Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年12月号

学校生活ハイライト

森村学園中等部

互いを認め尊重し絆を深める

友情を深め、かけがえのない仲間をつくる
森村流の校外学習&研修旅行
初めての宿泊行事となる林間学校は、生徒同士の仲を深めることが一番の目的。こういった校外学習を通し、男女も初等部出身者も中学受験入学者も関係なく、深い絆を育みます。

初めての宿泊行事となる林間学校は、生徒同士の仲を深めることが一番の目的。
こういった校外学習を通し、男女も初等部出身者も中学受験入学者も関係なく、深い絆を育みます。

生徒と先生のコミュニケーションが密接で、アットホームな雰囲気に包まれた同校。
4月に行われる校外学習では、初等部出身者も中学受験入学者も一丸となってプログラムに取り組み、絆を強めていきます。
中高6年間で行われる数々の行事は卒業後もかけがえのない思い出として胸に刻まれます。

 高い学力と強い意志、豊かな情操の育成をめざす同校。学校行事では、校外学習や宿泊行事を積極的に行い、互いを認め合い、尊重し合うことを学びます。

 中1の4月には校外学習として、チーム全員で知恵を出し合って、さまざまな課題をクリアしていくアクティビティの「プロジェクトアドベンチャー」に参加します。

「学年の半分が併設の初等部からの生徒であるということが本校の特徴の一つです。中学受験で入ってくる生徒たち同士はもちろん、初等部出身者たちになじめるかという不安もあるかと思います。お互いを認め合い、仲間意識を高めるために、様々なプログラムを用意しています。学校行事は、自主性を重んじることで自立を促すことを目的に行っていますが、中1生の行事に関しては、生徒たちの親睦を深める大きな役割があります。仲を深める土台を学校が用意することが必要な時期なのです。行事を終えると、生徒たちは親密になり、信頼関係が生まれます」
(入試広報部長/小澤宗夫先生)

 さらに、中1では林間学校、中2ではイングリッシュキャンプや狂言鑑賞、中3では浅草への校外学習やニュージーランドへの修学旅行。高1では広島・山口への研修旅行、高2では京都・奈良への修学旅行と行事は目白押しです。

 さまざまな行事を通して、笑い合い、励まし合いながら絆を強め、かけがえのない思い出を心に刻んでいきます。

中2の芸術鑑賞プログラムは、中3で行われるニュージーランドへの修学旅行の事前学習の一環として、狂言を鑑賞します。中2の芸術鑑賞プログラムは、中3で行われるニュージーランドへの修学旅行の事前学習の一環として、狂言を鑑賞します。
6年間を通して芸術鑑賞プログラムも展開しています。中1では、和太鼓教室を開催し、日本文化への造詣を深めます。6年間を通して芸術鑑賞プログラムも展開しています。中1では、和太鼓教室を開催し、日本文化への造詣を深めます。
中3の修学旅行ではニュージーランドへ。生の英語に触れるとともに、同国の先住民の文化を学ぶためマオリショーを見学するなどして現地の人たちの習慣や考え方を体感します。中3の修学旅行ではニュージーランドへ。生の英語に触れるとともに、同国の先住民の文化を学ぶためマオリショーを見学するなどして現地の人たちの習慣や考え方を体感します。
毎年、足柄市で開催されている「プロジェクトアドベンチャー」の様子。生徒同士が話し合い、問題を解決していくことで自然と距離が縮まります。毎年、足柄市で開催されている「プロジェクトアドベンチャー」の様子。生徒同士が話し合い、問題を解決していくことで自然と距離が縮まります。
ニュージーランド修学旅行では、ファームステイも行います。異文化に触れる体験が、生徒たちの成長の糧となります。ニュージーランド修学旅行では、ファームステイも行います。異文化に触れる体験が、生徒たちの成長の糧となります。
中2のイングリッシュキャンプでは、2泊3日を英語だけで過ごし、最終日に英語劇を披露。これまで学んできた英語を話す実地体験の場です。中2のイングリッシュキャンプでは、2泊3日を英語だけで過ごし、最終日に英語劇を披露。これまで学んできた英語を話す実地体験の場です。
高2の修学旅行は京都・奈良です。豊臣秀吉が花見の宴を開いたことで有名な醍醐寺を訪問します。住職の方々のお話をうかがえる特別企画もあります。高2の修学旅行は京都・奈良です。豊臣秀吉が花見の宴を開いたことで有名な醍醐寺を訪問します。住職の方々のお話をうかがえる特別企画もあります。
高1では広島・山口へ研修旅行。広島では原爆被災者の方のお話を聞くなど、平和に思いを馳せ、山口では民泊をし、地域の人々と触れ合います。高1では広島・山口へ研修旅行。広島では原爆被災者の方のお話を聞くなど、平和に思いを馳せ、山口では民泊をし、地域の人々と触れ合います。

(この記事は『私立中高進学通信2017年12月号』に掲載しました。)

森村学園中等部  

〒226-0026 神奈川県横浜市緑区長津田町2695
TEL:045-984-2505

進学通信掲載情報

【THE VOICE 新校長インタビュー】『言語技術』の授業や英語力の向上で生徒たちを世界へ羽ばたかせたい
【未来を切り拓くグローバル教育】グローバルな視点とコミュニケーション能力を身につけるニュージーランド修学旅行
【注目のPICK UP TOPIC!】「言語技術」の授業で言葉の力を高めアクティブ・ラーニングを実践する
【注目のPick up TOPIC!】グローバルな思考を学びながらイングリッシュキャンプで英語を学習
【学校生活ハイライト】互いを認め尊重し絆を深める
【グローバル時代の学び方】真の国際人を育む言語技術教育
【熱中!部活動】【テニス部】首都圏有数の恵まれた環境で部活を通して自主性を育む
【その先に備える キャリア教育】実現 社会に役立つ人となるために自らの進むべき『路』を探る
【大学合格力強化計画】生徒のやる気に火をつける指導で過去最高の合格実績!
【中1の始め方】新入生の不安を取り除き スムーズな中学生活をスタート
【10年後のグローバル社会へのミッション】『言語技術』が養う世界標準のコミュニケーションスキル
【学校生活ハイライト】球技会をはじめさまざまな行事を通じて豊かな情操と自主性を育む
【注目のPICK UP TOPIC!】先輩から後輩へ受け継がれる夢への情熱 南極と生中継で特別授業『南極教室』
【大学合格力強化計画】先輩たちの受験記録をまとめた『進路の手引き』でやる気をサポート
【めざせ 次代のグローバルリーダー】日本式の母語教育に加え 世界標準の言語能力を磨くLanguage Arts(言語技術)
進学通信2017年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ