育祭を盛り上げていることは間違いありません。

 クライマックスはクラス対抗リレーの決勝。最上級生の高2のチームに交じって、高1で唯一勝ち残ったクラスが途中まで先頭を走り、会場全体が大きな歓声に包まれました。

 全競技を終えた生徒たちは、チームの成績に関係なく晴れやかな表情。大切な思い出とともに、将来に向けた貴重な経験が得られたことを物語っています。

高校生の有志による応援団演技は、体育祭の華。エール交換の後、見事なダンスも披露して会場をわかせ、本番に向けて努力してきた日々が垣間見えます。高校生の有志による応援団演技は、体育祭の華。エール交換の後、見事なダンスも披露して会場をわかせ、本番に向けて努力してきた日々が垣間見えます。
司会進行役として体育祭を盛り上げた実行委員長の大森優馬さん(高2・右)と、同校の校風を「生徒と先生の仲が良くて自由」と話す副委員長の晝間丈壱さん(高1)。司会進行役として体育祭を盛り上げた実行委員長の大森優馬さん(高2・右)と、同校の校風を「生徒と先生の仲が良くて自由」と話す副委員長の晝間丈壱さん(高1)。
騎馬戦などの団体競技は、いかに仲間と息を合わせられるかがカギ。チーム内で連携し、力を合わせて挑むことで勝利に近づきます。騎馬戦などの団体競技は、いかに仲間と息を合わせられるかがカギ。チーム内で連携し、力を合わせて挑むことで勝利に近づきます。
会場が大いにわいた、中学生の色別対抗リレー。順位が入れ替わるたびに、大きな歓声が上がります。チームの思いを込めたバトンをつなぎ、全力で競い合います。会場が大いにわいた、中学生の色別対抗リレー。順位が入れ替わるたびに、大きな歓声が上がります。チームの思いを込めたバトンをつなぎ、全力で競い合います。
頑張っている仲間に向かって声援を送る生徒たち。チームのために全力を出し切った経験は、貴重な財産です。将来に向けて、また一つ大きな宝を得ました。頑張っている仲間に向かって声援を送る生徒たち。チームのために全力を出し切った経験は、貴重な財産です。将来に向けて、また一つ大きな宝を得ました。
体育祭の実行委員は、進行台帳、選手名簿、招集名簿、プログラムなどの作成も担います。当日スムーズに進行できたのは、周到に準備したことも一因です。体育祭の実行委員は、進行台帳、選手名簿、招集名簿、プログラムなどの作成も担います。当日スムーズに進行できたのは、周到に準備したことも一因です。

(この記事は『私立中高進学通信2018年1月号』に掲載しました。)

日本大学第一中学校  

〒130-0015 東京都墨田区横網1-5-2
TEL:03-3625-0026

進学通信掲載情報

【熱中! 部活動】仲間とともに打ち込み豊かな人間性を育む
【行ってきました!学校説明会レポート】温かい目で見守りながら生徒の個性を伸ばす教育を
【6年間の指導メソッド】“第1志望”への道を拓く中身の濃い学習環境
【本音で語る保護者座談会】生徒と先生の距離が近く生徒の個性を活かせる環境が自慢です!
【学校生活ハイライト】生徒も先生も一緒になり白熱する汗と笑顔の、スポーツ行事
【6年間の指導メソッド】生徒と先生の厚い信頼関係のもと、将来の夢を実現
【注目のPICK UP TOPIC!】生徒指導部が本気で取り組む 思いやりの心を持った生徒の育成
【Students' Chat Spot】校訓「真・健・和」にもとづき、部活動・趣味に積極的に参加活動できる生徒の育成
【熱中!部活動】ギター部(軽音楽部)
【思春期の伸ばし方】人生に失敗や挫折はつきものですつらい経験から学べることは多いもの
【SCHOOL UPDATE】イングリッシュキャンプ 英語でのコミュニケーションに意欲をかき立てられる4日間
【10年後のグローバル社会へのミッション】イングリッシュ・キャンプで 「コミュニケーションをとりたい」という気持ちを成長の源に
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】先生と保護者が同じスタンスで接することで安心できる環境を作る
【大学合格力強化計画】付属校の強みを生かした指導で他大学の一般入試の実績もあげる
【制服Collection】伝統息づく文化の街で学ぶ 聡明な学生がまとう正統派ブレザー
【めざせ 次代のグローバルリーダー】選抜された生徒がケンブリッジ大学で世界と交流
進学通信2018年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ