Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年9月号

SCHOOL UPDATE

世田谷学園中学校

体育競技会から『体育祭』へ
学年の壁を越え喜びを分かち合うために

騎手の頭にある白札を奪い取れば勝利する『騎馬戦』。危険行為を防ぐため、教員や実行委員らの監視がしっかりと行われています。

騎手の頭にある白札を奪い取れば勝利する『騎馬戦』。
危険行為を防ぐため、教員や実行委員らの監視がしっかりと行われています。

左から、山口 徹くん(高1)、林 凜くん(高2)、高橋乃矢くん(高2)左から、山口 徹くん(高1)、林 凜くん(高2)、高橋乃矢くん(高2)

 6月1日(木)に代々木体育館で開催された『体育祭』。昨年度までは『体育競技会』の名称で回を重ねてきましたが、生徒たちによって自主的にリスタートが行われることとなりました。尽力した3人の高校生たちがその思いを語ります。

 歴代の生徒会が果たせなかった夢を実現した喜びを語るのは、生徒会長の高橋乃矢だいやくん(高2)です。

「今から4年前、『学年の壁を越え、多くの人と喜びを分かち合えるスポーツ大会の実現を!』と語った当時の生徒会長の“公約”を、ようやく僕たちの代で形にすることができました。中1から高3を5組の縦割りにし、5つのチームとして競い合うことで生まれる喜びを、学校全体で共有するきっかけにすることができました」

 “第1回目”となった『体育祭』に携わった手ごたえを具体的に語ってくれたのは、体育祭実行委員長の大役を務めた林凜くん(高2)です。

「全校生徒1400名が一堂に集う体育祭だけに、絶対に無事故で終える運営を誓って臨みました。本番を迎えるまで試行錯誤の連続でしたが、終了後に会場関係者から“後片付けまで完ぺきだった”と言われ、大きな手ごたえを感じました。来年度につながる大きな第一歩となったことを確信しています」

 先輩からのバトンを受け継いだのは今回、体育祭副実行委員長として活躍した山口徹くん(高1)です。彼の視線はすでに来年度の体育祭運営に向けられていました。

「良い意味で歴史がないので、新たな歴史を築いていくことにワクワクしています。次は僕らの代でさらに充実した体育祭にできるよう、みんなの声をどんどん聞いて取り入れていきたいと思っています」

 生徒主体の新たな体育祭からも、「明日をみつめて、今をひたすらに」「違いを認め合って、思いやりの心を」の学園モットーが定着していることがよく伝わってきました。

力を尽くして創り上げた生徒主体の一大行事
新たな体育祭の歴史がここから始まる!
大観衆が見守るアリーナの中央で行われた白熱の『綱引き』の様子。大観衆が見守るアリーナの中央で行われた白熱の『綱引き』の様子。
各部の威信をかけて競い合うことで盛り上がる『部活対抗リレー』。各部の威信をかけて競い合うことで盛り上がる『部活対抗リレー』。
赤組・青組・黄組・黒組・白組の5組で対抗する体育祭。学年を越えて集まったチームの力のこもった『応援合戦』が展開されました。赤組・青組・黄組・黒組・白組の5組で対抗する体育祭。学年を越えて集まったチームの力のこもった『応援合戦』が展開されました。
体育祭実行委員会のメンバーたちも全力でがんばりました。体育祭実行委員会のメンバーたちも全力でがんばりました。
飛び入り参加の先生方の笑顔も満開。まさに学校が一つになった体育祭でした。飛び入り参加の先生方の笑顔も満開。まさに学校が一つになった体育祭でした。

(この記事は『私立中高進学通信2017年9月号』に掲載しました。)

世田谷学園中学校  

〒154-0005 東京都世田谷区三宿1-16-31
TEL:03-3411-8661

進学通信掲載情報

進学通信2017年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ