Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年12月号

その先に備えるキャリア教育

芝浦工業大学柏中学校

見聞
「仕事塾」と「職場体験」で進学の先にある将来を考える

保護者や地域の協力のもと、生徒が社会に触れる機会をつくり自ら将来を見つけるための行事を2つ紹介します。
「職場体験」で歯医者さんの仕事に挑戦。義歯の型を取る作業のお手伝い中。

「職場体験」で歯医者さんの仕事に挑戦。義歯の型を取る作業のお手伝い中。

「仕事塾」ではアドバイザーの話に興味津々。楽しい話題に笑顔がこぼれます。「仕事塾」ではアドバイザーの話に興味津々。楽しい話題に笑顔がこぼれます。

 学校教育の現場では「育てること」と「育つこと」が同時に行われているとし、特に生徒が「自ら育つ機会を増やすこと」を教育の基本方針に据えている同校。経験から学びや気づきを得るために、中3と高2を対象に「仕事塾」を、中2を対象に「職場体験」を実施しています。

 仕事塾の始まりは、中学開校から5年ほどが過ぎた頃「進路決定の助けになるかもしれないから、自分たちの仕事を生徒に紹介する機会をもらえないか」と、保護者から相談があったことがきっかけでした。今年度で21回目を迎えます。恒例行事となった現在では、10名前後の保護者がアドバイザーとして参加しています。仕事塾は「次世代を担う生徒たちに向けて、社会人の先輩としての経験を伝える場」とPTA組織でも位置づけられています。保護者と学校の関係が深い同校ならではの連携行事です。

 当日は、和やかな雰囲気の中で、生徒たちは保護者の説明に耳を傾けます。生徒がより理解を深められるようにと、アドバイザーは自主的にプレゼンテーション資料を用意し、「仕事の内容」や「この職業に就くための進路」などについて話します。生徒たちも積極的に参加し、「この仕事に就くために、今、自分は何をするべきか?」といった質問も聞かれました。

 中3と高2対象のプログラムは土曜日午前の授業時間で終了しますが、対象外の学年や「別の職業の話も聞きたい」「もっと相談したい」という生徒のために、午後は個別相談を実施します。兄弟姉妹で同校に在校している生徒の保護者の中には、長期間にわたり何度も協力してくださる方が多くいらっしゃるそうです。

 中2生を対象とした「職場体験」は、2月中の1日を使い、生徒が興味のある実際の仕事現場に赴き、企業や団体の一員となって働きます。「仕事塾」と同様に、働いている人から直接話を聞くことでそれぞれが新しい発見をして帰ってきます。

「どの大学や学部に進むか」という目先の進路指導に偏ることなく、生徒が将来の姿をより楽しく、自分の力で発見できるような仕組みを、保護者と地域の協力を得て進めているのが同校の大きな特色です。

Report
多様な職業の保護者が仕事を語る「仕事塾」

 参加するアドバイザーの職業は毎年異なりますが、直近では公務員や医師など、生徒も仕事のイメージがしやすい職業から、シビルエンジニア、ウェブプロデューサーなど多岐にわたる皆さんが集まりました。この日は、保護者としてではなく「社会人の先輩」として生徒に向き合います。

「私たちだけでは、こんなにたくさんの職業の方々を集められません。保護者のご協力には心から感謝しています」(入試広報部長/辻奈美恵先生)

仕事道具や職場の様子を収めた動画を持参するアドバイザーも。仕事道具や職場の様子を収めた動画を持参するアドバイザーも。
午後の個別相談では、マンツーマンでアドバイスを受けられます。午後の個別相談では、マンツーマンでアドバイスを受けられます。
Report
興味のある仕事の現場を訪れる「職場体験」

 仕事の現場で過ごした1日を、中3生4人に振り返ってもらいました。

岸田さん
病院のリハビリテーション部門
お手伝いの後、患者さんから「ありがとう」と言われ、感謝してもらえる仕事なんだなとあらためて感じました。ヘルパーさんが患者さんにやさしく接する姿が、とても勉強になりました。

豊田くん
スマートフォンアプリ開発メーカー
静脈認証をしないと社内に入れないので、特別に登録させてもらいました。1人で黙々と仕事をしていると思っていたら、多くの方がみんなで話し合いながら開発をしていて予想外でした。

大槻くん
気象庁東京管区気象台
身近に思える天気予報でも、全国各地で連携し、集まったたくさんの情報から予測をしていて、想像以上に規模が大きな作業でした。地震の震源地を特定する機関の見学などもしました。

吉越くん
スマートフォンアプリ開発メーカー
プログラミングの仕事場を実際に見たいと思い選びました。パソコンは皆さん複数台を扱っていてびっくり。プログラムは、自分以外の人でも読みやすいように書くことを学びました。

「ほかの会社ももっと見てみたい」と、岸田さん(左)と大槻くん(右)。「ほかの会社ももっと見てみたい」と、岸田さん(左)と大槻くん(右)。
歯科医院では、作業着を着てミーティングに参加。歯科医院では、作業着を着てミーティングに参加。
豊田くん(左)と吉越くん(右)は、コンピューター部。職場体験での学びを部活動に活かしています。豊田くん(左)と吉越くん(右)は、コンピューター部。職場体験での学びを部活動に活かしています。
2人が実際に職場体験で作ったシューティングゲームのアプリ。2人が実際に職場体験で作ったシューティングゲームのアプリ。

(この記事は『私立中高進学通信2017年12月号』に掲載しました。)

芝浦工業大学柏中学校  

〒277-0033 千葉県柏市増尾700
TEL:04-7174-3100

進学通信掲載情報

【キャンパスのビジョン】「グローバル・サイエンス力」を磨き未来を切り拓くリーダーを育成
【Students' Chat Spot】行事も楽しく面白い先生が多いので授業も飽きないです
【6年間の指導メソッド】思考を組み立てる基礎を学び、伸びる6年間
【その先に備えるキャリア教育】見聞 「仕事塾」と「職場体験」で進学の先にある将来を考える
【親も楽しめる! 私学の保護者サークル】開講21年目を迎えた「芝柏絵画の会」
【学校生活ハイライト】感動と躍動と熱気にみちあふれた6年間
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】自ら進んで勉強できる仕掛けを「自分の頭で考える生徒」を育てる
【The Voice 新校長インタビュー】創造力を高め、個性を尊重し生徒自らが「育つ」力を養う
【10年後のグローバル社会へのミッション】論理的思考のもとに英語の4技能を高めグローバルな力を養う
【キャンパスのVISION】「グローバル・サイエンス力」を育成する教育姿勢と校風が反映された学びの場
【大学合格力強化計画】芝柏流アクティヴラーニングが育む 課題解決力、勉強力、人間力
【授業発見伝】理科 一歩踏み込んだ理科実験が科学への興味や関心を育む
【私学の光輝】東日本大震災被災地支援
【On Going! 進歩する私学の注目情報】大学進学のその先へ 夢を実現するカリキュラム
進学通信2017年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ