Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年12月号

中学入試のポイント

昌平中学校

難関大学をめざすために問われる基礎・基本

多様な入試形式で受験のしやすさが特徴です。
基礎・基本をしっかり押さえることが合格のポイントです。
算数(平成29年度 Tクラス第1回より)
多様な入試形式で基礎固めを重視

 この春、中高一貫2期生から京都大学、一橋大学、お茶の水女子大学への合格者が出て、6年間一貫教育の成果が目に見える形で表れ始めた同校。次世代リーダーを育成する「国際バカロレア」(IB)認定を得るなど、さらなる教育内容の充実を図っています。

 入試に関しては受験生に多様なチャレンジの機会を提供してきました。平成27年度入試ではインターネット出願や適性検査型入試、最難関国公立大をめざすTクラス入試を導入。英語を含めた3教科入試のほか、大宮ソニックシティなどの別会場での入試も実施しています。

 平成30(2018)年度入試では、入試の日程、教科、出題形式・傾向に変更はありません。

「本校の入試に超難問や奇問はありません。いずれの入試形式でも、基本的でスタンダードな出題をしています。
 また、Tクラス入試の出題は、基礎・基本の“発展形”ととらえてください。受験生の皆さんには基礎をしっかりと固めて、力を発揮できるように準備してほしいと思います」

 と教頭の名雲浩先生は同校の入試の心得を話します。

落ち着いて、丁寧に解き直しを

 算数は基本的な計算問題や図形問題が多く出題されるので、確実な計算力がポイントになります。大問1は計算、大問2は応用小問、大問3~6は応用問題です。速さの文章題、数字の並びの規則性、辺の長さや面積や体積の比、立体の体積、食塩水、図形の角度は毎年のように出題されます。計算や単位換算のミスのないように、解き直しは必須です。

 国語は大問が6つで、文章読解が2問、知識問題が4問です。

文章題では物語文と説明文が多く出題され、人間・友達関係や科学分野、社会・文化などのテーマで出題されています。記述は大型のものはなく、「抜き出し」や「理由説明」などです。落ち着いて読み、出題意図を確認して、確実に記入する丁寧さが求められます。

 理科は大問が4つで、生命、物質、エネルギー、地球の4分野からまんべんなく出題されます。基礎的な知識・計算力が問われます。

 社会科は大問が4つ。地理、歴史、政治からの出題です。歴史は写真などの資料から関連事項を問う形式があります。時事問題も頻出なので新聞を読むなどの対策が有効です。

 英語は大問が5つ。英文を読んで内容に合う英文を選んだり、抜き出したりする大問が3つ、空欄補充や文章の並び替えなどの大問が2つです。いずれも英検3級程度の難度です。

 適性検査型入試の問題は2題の出題で、公立中高一貫校と同じ形式です。問題Ⅰは文章を読んで問いに答えたのちに作文、問題Ⅱは資料を読み解く総合問題です。理科や社会の知識を活用して解くので、小学校の基本的な内容がしっかりと身についていることが前提です。また、適性検査型入試のみ、1人5分程度の個人面接があります。

 入試までに家庭で心がけてほしいこととして「モチベーションの維持と規則正しい生活習慣」を名雲先生は挙げます。「中学入試を終えることがゴールではありません。その先の学校生活が充実したものになるように、前向きな気持ちを持たせること。健康を維持して元気に通学できる生活のリズムを作ることが、何より大切だと考えています」

 同校の教育のモットーである『手をかけ 鍛えて 送り出す』には、6年間で子ども自身が評価する自分よりワンランク上の力をつけて卒業させるという思いが込められています。入口となる中学入試で必要なのは受験に特化した力ではなく、小さくてもまっすぐのびる若葉のような力です。

 どの入試教科でも「基礎・基本」を強調するのは、小学校の学習内容がしっかりできていれば、中高6年間で大きく成長できるから安心してほしいという同校からのメッセージなのです。

(この記事は『私立中高進学通信2017年12月号』に掲載しました。)

昌平中学校  

〒345-0044 埼玉県北葛飾郡杉戸町下野851
TEL:0480-34-3381

進学通信掲載情報

【グローバル特集 海外研修[オセアニア]】IBで培った“行動力”で勝負!全生徒が着実な成果を得る語学研修
【未来を切り拓くグローバル教育】全生徒が世界基準で実践“本気”のIB教育
【私学の校外学習・学外交流】世界を意識し理解する力を育み中学3年間で国際人の土台をつくる
【私学の英語最前線】『IB』を取り入れ全員が 英語が得意になる教育
【未来を切り拓くグローバル教育】IB教育で育てる英語力と課題解決力
【学校生活ハイライト】多様な文化を理解、尊重し平和社会に貢献できる人材を育成
【中学入試のポイント】難関大学をめざすために問われる基礎・基本
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】探究する「学び方」を習得する国際バカロレア認定校に
【育ち盛り食事情 学食調べ隊】家族の絆を強め、仲間と楽しむ お弁当のランチタイム
【Students' Chat Spot】「手をかけ 鍛えて 送り出す」がモットー 主体的に「学び」、自ら「考え」、自己を「主張できる」生徒を育てる教育を実践
【グローバル時代の学び方】世界を意識した学びを実践
【私学の光輝】体験を積み重ねて、考える力を育む  『SW(スペシャル・ウェンズデイ)』
【学校生活ハイライト】自分たちで作り上げるからこそ最高の思い出になる 昌平ならではの「祭」
【校長が語る 思春期の伸ばし方】相手の個性や長所を認める心を育てる
【10年後のグローバル社会へのミッション】IB(国際バカロレア)の理念に共鳴 人間力のある真の国際人を育成
【私学の光輝】スペシャル・ウェンズデイ
【大学合格力強化計画】「人のため」にする勉強が意欲を高め可能性を広げる
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】全校をあげて実践的英語力と国際感覚の育成に取り組んでいます
進学通信2017年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ