LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年11月号

SCHOOL UPDATE

明治大学付属明治中学校

明治大学・明治高等学校連携サマーセミナー
高大連携セミナーで
将来のキャリア設計を描く

明治大学中野キャンパスの高層棟で行われた講座。気になる分野への興味がさらに深まります。

 明治大学の直属校として「質実剛健」「独立自治」の精神を育み、中学から大学までの10カ年一貫教育を推進している同校。高大連携プログラムも積極的に導入しており、簿記などの資格取得のサポートや英語力の向上、将来の進路決定のための高大連携のセミナーなどが充実しています。

 8月のサマーセミナーでは、明治大学の教授を講師に迎え「簿記講座」「TEAP講座」「プログラミング入門」「人工知能」などがテーマの個性豊かな全18講座が並びました。その中でも、今年新たに登場した、最先端のVR技術(※)が体験できる総合数理学部による講座には、同学部への進学を希望する高1から高3の生徒が参加しました。

「今の世の中の最前線にあるVR装置を〝体験すること〟がねらいです。手を使った操作や歩行による移動といった各装置の特徴を把握したり、360度の映像が撮れる全天球カメラを使って現実には体験できないようなVR動画作成に挑戦することで、VRの今後の可能性に興味を持ってもらいたいと思います。」
(明治大学/橋本直准教授)

 生徒たちは大学の最新設備を使って先端メディアに触れ、将来へのビジョンをより明確に描いていきます。

※VR:現実ではないが本物のような体験をユーザーの五感を通して作り出す技術。

最新のVRシステムで作り出す”仮想現実”の世界を体験
現在ポピュラーな3種類のVRシステム「Oculus Rift」「HTC Vive」「PlayStation VR」をそれぞれ体験し、違いなどを比較します。現在ポピュラーな3種類のVRシステム「Oculus Rift」「HTC Vive」「PlayStation VR」をそれぞれ体験し、違いなどを比較します。
「VRは新たな表現手法として大きな可能性があるので、映画などの表現に興味がある生徒にも関心を持ってほしいです」(明治大学/福地健太郎准教授/写真左)「VRは新たな表現手法として大きな可能性があるので、映画などの表現に興味がある生徒にも関心を持ってほしいです」(明治大学/福地健太郎准教授/写真左)
自分たちが撮影したVR動画を鑑賞。初めての作品に笑顔がこぼれます。自分たちが撮影したVR動画を鑑賞。初めての作品に笑顔がこぼれます。
全天球カメラで自ら撮影した臨場感ある動画を鑑賞
360°の風景を撮影できる全天球カメラを使って、自分たちで企画・ストーリー作成をしたVR動画を撮影。写真の様子は、車いす利用者の目線に立った動画を撮影しているところ。360°の風景を撮影できる全天球カメラを使って、自分たちで企画・ストーリー作成をしたVR動画を撮影。写真の様子は、車いす利用者の目線に立った動画を撮影しているところ。
自身が撮影した動画のタイトルや企画意図などを、参加者全員の前でプレゼンテーションしました。自身が撮影した動画のタイトルや企画意図などを、参加者全員の前でプレゼンテーションしました。
授業の最後には、スマートフォンをはめ込んで使う段ボール製のVRゴーグルの簡易キットも配られました。授業の最後には、スマートフォンをはめ込んで使う段ボール製のVRゴーグルの簡易キットも配られました。
参加者の生徒たち。「全天球カメラは、VRで見ることを考えて撮影する点が難しいのと同時に、刺激的な体験で楽しかったです。」(高2・小林大翔さん/写真、後列)参加者の生徒たち。「全天球カメラは、VRで見ることを考えて撮影する点が難しいのと同時に、刺激的な体験で楽しかったです。」(高2・小林大翔さん/写真、後列)

(この記事は『私立中高進学通信2017年11月号』に掲載しました。)

明治大学付属明治中学校  

〒182-0033 東京都調布市富士見町4-23-25
TEL:042-444-9100

進学通信掲載情報

進学通信2017年11月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ