Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年12月号

グローバル時代の学び方

春日部共栄中学校

体験型プログラム重視のバンクーバー語学研修

海外での異文化交流で多様性に富む社会に触れる
ブリティッシュコロンビア大学にてESLの授業を受ける生徒たち。オールイングリッシュの授業に最初は戸惑ったものの、先生のリードですぐに慣れたそうです。

ブリティッシュコロンビア大学にてESLの授業を受ける生徒たち。
オールイングリッシュの授業に最初は戸惑ったものの、先生のリードですぐに慣れたそうです。

現地の有名大学で学ぶ研修内容に刷新

 国際社会で活躍できるリーダーの育成をめざす同校。外国人講師と3日間を過ごす「グローバルイングリッシュプログラム」(中1・中2対象)や、約10日間にわたり英語圏の大学生と一緒に学ぶ「K-SEP」(中3対象)など、意欲的な取り組みを多彩に行っています。その成果を活かすのが、中3の夏休みにカナダのバンクーバーで行われる語学研修。希望制ながら今年度は中3生が104名、参加しました。

 昨年度までは、同じくカナダのトロントで語学を中心にした海外研修を行ってきましたが、今年度からは内容を刷新。滞在期間を3週間に設定し、ESL※やホームステイなどのプログラムは残しつつ、現地でしか体験できないものづくりやカナダの歴史に触れるアクティビティを大幅に追加しました。その背景には、語学を学ぶだけでなく、異文化交流によって、他国の文化への理解を深めてほしいという意図があります。

 また、中学生の段階で海外の大学に興味をもってもらうため、世界でも有数の名門大学であるブリティッシュコロンビア大学での滞在もプランに取り入れました。

「今後は日本人も自然に海外の大学を選択する時代になると思います。それも見据えてのプログラムです」

 と教頭の星善博先生は話します。

※ESL=「English as a second language」の略。英語が母語ではない学生のために設けられた英語プログラム。

講義と体験をリンクさせ総合的な学びにつなげる

 バンクーバーでは、最初の2週間をブリティッシュコロンビア大学の学生寮に滞在。午前中は実践的なESLのレッスン、午後はスポーツ、フィールドワーク、伝統工芸体験、現地の博物館訪問などの体験型プログラムを行います。

「自然史博物館に行く予定のある日は、午前のESLの授業でその背景を学ぶなど、知識と体験を連動させるよう、プログラムも工夫をしました。これが功を奏して、皆、大変意欲的に取り組んでいました」(角谷寛人先生)

 最後の1週間は現地の家庭にホームステイをしながら、プライベートスクール(私立高校)で英会話のレッスンを受けます。ホームステイ中はホストファミリーと観光に出かけるなど、交流を深めます。

「バンクーバー語学研修は本校がめざす“本物に触れる”教育の実践です。早いうちから英語圏でオールイングリッシュの授業や文化を体験することで、英語そのものへの理解が深まり、その後の学びのモチベーションが上がります。中学生のうちにこの研修を行うのには、そういった理由があるのです」(星先生)

 同校の教育ビジョンの柱は『大学までの人ではなく大学からの人へ』。バンクーバー語学研修をはじめ、6年間の多彩な語学教育は、生徒が大学卒業後の国際社会で活躍するための礎となるでしょう。

Interview
生徒たちそれぞれが成長した語学研修
道行く人に英語で話しかけるアンケートも体験!

道行く人に英語で話しかけるアンケートも体験!

バンクーバー語学研修に同行した先生方にお話をうかがいました。

語学研修で一番工夫したことを教えてください。

英語科/田辺友美先生英語科/田辺友美先生

田辺先生
今回、体験型のプログラムを加えるということで、研修の内容をガラリと変えました。現地で生徒が道行く人に直接話しかけて、アンケートをとる活動もあります。事前準備にも時間をかけたこともあり、生徒たちは積極的に動いていました。

高山先生
現地での体験が生徒にいかに還元されるかに気を遣いました。本校の教員が深く関わってプログラムの隅々にまで気を配り、作り上げたのが、本年度の研修の大きな変化ではないでしょうか。

寮生活やホームステイに関しては、どんなサポートを?

田辺先生
ESLの授業では、現地の先生を頼ってほしかったので、私たちのかかわりは最小限にしました。逆に、生徒がホームシックにかかったり、急に熱が出て病院に行かなくてはならなかったりという場合は、私たちが全面的にサポートをしました。

英語科/角谷寛人先生英語科/角谷寛人先生

角谷先生
ホストファミリーとコミュニケーションがうまく取れないこともあるのですが、そういう場合は私たち教員がホストファミリーとコミュニケーションを取って、改善策を話し合いました。

田辺先生
ただ、なるべく生徒が自分で解決するようには指導していました。例えば食事が足りないなら「こういう表現でおかわりを伝えてみたら?」とアドバイスしたりですね。

語学研修を経て、生徒たちの変化は?

田辺先生
英語の授業であまり話せなかった生徒が、ホームステイ先では積極的にコミュニケーションを取ろうとがんばっている姿を見て驚きました。

角谷先生
今年から中3は全員、英検を受検する取り組みが始まったのですが、自ら「上の級を受ける」と言ってくる生徒もいて、気持ちが前向きになっているのを感じました。

数学科/高山遼先生数学科/高山遼先生

高山先生
生徒たちが英語に対して“やらなきゃ”と意気込んでいるのを感じます。これが帰国後の行動につながるようにサポートしていきます。

Interview
バンクーバー語学研修での思い出を聞いてみました
増茂ましも のぞみさん(中3)

「ブリティッシュコロンビア大学の構内は日本では考えられないほど広かったです。体験では伝統工芸のドリームキャッチャー作りが印象に残りました。見るのも初めてでしたが、英語の説明を聞きながら一生懸命作りました」

斉藤さいとう ひかるさん(中3)

「ホストファミリーとは地元の市場を訪れるなど楽しい時間を過ごしました。言葉が伝わらないこともあり、“もっと勉強していけばよかった”と思ったので、これからは英語の勉強をがんばって、外国人とも普通に話せるようになりたいです」

増茂望さん(左)と斉藤光さん(右)。3週間の研修で、積極的に英語を話す姿勢が身についたそうです。

増茂望さん(左)と斉藤光さん(右)。3週間の研修で、積極的に英語を話す姿勢が身についたそうです。

Action Report File001
10日間、英語だけで行う同校独自のプログラム
「K-SEP」(Kyoei Summer English Program)
ネイティブの先生と触れ合い国際感覚と英語力を鍛えます

ネイティブの先生と触れ合い国際感覚と英語力を鍛えます

 中3の7月に実施される「K-SEP」は、10日間、ほかの科目の授業を一切入れず、英語だけを徹底的に学ぶプログラムです。

 同校にカナダの大学生などを招き、生徒たちは小グループに分かれ、英語を楽しく学びつつ、英語の4技能を高められるような内容になっています。バンクーバー語学研修を間近に控えた時期に行われ、事前準備としても効果が高いと生徒たちにも好評です。

 最終日には英語圏の文化、あるいは日本の文化について、全員が英語でプレゼンテーションをします。生徒たちは充実した10日間を過ごし、最終日には涙を流してネイティブの先生たちとの別れを惜しむほどだそうです。

(この記事は『私立中高進学通信2017年12月号』に掲載しました。)

春日部共栄中学校  

〒344-0037 埼玉県春日部市上大増新田213
TEL:048-737-7611

進学通信掲載情報

【学校ってどんなところ?生徒の一日】早朝から放課後まで充実の学校生活を紹介!
【未来を切り拓くグローバル教育】バンクーバー語学研修で英語が“使える”生徒を育む
【Students' Chat Spot】学校行事を通じてクラスの結束力が強くなりました
【Students' Chat Spot】勉強も行事も部活動も、日々アクティブに取り組む
【グローバル時代の学び方】体験型プログラム重視のバンクーバー語学研修
【SCHOOL UPDATE】新体育館『至誠館』完成 建学の礎「至誠一貫」のもと知・徳・体を育むために
【注目のPICK UP TOPIC!】基礎の積み重ねが学習の確かな土台を築く
【学校生活ハイライト】学びも行事も一生懸命に取り組む それが春日部共栄のスタイル
【グローバル時代の学び方】海外大学への進学を視野に『K-SEP』で英語力強化
【10年後のグローバル社会へのミッション】“使える英語”のために 実践を重視した充実の独自プログラム
【学校生活ハイライト】「Our World」をテーマに生徒、先生、保護者、地域の人々もみんなが一つになる藤桐祭
【私学の先生から受験生へのアドバイス】基礎力と考える力を問う良問を出題 入試種別が一部変更で門戸拡大!
【私学の光輝】K‐SEP
【Students' Chat Spot】勉強にもスポーツにも高い目標を持つ文武両道の生徒たち
進学通信2017年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ