Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年9月号

私学だからできるオリジナル教育

東京女学館中学校

生涯にわたって生きる感性を身につける授業

『品性を高め 真剣に学べ』を校訓に全人教育をめざす同校。どの教科もバランスよく学ぶのが特徴です。同校ならではの伝統的な学びで豊かな感性を育みます。
中3の家庭科はフランス刺繍の基礎を学びます。作品は11月の記念祭で見ることができます。

中3の家庭科はフランス刺繍の基礎を学びます。作品は11月の記念祭で見ることができます。

どの教科もバランスよく

 1888(明治21)年、伊藤博文のほか実業家の澁澤栄一、岩崎彌之助ら明治の名士により創設された同校。国際性を備えた知性豊かで気品ある女性の育成を教育理念に、約130年の歴史を誇ります。

 同校が実施する6年間のカリキュラムには、大学入試で求められる教科だけでなく、現代に生きる日本人ならば身につけておくべき知識や経験をバランスよく学べる科目・内容が充実しています。

 茶道や華道を通して学ぶ日本文化理解、世界を知る異文化理解教育、平和学習や環境教育、ボランティア学習など、さまざまな学びの場を設け、幅広い視野を育てています。

じっくり取り組むフランス刺繍

 技術・家庭科の授業では、中3になると1学期の後半から2学期にかけて「フランス刺繍」に取り組みます。

 今の生徒たちは「刺繍」という言葉は知っていますが、意識して見たり、実際にやってみる機会は少なくなっています。家庭科の安藤紀子先生は最も身近な「フランス刺繍」、着物などに見られる「日本刺繍」、リボンやビーズを使った刺繍など、身の回りにある「刺繍」を一つひとつていねいに紹介して意識づけしていきます。

 そのあと実際に刺繍道具を手にとり、刺繍糸と刺繍針の扱い方、基本のステッチから少しずつ学んでいきます。

合奏の楽しさを知るギターの調べ
高1の音楽はクラシックギターに挑戦。バッハの「ガボット」を弾きます。高1の音楽はクラシックギターに挑戦。バッハの「ガボット」を弾きます。

 高校になると芸術の授業は、音楽、美術、書道の3分野から1科目を選択します。高1の音楽ではクラシックギターとリコーダーの合奏を取り入れています。初めて伴奏に挑戦し、友人とのアンサンブルを経験するためです。

 課題曲はバッハの「ガボット」。授業前の休み時間から自主的に練習する姿も見られました。選択科目なので、どの生徒も前向きな気持ちで授業に臨んでいるのがわかります。

 刺繍やクラシックギターはともに自らの手を使い、形にしたり、表現したりするものです。自分だけでも、また友達同士でも取り組めます。

 デジタル化が進む現代社会だからこそ、時間をかけてスキルを磨き、自分の手で完成させることを大切にする心を育てたい。同校の取り組みには、この“真剣に学べ”の精神が長年受け継がれています。

中3ハンドメイドの原点「フランス刺繍」
手作りの楽しさを味わって手作りの楽しさを味わって
「手作りすることを通して、ものに愛着を感じ、身近にある物へ目を向ける姿勢を育んでいきたいです。そして手作りすることの楽しさも味わってほしいですね」(家庭科/安藤紀子先生)

 2時間続きの授業時間をフルに使い、その日のうちに刺繍道具の使い方やいくつかのステッチができるようにレッスン。自分でデザインした刺繍作品を11月の記念祭で展示するのが目標です。糸をほどくときにからまってしまったり、刺繍枠にぴんと布を張ることができなかったりと、失敗を経験しながら学んでいきます。

 同校の家庭科では、生活者としての基礎を身につけると共に、生活にうるおいをもたらす感性と技術をのばすことができるのです。

フランス刺繍の基本がまとめられたオリジナルプリント。フランス刺繍の基本がまとめられたオリジナルプリント。
束になった刺繍糸をほどくところから始めます。束になった刺繍糸をほどくところから始めます。
布目を見ながら、1針ずつ刺していきます。布目を見ながら、1針ずつ刺していきます。
友達と教え合う姿も。友達と教え合う姿も。
高1 音楽バッハのガボットをクラシックギターで奏でる
音楽から社会を見る目を持つ音楽から社会を見る目を持つ
「音楽を通して、技術面だけでなく世界の文化や価値観の違いにも触れてほしいですね。芸術を通して社会で生きる力を育てていきたいと思います」(音楽科/松本春佳先生)

 高1の後半にはバイオリンに取り組みますが、その前段階として弦楽器として親しみやすいクラシックギターを取り入れています。

 松本春佳先生は音楽が大好きな生徒たちの気持ちを汲んで、自主性を引き出すように授業を進めていきます。8小節進むごとに「すごくいいですね」「ギターの人がテンポを作りましょう」とアドバイス。16小節を通しでできたときは生徒全員が笑顔になっていました。

 生徒たちは器楽だけでなく歌うことも大好き。ギターの後はポップスの合唱アレンジバージョンを声を合わせて歌い授業を締めくくりました。

 歌舞伎を鑑賞して洋楽と邦楽の違いをレポートする、クラシック音楽作品を鑑賞して作曲家の表現意図をディスカッションするなど、音楽を通してこれからの社会で役立つ表現力と思考力を養います。

運指を確かめながら、ソロで演奏。運指を確かめながら、ソロで演奏。
ペアになってコードを口ずさみながらチャレンジ。左手で押さえた弦を右手で弾くのが難しい!ペアになってコードを口ずさみながらチャレンジ。左手で押さえた弦を右手で弾くのが難しい!
最後はミュージカルの名曲をピアノ伴奏で合唱。美しい歌声が響きます。最後はミュージカルの名曲をピアノ伴奏で合唱。美しい歌声が響きます。

(この記事は『私立中高進学通信2017年9月号』に掲載しました。)

東京女学館中学校  

〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-7-16
TEL:03-3400-0867

進学通信掲載情報

【私学の英語最前線】習熟度別・少人数制の新指導体制で英語力を強化
【コロナに負けない!私学のアクション】5月11日から全学年で1日6時間のオンライン授業 学びを止めない取り組み
【SCHOOL UPDATE】英語劇『ロミオとジュリエット』 英語力や表現力を磨き揺るぎない自信を得る
【その先に備えるキャリア教育】自覚 卒業後の目標を定め高校生の自覚を促す研修旅行
【目標にLock On!! 私の成長Story】思いやりや礼儀正しさ、協調性 母校での学びが卒業後も活きていると実感
【私学の校外学習・学外交流】「英語を使うのって楽しい!」と意欲的になるプログラムが満載
【学校生活ハイライト】日々の努力の成果を示して一人ひとりの個性が輝く
【私学だからできるオリジナル教育】生涯にわたって生きる感性を身につける授業
【注目のPICK UP TOPIC!】熱戦が繰り広げられた伝統の「体育大会」
【制服物語】2年後に創立130周年を迎える 歴史と伝統を持つ女子校
【熱中!部活動】好きなこと、得意なことを通じて また一歩、成長した自分に出会う!
【10年後のグローバル社会へのミッション】世界に羽ばたく女性の育成をめざす 伝統校の真の国際化教育
【私学の先生から受験生へのアドバイス】中学の学びは知識+思考力 ニュースや時事問題に関心を持とう
【制服Collection】80年以上前に定められた伝統の制服は誰もが憧れる清楚なセーラー服
【The Voice 新校長インタビュー】自分のことばに責任を持ち 表現し、伝えられる人物を育てます
進学通信2017年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ