Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年12月号

熱中!部活動

成城中学校

成功体験の繰り返しが向上心をかきたてる

それぞれが自立しながらも互いに教え合う一体感
体操部
難しい鉄棒へも挑戦します。ダイナミックな技に挑む表情は真剣そのもの。

難しい鉄棒へも挑戦します。ダイナミックな技に挑む表情は真剣そのもの。

 昭和6年の創部から80年以上の歴史を誇る体操部。昨年度から2年連続で関東大会に進出し、その躍進が注目されています。

 近年の好成績から、経験者の入部も増えていますが、それでも初心者からのスタートが多数を占め、中1の段階では半年から1年かけてしっかりと基本技術を習得し、同時に競技者としてのマナーやルールを学びます。中2になり、十分に基礎が身についた時点で、部員たちは自身の考えで練習に取り組んでいきます。

 中学の体操競技は、ゆか・あん馬・跳馬・鉄棒の4種目。団体戦は、あん馬を除いた3種目で競います。大会に出場して好成績を収めることを目標にしている部員は、全種目の上達に励みますが、身体を動かす楽しさを目的に活動している部員は、得意種目を集中して練習するケースが多いようです。部の方針として自主性を尊重しているため、どのようなスタンスで練習に臨むかは個々の判断にゆだねられており、生徒たちは自立した考えをもって部活動に参加しています。

「体操競技の魅力は、成功体験を繰り返し得られることです。バック転なら1~2週間で習得できますし、新しい技を覚えるたびに、それが次の技に挑戦するモチベーションになり、向上心が身につきます」
(体操部顧問/古志野潤哉先生)

 部員同士の風通しが良く、和気あいあいとした雰囲気が体操部の特徴。練習中も、高2生が中1生にアドバイスを送るなど、個人競技でありながら一体感が感じられます。

 体操部を一つにまとめる行事として挙げられるのが、文化祭です。全部員で披露する「成城マッスルミュージカル」は、夏休みに3泊4日の合宿を組んで挑むほどの熱の入れよう。高2生を中心に生徒たちが演出から手がけ、一つの演目を全員でつくりあげます。試合への出場機会のない部員にとっては、練習の成果を家族や学友に披露できる貴重な場であり、喝采を浴びることで大きな自信につながります。

体操の基本、倒立の練習。初心者からスタートした部員も、練習で体幹が鍛えられ、美しい姿勢を保てるようになります。体操の基本、倒立の練習。初心者からスタートした部員も、練習で体幹が鍛えられ、美しい姿勢を保てるようになります。
1つの技をマスターしたら、さらに難易度の高い技の習得を目指します。ひねりを加えたり、回転数を増やしたり、ステップアップのたびに達成感を味わえます。1つの技をマスターしたら、さらに難易度の高い技の習得を目指します。ひねりを加えたり、回転数を増やしたり、ステップアップのたびに達成感を味わえます。
「自主性を大切にする」という顧問の古志野先生(後列右端)の指導のもと、着実に力をつけてきた体操部のメンバー。練習場は、体操競技6種目すべての器具が設置され、空調も完備。中高としてはトップクラスの環境です。「自主性を大切にする」という顧問の古志野先生(後列右端)の指導のもと、着実に力をつけてきた体操部のメンバー。練習場は、体操競技6種目すべての器具が設置され、空調も完備。中高としてはトップクラスの環境です。
タブレットを用いて動画で動きをチェックすることで、改善点を把握。部員同士でアドバイスを交わし、競い合って成長します。タブレットを用いて動画で動きをチェックすることで、改善点を把握。部員同士でアドバイスを交わし、競い合って成長します。
高校に上がると、つり輪も競技種目に加わります。部長でエースの窪井さんも特訓中。高校に上がると、つり輪も競技種目に加わります。部長でエースの窪井さんも特訓中。
平行棒も、高校から加わる種目です。中高6学年が、互いに刺激を受けながら練習に励んでいます。平行棒も、高校から加わる種目です。中高6学年が、互いに刺激を受けながら練習に励んでいます。
体操部部長 窪井勇紀さん(高2)
体操部部長 窪井勇紀さん(高2)

「設備が充実していて、また、古志野先生の指導を受けられるということで、成城で体操をやりたいと思い、入学しました。体操は身体一つで表現できるのが魅力です。部長として、仲のいい雰囲気を保ちながらも、全員の技術をレベルアップしていけるような部活にしたいです」

■活動日/活動時間 月・火・木・土・日 15:45~18:00
※休日は9:00~13:00
■部員数 中1=2名 中2=3名 中3=6名 高1=7名 高2=4名 高3=5名
■主な実績 ・2016年度
東京都中学校体操競技春季大会
団体総合2位
東京都中学校体操競技選手権大会
(関東大会予選)団体総合2位
東京都中学校体操競技新人大会
団体総合優勝(2連覇)

(この記事は『私立中高進学通信2017年12月号』に掲載しました。)

成城中学校  

〒162-8670 東京都新宿区原町3-87
TEL:03-3341-6141

進学通信掲載情報

【学校生活ハイライト】青春を捧げて一つのチームを作る男子校ならではの「ウォーターボーイズ」
【熱中!部活動】演奏会で感じる仲間との絆息が合った瞬間に感じる達成感
【中1の始め方】成功も失敗も成長の糧に!自律的学習者を育む学校行事
【私学の光輝】「これで成城生になる!」伝統の臨海学校で“人間力”を磨く
【熱中!部活動】「絆を力に」心と絆で勝利をつかむ
【中1の始め方】失敗も、成長の糧に!好きなことへのチャレンジを応援したい
【熱中!部活動】【体操部】成功体験の繰り返しが向上心をかきたてる
【学校生活ハイライト】「知・仁・勇」の精神で学ぶ 成城版グローバル教育
【目標にLock On!! 私の成長Story】「何を大切に、どう生きるか」中高の学校生活にその学びがありました
【Students' Chat Spot】臨海学校がリーダー教育の象徴である同校
【こどもの自立を促す教育】これからの時代をたくましく生きる人間力の高い男子を育成
【校長が語る 思春期の伸ばし方】「迷ったら前に出よ」 “勇”の精神が自立へと導く
【SCHOOL UPDATE】オーストラリア・グローバルリーダー研修 自分の生き方を考える 12日間
【大学合格力強化計画】生徒の希望進路実現にこだわった 6年間の教育プログラム
【キャンパス歩き】グローバル時代のリーダー育成 多様な活躍の場を与えてくれる新校舎
【その先に備える キャリア教育】独自のプログラムを通じて“知・仁・勇”を備えたリーダーを育成
【めざせ 次代のグローバルリーダー】創立以来の教育理念を守りながら 時代の変化に合わせたリーダー育成に力を注ぐ
【On Going! 進歩する私学の注目情報】より勇ましく よりグローバルに伝統の男子校が進化する
進学通信2017年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ