LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年特別号

注目のPICK UP TOPIC!

帝京大学中学校

教員と生徒の密な距離から生まれる信頼関係
生徒の自立を促すきめ細かな指導

教員と生徒の距離の近さは帝京大学中学の特徴の一つ。

教員と生徒の距離の近さは帝京大学中学の特徴の一つ。

生徒としっかり向き合う少人数教育

 生徒一人ひとりとしっかり向き合う帝京大学中学は、少人数教育が特徴。中学・高校の全校生徒が1,000名に満たないため、教員が生徒の学習面・生活面を把握できています。教員と生徒の距離が近い6年間で、強い信頼関係が築かれていきます。

「本校は"面倒見の良い学校"と言われることが多いです。"面倒見の良さ"と聞くと、教員が手取り足取り指導していると思われるかもしれませんが、自分で考え行動できる自立した人間を育てることが、本校の教育です。そのため、"自立を促す"ためのきめ細かなフォローという意識で生徒と接しています。担任の教員は生徒と頻繁に面談を行って勉強や日常生活の相談に乗り、信頼関係を築くことを意識しています」と、帝京大学中学・入試広報部主任の石戸達則先生は言います。

 毎朝、1時間目の前に実施する朝講座のうち、週3回は国語、英語、数学の小テストを実施。授業の理解度を確認し、理解が不十分な生徒には補習でとことん指導します。

「授業はクラスメート全員へ向けて一斉に行います。授業についていくことが難しい生徒には、理解度に合わせて可能な範囲でオーダーメイドの形で対応します」

 中1の2学期からは、英語と数学の授業は習熟度でクラスを分けて行われます。

「英語と数学は、生徒の得意・不得意が現れやすい教科です。得意な生徒はより理解が進むような授業を行い、ややつまずいている生徒は人数が少なめのクラスでじっくりと指導します。不得意だった英語が得意に、逆に得意だった数学が不得意になるということはよくあることです。クラス分けは学期ごとにあり、それも生徒の刺激になっています」

 大学進学実績に定評がある帝京大学中学は、生徒に自主的な学習習慣を身につけさせることを目的に、定期試験の2週間前から学習計画表づくりと学習の記録を行っています。

「生徒が立てた計画表を教員がチェックします。計画表に基づいて勉強を進めながら進行の記録を毎日つけることで、学習方法を考え、自分の得意・不得意な科目が把握でき、自立した勉強の型ができていきます」

生徒が提出した学習計画表は、担任の教員が細かくチェックします。生徒が提出した学習計画表は、学年担当の教員が細かくチェックします。
自習に取り組む生徒たち。自主的・主体的に学ぶ姿勢が身についています。自習に取り組む生徒たち。自主的・主体的に学ぶ姿勢が身についています。
さまざまな体験で未来につながる"種"をまく

 数ある学校行事のなかでも学校全体が一体となって盛り上がるのが、文化祭の「邂逅祭」です。

「生徒が中心となって計画と運営を行い、教員がバックアップするという一種の共同作業です。内容は年々バージョンアップしています。生徒と教員が一緒に根を詰めて準備に打ち込む姿には、心を打たれます。大きなイベントを成功させるために多くの人を巻き込む方法を自分たちで考えることは、大人になるためのステップでもあります」

 生徒に自らの進路目標を考えさせるために、さまざまなキャリア教育を用意。中2では、英語漬けの合宿生活「ブリティッシュ・ヒルズ研修旅行」や、企業や官公庁などさまざまな業種の方を訪ねて仕事について学ぶ「職業調べ」、高1ではニュージーランドでの語学研修(希望制)などを実施しています。 また、帝京大学などの大学と連携して行う「教養講座」では、普段の授業とは違うさまざまな学びを体験します。

 2018年度からは、中3で「卒業論文」に取り組む新しい挑戦も始まりました。

「本校は首都大学東京と連携教育を組んでいます。まず、首都大学東京の教授の講義を受けて"勉強"と"研究"の違いを学んでから、研究テーマを自分で設定し、1年かけて卒業論文(4,000字)を完成させます。大学での学びの輪郭を知ることで、大学進学の具体的な目標設定ができるようになります」

 石戸先生は、帝京大学中学での学びの目標をこう語ります。

「中学校からの6年間、または高校からの3年間で、可能性という"種"を生徒にできるだけ多くまくことをめざしています。その種から育った花が開く時期は、大学受験の時だったり大学入学後だったり、社会人になってからだったりと、生徒によってさまざまです。後々に『帝京大中学を卒業して良かった』という気づきがある、そんな種をまく教育を大切にしたいと思っています」

模擬店や各クラブのパフォーマンス、クラスでの企画・発表など、学校全体が盛り上がる「邂逅祭」。

英語漬けの生活を送るブリティッシュ・ヒルズ研修旅行。英語漬けの生活を送るブリティッシュ・ヒルズ研修旅行。
ニュージランドで3週間、語学研修を実施。希望制ですが、毎年9割以上の生徒が参加しています。ニュージランドで3週間、語学研修を実施。希望制ですが、毎年9割以上の生徒が参加しています。
教養講座では大学の教授から学び、最先端の知に触れることができます。教養講座では大学の教授から学び、最先端の知に触れることができます。
卒業論文発表では、どのようにプレゼンすれば人に伝わりやすいのかを考えて発表します。卒業論文発表では、どのようにプレゼンすれば人に伝わりやすいのかを考えて発表します。
ページトップ