LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年10月号

生徒の未来対応型学校へバージョンアップ

安田学園中学校

各コース制で重視する英語
大学入試改革に対応し4技能の総合力を伸ばす

チームティーチング授業では、日本語を英語に置き換えるのではなく、英語で考え英語で書き、話す授業を展開します。

チームティーチング授業では、日本語を英語に置き換えるのではなく、英語で考え英語で書き、話す授業を展開します。

大学入試改革で変わる英語への取り組み

『自学創造』の教育目標にもとづき『先進』『総合』『特英』の3コース制を導入している同校。一人ひとりが進路目標に向けた学びが実践できるように、2020年に照準を合わせて6年間の英語学習のスケジュールを組み立てています。

「中1~高2の5年間で履習内容を終え、高3で志望校別の演習に入れるようにカリキュラムを作成しています。志望校の過去の入試問題を初めて解いたときに“できる”感覚を持たせたいのです」(英語主任/大西洋平先生)

 大学入試改革への対応策の一つとして同校では、学校をあげて英語検定の取得に取り組んでいます。大学入試では2020年から、英検やTOEICなど民間の英語資格試験のスコアを利用して合否判定をする大学が増えることが予想されているからです。すでに変化を先取りして、スコアを大学入試センター試験の英語に換算する大学も出始めています。

 同校では高2終了の時点で、『先進コース』と『特英コース』は英検準1級、『総合コース』は2級の取得を目安に、中学から英検受検と対策学習を徹底。現時点で中2での到達目標として設定した級は、ほぼ達成されています。このままでいけば、高2で2級、準1級が確実に射程圏内に入ってきます。

 英語は大学入試のためだけにあるのではありませんが、大学生活や社会に出てからもその大切さは重みを増していくばかりです。しかも、現在の英検は改革後の大学入試で求められる4技能型に移行しています。こうした環境に対応できる生徒を送り出すには、高3の秋ではなく高2の2学期段階で英語の4技能「聞く・読む・話す・書く」がバランス良く身につけられるカリキュラムが必要です。

英作文を重視した指導で基礎基本を身につける

 確かな英語の実力を伸ばすために、授業ではどのような指導がなされているのでしょうか。

「中1・中2では文章で意思や考えを表現できるように、英作文を重視しています。日本語の文章を英文にする、今日あった出来事を英文で日記に書くなど、日本語で考えたことを英語で書かせ、ライティングの土台となる語彙と文法はとくにていねいに指導します。語彙・文法力がなければ貧弱な表現しかできません。この点は大学入試が変わっても、重点的に学ぶべきことに変わりはないと思います」

 英作文の朝テスト『習熟度チェックテスト』は、3コースすべてで週2回実施され、正解が8割に満たない場合は放課後の補習で再チャレンジする決まりです。また、英語と数学の学習習慣を定着させるために、『学習法体得授業』を2時間連続の時間割で行っています。これは予習・復習の手順を示しながら学習法を学ぶ独自のプログラム。この授業があるから、充実した自学自習が行えると大変好評です。

「聞く・話す」の土台となる英会話の授業は、中1から週2時間設けています。

「ネイティブの先生たちのアイデアが抜群なんです。ゲームや歌を使ってコミュニケーションをする楽しさを生徒たちは存分に味わっていると思います。
 同時に4技能をバランス良く習得するには、語彙・文法の知識をしっかり定着させる必要があります。そこは日本人の先生方が受け持つ部分です。英語を好きになりながら、楽しく、確実にマスターする、両立をめざしています」

ココがポイント
6年間英語学習スケジュール
中1 中2 中3 高1 高2 高3
先進コース 先進コース
(文・理)
授業5時間
英会話2時間
授業5時間
英会話2時間
授業5時間
英会話2時間
カナダ語学研修
授業6時間
英会話1時間
授業6時間
英会話1時間
英国探究研修
授業7時間
国公立大コース
(文・理)
特英コース 特英コース(文・理)
総合コース 特別授業9時間
ニュージーランド語学研修
特別授業9時間 特別授業9時間
ニュージーランド語学研修
難関私大コース
(文・理)
授業5時間
英会話2時間
授業5時間
英会話2時間
総合コース 総合コース(文・理) 中堅私大コース
(文・理)
授業5時間
英会話2時間
オーストラリア語学研修
(希望制)
授業6時間
英会話1時間
授業6時間
英会話1時間
ニュージーランド語学研修
授業7時間
ココがポイント
コースごとの特徴は中3から
『特英コース』は『総合コース』から選抜

 各コース制の持ち味が出てくるのは中3からです。それまでは基礎となる土台固めを重視。『先進コース』『総合コース』ともに、授業時間数も全コース同じです。

 ハイレベルな英語の総合力を身につけたい生徒へ向けた『特英コース』は、中3で『総合コース』からの選抜。ネイティブの先生と日本人の先生によるチームティーチングで、週9時間の授業を行い、英語で英語を学ぶ方法で実践的な英語力を磨いていきます。英語でのスピーチやプレゼンテーション、ディベートなども積極的に行い、英語で論理的に考え、アウトプットできる生徒を育てることが目標です。

ココがポイント
英語を使うさまざまなチャンスを用意
多彩な海外語学研修と英語関連行事
『先進コース』中3のカナダ語学研修。ホームステイと語学学校の授業でみっちり学び、相当な英語力が身につきます。「中高で海外体験をすると、大学入学以降の留学のモチベーションになると考えています」(大西先生)『先進コース』中3のカナダ語学研修。ホームステイと語学学校の授業でみっちり学び、相当な英語力が身につきます。「中高で海外体験をすると、大学入学以降の留学のモチベーションになると考えています」(大西先生)

 海外体験ができる語学研修は、選択に迷うほど豊富に用意されています。『先進コース』の中3では、学年全員が夏休みに約3週間かけてカナダ語学研修に参加。西海岸のビクトリアにある5つの語学学校に数名ずつ分かれて通うプログラムになっています。滞在先でホームステイしながら、学校で他国の生徒とともに授業を受け、日常生活の中で英語力を磨いていきます。希望すれば中2や高1・高2も参加できるので連続して参加する生徒もいるそうです。

 高2になると「探究」の授業で作成した論文を英語に翻訳し、イギリスの大学で発表するプログラムも行います。発表後のディスカッションでイギリスの学生の意見も聞き、国際的な視野が広がります。

『特英コース』は中3の3月にニュージーランド語学研修を実施し、3週間のホームステイを体験。自分の英語力を磨く絶好のチャンスとなっています。また、『総合コース』でも今年度から中3の希望者を対象にオーストラリア語学研修の制度を作りました。

 そのほかにも中学では九十九里浜で行うイングリッシュキャンプ、高1対象の短期留学制度、スピーチコンテスト、英単語コンテストなど英語に関する行事が盛りだくさん。『特英』以外のコースでも、意欲があれば海外に出ていくチャンスを十分に保障しています。英語が好きという生徒にとって、学びがいのある環境といえます。

「年々、生徒の要求レベルが上がってきて、昨年と同じことをしていては満足できないという生徒たちがたくさんいます。その声に応えていきたいと思っています」(大西先生)

(この記事は『私立中高進学通信2017年10月号』に掲載しました。)

安田学園中学校  

〒130-8615 東京都墨田区横網2-2-25
TEL:03-3624-2666

進学通信掲載情報

【6年間の指導メソッド】学ぶ力をつける『学び力伸長システム』
【私学の英語最前線】学校を挙げて「英検」受検 準2級合格者が続々
【グローバル時代の学び方】疑問・仮説・検証を繰り返し論理的思考力を磨く『探究』
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】各コース制で重視する英語 大学入試改革に対応し4技能の総合力を伸ばす
【SCHOOL UPDATE】新1年生宿泊オリエンテーション 入学前から育む友情と礼儀
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】興味の方向を広げ、将来の選択肢を増やす 『自学創造』の精神で磨かれる論理的思考と自分だけの表現力
【Students' Chat Spot】グローバル社会に貢献する人材の育成
【その先に備えるキャリア教育】貢献 「なりたい自分」を見出す そのための貴重な90時間
【熱中!部活動】共学化でより活発に活動!人気の高まる文化系クラブ
【10年後のグローバル社会へのミッション】英語力と人間力を身につけグローバル社会を生き抜く
【大学合格力強化計画】現役合格力を伸ばす多彩な学習プログラム 学校一丸で生徒を支援する
【授業発見伝】探究 創造的学力を身につけ社会の即戦力へ
【Students' Chat Spot】新校舎、男女共学化 魅力満載の新しい学習環境
【制服Collection】2015年4月男女共学スタート!新しい試みに満ちた制服はグレー基調のすっきりスタイル
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】信頼関係づくりは入学式“前”の『宿泊オリエンテーション』で
進学通信2017年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ