LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年特別号

学校説明会レポート

城西川越中学校

城西川越の一日をまるごと体験

中学受験生に向けた「オープンスクール」を開催
学食体験の様子。唐揚げ丼やカツカレー、うどんやそばなどを楽しみました。並でも大盛り。中でも城西丼は、肉やコロッケや唐揚げが載った大迫力のメニューです。

公開授業と校舎見学の後は、学食体験

「城西川越の生徒はどんな感じ?」「先生の教え方は?」「学校の雰囲気は?」「どんな部活動があるの?」…。こうした中学受験生の疑問に答える「オープンスクール」が 今年2018年6月2日(土)に開催されました。受験生が朝から午後まで、同校の学校生活を体験できるプログラムです。当日、最寄りの川越駅や桶川駅、坂戸駅から出ているスクールバスに乗って、約50組の小学生と保護者が参加しました。午前10時、新講堂で受付を済ませ、説明などを聞いた後は、数学の体験授業へ。続いて、中1から中3までの公開授業と校舎見学が行われました。自由に授業を見学でき、中学生が学ぶ新校舎を巡ることができます。
 お昼は、学食体験。受付で配られたチケットを出せば、生徒と同じメニューが食べられます。おしくてボリュームたっぷりのランチを食べた後は、いよいよ体験授業です。

「体験授業は、受験生のお子さんや保護者の方々に向けて、本校の教員が特別に用意しました。『中学の勉強って面白い』『早く中学生になって勉強したい』と感じていただければ、受験勉強にもさらに意欲的に取り組めるはずです」(入試広報部)
 体験授業は全部で4教科。国語・理科・社会・美術・英会話です。今年の春、東京大学や京都大学、東京藝術大学を始めとする国公立大学に計33名が、早慶上智には計30名が合格するなど、同校は進学実績を着実に伸ばしています。受験生は、面倒見の良さで知られる同校の質の高い授業にふれ、知的好奇心を満たしていました。
 続いて部活動体験。運動部ではラグビー部やテニス部、サッカー部、文化部では鉄道研究部や和太鼓集団、ロボット部など人気のクラブ20からひとつを選んで体験できます。グラウンドで受験生にプレーの見本を見せたり、教室でクラブの説明をしたり…。中学生が将来、後輩となるかもしれない受験生と心を通わせていました。
 参加した受験生に感想を聞くと「男子校って、いいなと思いました」「理科の実験が楽しかったです」「部活動がたくさんあって、楽しそう」という声が帰ってきました。
 オープンスクールは今年の9月24日(月・祝)、10月13日(土)にも行われます。詳しくは、同校ホームページをご覧ください。どちらも予約が必要です。

学食体験
学食体験
学食体験の様子。唐揚げ丼やカツカレー、うどんやそばなどを楽しみました。並でも大盛り。中でも城西丼は、肉やコロッケや唐揚げが載った大迫力のメニューです。
英会話
英会話
英会話の授業体験。もちろん、授業はすべて英語。ネイティブの先生がゆっくりと話しかけると、受験生が笑顔で答えていました。
国語
国語
国語の体験授業では、電子黒板とタブレットを使って、短歌について勉強。受験生は、問題の答えを受楽しそうにタブレットに入力していきます。
理科
理科
大学の研究室並みの生物実験室で行われた、理科の体験授業。カナダモという水草の葉でプレパラートをつくり、光合成の様子を顕微鏡で観察しました。
美術
美術
美術の体験授業では、クレヨンを使ったスクラッチに挑戦。画用紙に色をいくつも塗り重ね、道具でひっかくことで独創的な世界が紙面に浮かび上がります。
テニス部
テニス部
同校のテニス部は、硬式テニスです。中学生が受験生をやさしくコーチ。ボールを打つ音がコートに心地よく響いていました。
ラグビー部
ラグビー部
広大なグラウンドで中学生からラグビーの指導を受ける受験生。同校のラグビー部は2017年、関東大会Aブロック・東日本大会に出場しました。
和太鼓
和太鼓
和太鼓集団「欅(けやき)」で、和太鼓を体験する受験生。「欅」は、郷土芸能祭で最優秀賞を受賞し、全国大会に6回出場しています。
鉄道研究部
鉄道研究部
鉄道研究部では、ジオラマが教室につくられ、いくつもの小さな電車がレールの上を走行。受験生は目を輝かせて、その動きを追っていました。

(この記事は2018年7月に掲載しました。)

城西川越中学校  

〒350-0822 埼玉県川越市山田東町1042
TEL:049-224-5665

進学通信掲載情報

ページトップ