LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年10月号

中学入試のポイント

東邦大学付属東邦中学校

人気の推薦入試“東邦型”は変わらず

2017年度入試から導入された推薦入試は、同校を第一志望とする生徒のための入試として始まりました。完全中高一貫化でますます注目が集まります。
前期・後期日程に照準を合わせた勉強を

 2017年度入試で大きな話題を呼んだ同校の推薦入試。通常の入試よりも早い12月の実施とあり、受験生の間ではさまざまな憶測が飛び交いました。一般入試よりも難易度が上がるのか下がるのか。さらに、1カ月早く入試対策を仕上げておく必要があるのかなど、初の試みに期待と不安が入り交じりました。同校の推薦入試にはどのような対策が必要なのでしょうか。

「12月1日と早い時期の入試ですが、対策は従来の前・後期日程の入試に向けての準備で大丈夫です。早く仕上がっている必要はありません」

 と広報部長の上野唯一先生。

 2017年度入試から帰国生選抜入試以外の高校募集を停止し、完全中高一貫となった同校。それと同時に始まったのが中学の推薦入試です。推薦入試は通常入試と同じく国語、算数、理科、社会科の4教科。これに加えて受験生本人が書く自己推薦書の提出が必要になります。

 推薦入試の定員は帰国生を含めて男女計30人。千葉県屈指の名門である同校の合格を早い時期に手にできるとあって、2017年度入試では驚異的な倍率となりました。

「本校を第一志望としてくれる方がほとんどで、大変うれしく感じました。我々が入試で見たいのは知識の豊富さではなく、考える力があるかどうかです。ですから、問題も思考力を問うものが多いです。地図を見て、その面積を求めたり、図表を読み取ったりする問題です。
 これらは問題の中にヒントや答えが隠されていることがほとんどです。しっかりと問題文を読み、資料を見ることができれば決して難しい問題ではありません。この傾向は、1月に行われる通常の前期・後期入試も同じです。推薦入試においても“東邦型”の入試対策をしていただければ大丈夫です」

入試で見るのは可能性とモチベーション

 推薦入試に特別な対策は必要ないものの“東邦型”入試を研究する必要はありそうです。近年、中学入試では論述型の問題を出す学校が増えていますが、同校ではこうした問題を採用せず、一貫して従来通りの問題形式をとり続けています。例えば国語では、他校と比べて選択問題が多いといわれています。論述式を採用する他校の対策と同時に勉強するには注意が必要です。

「考える力があれば、書く力は入学してからでも十分伸ばせると考えています。中高一貫化で、カリキュラムを6年という大きな枠で考えられるようになり、自由度が増しました。そのため、自分の考えを表現するための学習を、中学から多く取り入れています」

 と上野先生。入試で論述式を導入しないのは、そういったポリシーがあるからなのです。

「入試では思考力、生徒の持つ可能性、モチベーションの高さを見ています。何度も過去の入試問題を解く練習をすれば、傾向が見えてくるはずです」

 粘り強く考えれば必ず解ける選択問題。しかし、場合により、受験生にとって“魔の問題”にもなりえます。

「選択問題=簡単と勘違いしやすいですが、選択肢が似ている場合は、どちらが正しいのかを正確に判断しなくてはいけません。ある意味、自分の言葉で書いた方が簡単ということもあるわけです。問題を読み込む、資料を読み解く、選択肢から正解を見抜く力を養ってください」

 限られた時間の中で、確実な正解を導くための訓練が必要となります。

「推薦入試は前期・後期入試に向けて勉強をしている人が受けやすい内容で入試時期が早い分、その時点での力を測る内容となっています。本校を第一志望とする方には、ぜひ挑戦していただきたいです」

 推薦入試の登場で同校への合格チャンスは3回へと広がりました。第一志望とするならば、同校の過去の入試問題にじっくりと取り組むことが重要です。

(この記事は『私立中高進学通信2017年10月号』に掲載しました。)

東邦大学付属東邦中学校  

〒275-8511 千葉県習志野市泉町2-1-37
TEL:047-472-8191

進学通信掲載情報

【私学の校外学習・学外交流】「物語」に描かれた世界を体験し知的好奇心を満たす 東京探見・物語散歩
【中学入試のポイント】“読み解く力”が鍵を握る東邦型の選択問題
【Students' Chat Spot】自由な雰囲気の中で自分のやりたいことに邁進できる学校です
【みんな大好きキャンパス食堂】明るくゆったりとした自慢のカフェテリア
【中学入試のポイント】人気の推薦入試“東邦型”は変わらず
【校長が語る 思春期の伸ばし方】難しい思春期も『ピンチはチャンス』豊富な体験で、大きく成長します
【目標にLock On!! 私の成長Story】モチベーションの低かった僕を変えた 熱血先生の指導と一冊の本との出会い
【6年間の指導メソッド】徹底したリベラルアーツから高い専門性を
【グローバル時代の学び方】日常的に異文化に触れ多様性への理解を深める
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】完全中高一貫化で リベラルアーツ型学習を基本に自分探し学習をさらに推進
【学校生活ハイライト】約1年間をかけて全力で取り組んだ『銀杏祭』 素顔の東邦生が躍動するAmazingな2日間
【The Voice 新校長インタビュー】柔軟な想像力を得る体験に満ちた 中高6カ年の学校生活
【私学の先生から受験生へのアドバイス】完全中高一貫化を控え新カリキュラムが始動 不変の教育理念に基づく出題
【Students' Chat Spot】帰国生の受け入れ、留学生の受け入れ、長期・短期留学を軸に国際化を進める
【大学合格力強化計画】安定した実績の土台を成す『リベラルアーツ型』のカリキュラムと豊富な進路探求の機会
進学通信2017年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ