LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2018年特別号

座談会

鷗友学園女子中学校

校長先生が新任教員に聞く
「先生になって見えてきた、鷗友生の特徴は?」

慈愛あい誠実まことと創造」という校訓のもと、生徒たちの学力の充実とともに、社会性の獲得を学校の大切な役割と考える同校で、4月から新しく着任した先生方は、日々どのように生徒たちと向き合っているのでしょうか。
「ポスターやパンフレットから想像する生徒とは、いい意味で違っていました」と口々に語る新任の先生方。

「ポスターやパンフレットから想像する生徒とは、いい意味で違っていました」と口々に語る新任の先生方。

大井正智校長先生大井正智校長先生

司会・大井正智校長先生
今日は4月から鷗友学園に着任した先生方に集まっていただきました。
ちょうど夏休みが終わったところですが、鷗友学園の先生になって感じたこと、生徒の印象などを聞かせてください。

社会科の新木隆太先生社会科の新木隆太先生

新木隆太先生
ほかの先生方とも話していたのですが、着任する前は、ポスターやパンフレットの印象からおしとやかで落ち着いた生徒たちが集まる学校というイメージがありました。授業が始まり、生徒たちと話してみるとイメージが変わりましたね。
わからないことははっきりと「わからない」と言えるし、おもしろいと思うことには、とことん反応してくれます。生徒と先生の距離が近く、活発なやりとりがあり、とても良いことだと思いました。
教員室に、ためらわずに入ってくる生徒が多くて、最初は驚きました(笑)。

家庭科の加藤真紀先生家庭科の加藤真紀先生

加藤真紀先生
生徒たちはとても意欲的です。勉強はもちろん、部活動も高2の生徒を中心に下級生を引っ張って、精一杯がんばっています。
それから、海外へ行きたいという意欲を持っている生徒がたくさんいます。限られた時間の中で、自分ができることをどんどん増やしていきたいという姿勢が印象的です。

大井校長先生
海外をめざしたいという生徒は多いですね。外へ出て行こうという意欲を持つのは、素晴らしいことです。

国語科の大野由貴先生国語科の大野由貴先生

大野由貴先生
生徒がお互いを認め、尊重し合っているのがいいところだと感じました。それぞれの個性を伸ばしあっていますね。

理科の大澤直樹先生理科の大澤直樹先生

大澤直樹先生
始業式で、「この学校は失敗してもいい場所だ」というお話が校長先生からありました。授業では、それを実感しています。
中1の理科は、生物で毎週実験があります。決まったやり方で答えを導く実験はしません。生徒がいろいろな方法を試行錯誤します。中には失敗もありますが、それを次につなげて、また別の方法を考えます。失敗を経験として蓄積し、次に活かせるのです。納得するまで安心して試行錯誤できる学校だと思いました。

入試広報部・理科の若井由佳先生入試広報部・理科の若井由佳先生

若井由佳先生
実験では、「見て見て!」と生徒から呼ばれることが多いです。「教えて」ではなくて「見て」なのですよね。「私はこういう方法をやってみたから、先生見て!」と。

大井校長先生
なるほど、それはおもしろい。鷗友生の特徴をよく表すエピソードですね。

楽しそうに授業をする“先生のオーラ”が生徒に伝わる

大井校長先生
先生方はいろいろな授業を参観して、研究する機会も多いですね。その中での気づきを教えてください。

大澤先生
鷗友学園の特色ある授業の一つ、園芸の授業を見に行きました。作物を作る様子はとても楽しそうで。だれが一番楽しそうかというと、授業を担当する先生が楽しそうでした(笑)。
先生がその科目を好きだというオーラが出ていると、授業を受けている生徒も気持ちが乗りますね。ほかの授業を見学していても感じたことですが、そういう"先生のオーラ″はとても大切だと感じました。

大野先生
そうですね。私が見学した高校生の古典の授業では、先生が研究されていた『源氏物語』についてイキイキと話されていました。生徒たちも「先生、楽しそうなことやっているんだね」と興味を持っていました。
中1の国語では、鷗友学園のキャッチフレーズを考える授業があります。そこで、ある生徒が「体験する学校」というキャッチフレーズを発表していました。その通りで、園芸や理科の実験など、体験を積み重ねることができる学校ですね。

新木先生
中3の現代社会の授業は、先生によって進め方が違います。先生のカラーで授業のスタイルが変わるので、興味深かったです。基本知識の習得を大事にする先生もいれば、先生の伝えたいことを明確にし、生徒が考えていく授業をする先生もいました。

大澤先生
「生徒の多様性」を容認する学校の空気の要因の一つは、「先生の多様性」かもしれませんね。

大井校長先生
いろいろな授業を見て、ご自分の授業に取り入れていることもあると思います。どんな工夫をしていますか?

大澤先生
BYOD(自分のパソコンやタブレットを授業などに持ち込むこと)を導入したので、レポートをワードで作成したり、学びの記録を電子化して残したりと、生徒たちがうまく活用してスキルを上げられるよう、働きかけたいと思います。大学での学びにもつながると思いますので。

新木先生
後期から取り組む予定なのですが、授業の基礎事項を早めに終わらせて、生徒へ問いを出す、または生徒が問いを作って、グループで話し合うような授業の進め方をしたいと考えています。意図としては、各自のBYODの活用もあるのですが、話し合うことで、「わからないことをわからないと言う」「わかる人に聞く」というスキルを身につけてほしいと思っています。

加藤先生
家庭科は、実習に入ると得意不得意が出やすく、進度にも影響します。ベテランの先生を見習いながら、個別に目を配って、生徒によって段階を細かく指示するなど、足並みをそろえることを目標にしています。初めてミシンに触るという生徒も中にはいるので、安全面への配慮も大切です。

大野先生
古典を担当しているので、今と文化が違う時代にできた文学を、いかに楽しく学んでもらうかをテーマに、方法を考えています。プロジェクタで画像を見てもらうのもその一つです。例えば、すだれを上げる場面が出てきたら、「どうやって使うと思う」「実際にやってみて」と問いかけた後に、画像で答えを見てもらいます。古典は高校までしか触れない生徒も多いので、教科書で扱う作品の一部分だけではなく、その背景などにも関心を持ってもらえる授業をめざしています。趣味で集めている江戸時代の絵や古典籍に触れてもらう機会もあります。

プロジェクタを使用した授業の様子

プロジェクタを使用した授業の様子

大井校長先生
みなさんそれぞれ、生徒が「体験すること」を意識していますね。とても心強く感じました。着任して半年で、こんなに先生たちの持ち味が発揮されていて、少し驚きました。これからもがんばって、進めていってくださいね。

生徒が尊重し合い、多様性が認められている空間

大井校長先生
では、受験生に、半年で先生たちが感じた鷗友生の特徴を紹介してください。

加藤先生
ちょうど学園祭の準備期間なので、生徒の取り組みを見ているのですが、運営に責任を持つことを大切にしている印象があります。生徒と先生が協力して作り上げるのではなく、生徒が作り上げて、先生は確認するという進め方のようです。鷗友生は自律していますね。

新木先生
始業式や祝賀会などで全校生徒が集まる機会に、校長先生が話したことに対して、生徒がどっと笑うというのは、自分の学生時代に見たことがない光景でした(笑)。先生のキャラクターへの愛が生徒側にあって、それを共有しているのは素敵だなと感じました。

大井校長先生
中1の誕生日会(月ごとに行われる校長先生とお祝いする会)でも、全体集会で先輩たちが笑っているのに驚いたという話が出ますね。全校集会で笑うと怒られるから、笑ったことがなかったと。

若井先生
先輩たちを見て、笑っていいんだと(笑)。みんなすぐに笑うようになりますね。

加藤先生
すごいのは、笑ってからすぐに静かになるのですよね。

大井校長先生
そうそう。どっと笑って、すっと話を聞く態勢になれるのも、鷗友生の良いところですね。

大野先生
やるべきときにしっかりやるところが素晴らしいです。それから、相手を尊重することにもつながると思うのですが、周りをよく見ていますね。休んだクラスメイトを気遣ったり、自発的にノートを見せたりすることが、生徒同士で自然にできるんです。

大澤先生
尊重ということで言えば、授業で生徒が質問したときに、「なんでそんなにマニアックなことを聞くんだろう」「そんな簡単なことを聞いて」というような雰囲気にはなりませんね。お互いを尊重し合い、多様性が認められている空間ができています。

大井校長先生
最後に、受験生に向けて先生方からメッセージをお願いします。

大野先生
自分がやりたいことを広く認めてくれて、それに対してどうやっていこうかと考えた時に、いい刺激をたくさん受けられる学校です。いろんなことに興味を持って、飛び込んできてください。

加藤先生
自分を出せる場所ですし、お互いに個性を認めてくれる仲間ができます。かまえずに、自分のままで来てくださいね。

新木先生
好きなことで輝ける学校ですし、まだ好きなことが見つかってなくても楽しく過ごせます(笑)。社会科のことで言えば、裁判所や国会の見学に行くなど、いろいろな体験を今のうちから始めてほしいです。それが中学校からの学びを広げてくれると思います。

大澤先生
中学生になると、教科書で学ぶことだけではなく、部活動や委員会などの活動やさまざまな体験を通して、見える世界が変わってくると思います。それを楽しみに来てください。

大井校長先生
今日はありがとうございました。

ページトップ