Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年12月号

グローバル時代の学び方

田園調布学園中等部

ニュージーランドで学ぶターム留学がスタート

豊かな国際感覚を育む3カ月間留学
現地の高校生たちと一緒に。公立高校で行われている授業を受講することで、英語力も鍛えられアクティブな欧米の授業スタイルを身につけることもできました。

現地の高校生たちと一緒に。
公立高校で行われている授業を受講することで、英語力も鍛えられアクティブな欧米の授業スタイルを身につけることもできました。

高1・高2を対象に新しい留学プログラムを実施

 ネイティブ教員が運営する『イングリッシュ・ルーム』の設置や、英語で考え、発表する授業など、同校は以前から、英語で主体的に発信できる生徒の育成に力を入れてきました。

 今年度からは、ニュージーランドの公立高校ランギトト・カレッジへのターム留学制度がスタート。同校ではこれまで、中3を対象にしたカナダやオーストラリアへの2週間のホームステイプログラム(希望制)を実施してきましたが、このプログラムの体験者から、「2週間でやりきれなかったことがある」「またチャレンジしたい」との声があがったことから、高1・高2を対象としたターム留学を導入しました。

「1年間の留学となるとハードルが高くなりますが、中3での2週間のホームステイの次のステップとして、3カ月間のターム留学がちょうどいいのではないかと思いました」

 と教頭の清水豊先生は話します。留学先のニュージーランドは治安も良く、1学期が3カ月間で区切られているため、現地の生徒と1学期間、一緒に学ぶことができるという利点もありました。

「校内での事前研修では、外部の留学団体のスタッフと一緒に、『現地の学校では何が起こる?』『ホームステイで想定されること』などのケーススタディを徹底的にやりました。
 本校の生徒は中3の72%が英検準2級を取得しています。そのレベルに達していれば語学はなんとかなりますが、やはり生活面が上手くいかないと留学を成功させることは難しいので、その部分の事前フォローは万全に行いました」

英語力だけでなくコミュニケーション力も培う

 現地到着後の最初の1週間は事前研修として語学学校で徹底的に英語を学び、その後、ホームステイをしながらランギトト・カレッジに通います。英語と数学は必修ですが、それ以外の4科目は選択制です。興味のある科目を自由に学ぶことができますが、課題の確認や先生とのコミュニケーションもすべて自分でやらなければなりません。

「もちろん英語を習得することも大事ですが、一番学んでほしいことは、異なる価値観の人々と生きる力を身につけること。さまざまな民族が共生する多文化社会の国だということも、ニュージーランドを留学先に選んだ理由の一つです。
 帰国した生徒たちは、英語力だけでなく、コミュニケーション力や積極性の面でも大きな成長を遂げたと感じます」

 その成長ぶりは、校内の他の生徒たちにも良い影響を与えているそうです。

 普段から英語のスピーチコンテストや英語でプレゼンテーションする授業など、実践的な英語を学ぶ機会を多く設けている同校。海外で得た体験は、さらに生徒の可能性を大きく広げています。

Interview
ターム留学でたくさんのことを体験しました

現地での授業の感想をお聞かせください。

F・Wさん
最初の語学研修では、1つのテーマを英語でディスカッションする授業を行いました。日本の学校でもそういった授業を経験していたので、すぐに慣れることができてよかったです。

M・Hさん
選択制授業では、ダンス、体育、理科とカメラの授業を選択しました。実際に写真を撮って「どんな写真が人の目をひくか?」を勉強するなど、面白い授業でした。

Wさん
私はダンス、地理、理科、コンピュータ系の科目を選択しました。ダンスの授業では、現地校の生徒が、かるがるとバク転していて、そのレベルの高さに驚きました。

Y・Nさん
私もダンスを選択したのですが、ミュージカルを体験できたことがとても思い出に残っています。歌は口パクだったけど、ダンスの振り付けは全部自分たちで作って、かなり本格的なステージができたと思います。

ホームステイの感想をお聞かせください。

Hさん
ホームステイ先にパラグアイから来た留学生がいて、同じ学校に通っていたので、その人とよく話して、仲良くなれたことが印象に残っています。

Wさん
ホストファミリーが中国人だったので、毎晩食事に白米が出て、日本の食事のようでした。ホストシスターたちと、夕食のあと一緒にトランプやゲームをしたのがとても楽しかったです。

「もっとこうしたかった」といったことはありましたか?

Nさん
ランギトト・カレッジは留学生が多い学校だったので、いろいろな国籍の友達ができました。でも、最初は留学生同士のグループにはなかなか入っていけなくて、日本人の友達と一緒にいることが多かったです。はじめから思い切ってほかの国から来た人たちの間に飛び込んでいけばよかったなと思います。

留学体験を経て、変化はありましたか? また、将来の夢をお聞かせください。

Wさん
コミュニケーションの能力が上がったと思います。ニュージーランドの高校の先生は、わからないことがあっても、生徒から積極的に働きかけないと、フォローしてくれません。自分から質問するのが当たり前になりました。将来は研究職に就いて英語で発表できるようになりたいので、また留学したいです。

Nさん
ターム留学で英語に抵抗がなくなりました。現地で英語を聞き取れたことで、自信がついたことが大きいですね。将来仕事に就いた時は、英語ができることを武器にしたいです。ニュージーランドには、また留学したいです。

Hさん
留学を体験する前から英語が好きでしたが、留学後はもっと好きになり、さらに努力して上手くなりたいと思うようになりました。今回の体験で国際関係の仕事に興味を持ちました。もっと英語を得意にするためにも、大学に入学したら、また留学したいです。

左からY.Nさん(高1)、F.Wさん(高1)、M.Hさん(高1)。3人とも「充実した留学生活だった」と語ります。留学時の楽しい話題は尽きないようです。左からY.Nさん(高1)、F.Wさん(高1)、M.Hさん(高1)。3人とも「充実した留学生活だった」と語ります。留学時の楽しい話題は尽きないようです。
Nさんのランチ仲間。多文化社会のニュージーランドにはアジア圏の人々もたくさん住んでいます。多様な社会を知るのも留学の目的の1つです。現地の友達とランチ
Nさんのランチ仲間。多文化社会のニュージーランドにはアジア圏の人々もたくさん住んでいます。多様な社会を知るのも留学の目的の1つです。
一緒に留学した友達と観光を楽しむWさん。ニュージーランドの豊かな自然も体験しました。休日にはニュージーランドの自然を満喫
一緒に留学した友達と観光を楽しむWさん。ニュージーランドの豊かな自然も体験しました。
ニュージーランドでの授業風景。ICT機器も最先端のものが導入されていました。現地の高校生と一緒に英語で学ぶ毎日
ニュージーランドでの授業風景。ICT機器も最先端のものが導入されていました。
Hさん。現地校の先生と。ニュージーランドの学校では日本の授業とは違い、わからないところはどんどん聞かなくてはなりません。先生との距離も、自然と縮まりました。現地校でお世話になった先生と一緒に
Hさん。現地校の先生と。ニュージーランドの学校では日本の授業とは違い、わからないところはどんどん聞かなくてはなりません。先生との距離も、自然と縮まりました。
さまざまな国から来た留学生との交流の場でも、使う言葉は「英語」。留学生同士だとリラックスして話せたそうです。留学生同士の交流の機会もありました
さまざまな国から来た留学生との交流の場でも、使う言葉は「英語」。留学生同士だとリラックスして話せたそうです。

(この記事は『私立中高進学通信2017年12月号』に掲載しました。)

田園調布学園中等部  

〒158-8512 東京都世田谷区東玉川2-21-8
TEL:03-3727-6121

進学通信掲載情報

【実践報告 私学の授業】“つなぐ”ことで思考が深まる教科横断型の授業
【SCHOOL UPDATE】第二校舎~創造探究棟~の授業 多彩な「教科横断型授業」で知識と感性を“つなぐ”
【注目のPICK UP TOPIC!】情報収集、情報発信にフル活用 双方向の授業を拡充する
【キャンパスのビジョン】“人生100年時代”を生きる生徒へ 第二校舎~創造探究棟~
【その先に備えるキャリア教育】統計 “統計”教育によって社会で必要なスキルを身につける
【私学の英語最前線】高い英語力を維持する少人数制『取り出し授業』
【SCHOOL UPDATE】“未来へつなぐ土曜日”で外の世界へ一歩を踏み出す
【グローバル時代の学び方】ニュージーランドで学ぶターム留学がスタート
【6年間の指導メソッド】英語で主体的に発信できる生徒を育てる
【私学だからできるオリジナル教育】時代に合わせて進化 『土曜プログラム』講座
【注目のPICK UP TOPIC!】人としての「根っこ」を育てる6年間
【私学の光輝】なでしこ祭 Breakthrough“伝統と新しさ”を発信する場
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】思考力の高い生徒を育てる協同探求型授業
【SCHOOL UPDATE】オルセースクールミュージアム 21世紀型の主体力を育てる!!
【注目のPICK UP TOPIC!】友と重ねた毎日が今の自分に活きている
【SCHOOL UPDATE】土曜プログラム(コアプログラム) 発達に応じた多彩なテーマで「21世紀型スキル」を磨く
【10年後のグローバル社会へのミッション】自ら考え発信する「21世紀型スキル」を養う
【学びのプロセス】未来へつなぐ21世紀型スキル
【全人教室│心を育む私学の授業】21世紀型スキルを育む 土曜プログラムが進化・深化します
【On Going! 進歩する私学の注目情報】他との調和を図れる人間性を重視した国際人教育へ
進学通信2017年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ