LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年9月号

私学だからできるオリジナル教育

神田女学園中学校

『KANDAラーニング』がICT導入でさらに進化

2016年度から主体的な学習を進める授業スタイルをスタートさせた同校。今年からChromebookを導入し、より積極的な学びが実現できるようになりました。
先生にアドバイスされながら、主体的な学びを進める生徒たち。全員が集中して授業に取り組んでいました。

先生にアドバイスされながら、主体的な学びを進める生徒たち。全員が集中して授業に取り組んでいました。

授業内で先取り学習内容の理解を深める

『語学の神田』をキャッチフレーズに、実践的な教育を行ってきた同校。2016年度からは、同校独自のアクティブラーニング型学習『KANDAラーニング』をスタートさせています。『KANDAラーニング』では、先生が教える前に、まず問題を解いてみる、学習する内容の教科書や資料を読むなど、授業内で先取り学習を行い、生徒に疑問点が芽生えた状態で授業を行う学習スタイルです。授業後は必ず演習を行って学びを定着させ、その正解率で生徒たちがどの程度理解しているかを確かめています。

 演習は個々に解かせるだけでなくグループワークも取り入れ、より深く授業内容を定着させるように工夫を凝らしています。例えば、高1の社会科の授業では、現在学習中の内容に関連する大学入試問題を、4人ずつのグループに分かれて解いていました。

「高1生にとって、大学入試問題は1人で解くには難しく感じますが、グループで相談しながら解くと、答えも見えてくるものです。生徒たちはインターネットで調べたり、資料集を見直したり、それぞれ工夫しながら問題を解いています。早く解き終えたグループは、『もっと追加の問題がほしい』と言ってくることもあります。やりがいを感じているのが伝わってきます」

 と社会科の細川晋之祐先生は話します。

Chromebook導入で生徒の理解度も把握
教務部長 小堀美和先生教務部長
小堀美和先生

 この『KANDAラーニング』をより効果的にするために、2017年度から導入されたのが、Chromebookです。Chr-omebookはソフトのすべてをWebブラウザー上で動作するのが特徴のノートPC。面倒な設定も不要で、データはすべてクラウドに置く仕組みになっていて、情報の共有も非常に簡単に行えます。現在、中1と高1の学年全員がChromebookを使用。2018年度以降の入学生も、全員に導入する予定です。

「Chromebookの導入で板書する時間やプリント配布の時間が節約でき、その分、演習をする時間が確保できます。問題に取り組む、それを繰り返す。何度も解くことで、力をつけていく。そんな授業が実現できるようになりました」
(教務部長/小堀美和先生)

 Chromebookを介して生徒たちの解答をリアルタイムで一斉に見ることもできるので、入力した解答をチェックしながら、生徒それぞれに適切なアドバイスができます。先生が積極的に声かけをすることで、より活発で対話のある授業が実現しているそうです。

 また、Chromebookは先生たちの作業の効率化や情報収集にも役立っています。

社会科 細川晋之祐先生社会科
細川晋之祐先生

「Chromebookとの連動で、そのクラスで正解率の低い問題はどこなのかが一瞬でわかります。次回の授業ではそこを重点的に教えるなど、授業の指針にもなります。プリントを管理したり、統計を取る手間も省けて、とても助かっています」
(細川先生)

 空いた時間は、先生たちが問題作りや授業の準備に充てることができ、本来の学びがより充実したものになっています。今後は生徒や教員同士のやりとりがもっと増え、『KANDAラーニング』の精度もますます高まっていくでしょう。

授業で解く演習問題もChromebookに配信され、解答スペースに自分なりの答えを入力、先生が瞬時にチェックできます。授業で解く演習問題もChromebookに配信され、解答スペースに自分なりの答えを入力、先生が瞬時にチェックできます。
授業や演習の解説では、大型のスクリーンを使います。スクリーンとChromebookは連動しているので、個別の生徒の解答を表示するなどさまざまな使い方ができます。授業や演習の解説では、大型のスクリーンを使います。スクリーンとChromebookは連動しているので、個別の生徒の解答を表示するなどさまざまな使い方ができます。
模試や大学入試も意識
徹底して演習を繰り返す独自の授業スタイル
時間制限の中で、問題を解くことがいい意味での緊張感を生みます。宿題や自主学習に任せず、授業の中で一つひとつの単元をクリアしていきます。時間制限の中で、問題を解くことがいい意味での緊張感を生みます。宿題や自主学習に任せず、授業の中で一つひとつの単元をクリアしていきます。

 英語の授業でも「使える英語」にこだわり、実践力を重視する同校。模試や大学入試問題を取り入れ、授業内で徹底して演習を繰り返すのも『KANDAラーニング』ならではの取り組みです。

「従来のように演習を宿題にしてしまうと、ダラダラと何時間もかけて解くこともあり得ます。しかし、入試本番では時間が勝負。授業中の限られた時間内で演習をさせることで、本番に強くなる力を養成しています」(小堀先生)

 演習中心の授業は生徒のモチベーションにも大きく影響します。生徒たちは授業内で問題を解くことで「できた」という実感が湧き、「これでいいんだ」という成功体験を得ます。座学の授業で「わかった」つもりでいるよりも、格段に知識の定着が良いそうです。

「夢中になって問題に取り組むムードができています。『授業時間が短く感じられるようになった』といううれしい言葉が学校全体で増えました。授業時間中は頭の中が最大限にアクティブになっている状態ですし、いい緊張感が持続しています」(小堀先生)

ココが独自!
「スタディサプリ」で弱点克服
自分に合った予習・復習ができる『DEタイム』

 同校が月曜から金曜まで、毎日25分間の時間を取って実施しているのが『DE(Dev-elopmental Education)タイム』です。生徒のChromebookとリクルートが提供する『スタディサプリ』を連動させて、単元ごとに診断テストを行い、それぞれの弱点や苦手分野を洗い出していきます。

『DEタイム』は、自分の苦手分野に取り組む「学びなおし」の時間として設けられましたが、最近では生徒たちが得意な科目で主体的に先取り学習を始めているそうです。

「できる生徒は指示など待たずに先へ進める個別対応に近い形で進めています。復習はもちろん、予習にも効果があります」(小堀先生)

単元ごとにじっくりと取り組む復習だけでなく、先取り学習にも活用されています。単元ごとにじっくりと取り組む復習だけでなく、先取り学習にも活用されています。
『スタディサプリ』で動画による解説を見ることもできます。『スタディサプリ』で動画による解説を見ることもできます。

(この記事は『私立中高進学通信2017年9月号』に掲載しました。)

神田女学園中学校  

〒101-0064 東京都千代田区神田猿楽町2-3-6
TEL:03-6383-3751

進学通信掲載情報

【中学入試のポイント】多様な受験生を受け入れる努力の成果を示せる入試
【未来を切り拓くグローバル教育】中3から第二外国語を学びトリリンガルに!
【6年間の指導メソッド】伝統と革新が生み出す次世代の女子教育
【制服物語】時代に即した制服でグローバルマインドを育む
【グローバル時代の学び方】主体的な英語の学びを後押しする新拠点 新しい学びを生む『K-SALC』完成
【私学だからできるオリジナル教育】『KANDAラーニング』がICT導入でさらに進化
【グローバル時代の学び方】地球規模に視野を広げる独自の『プロジェクト学習』
【Students' Chat Spot】時代に即した女子教育を進めてきた同校 国際社会で活躍できる力を育成
【SCHOOL UPDATE】KANDAラーニング&DEタイム 毎日の25分間で基礎学力を向上させる
【学校生活ハイライト】生徒一人ひとりの“情熱”が結集 創意あふれる『姫竹祭』には「語学の神田」ならではの展示や劇も出展
【未来を生き抜く学力のつけかた】生徒自身で考え一人ひとりに適した進度で学ぶ『KANDAラーニング』
【10年後のグローバル社会へのミッション】グローバルクラスが探究型学習をリード
【めざせ 次代のグローバルリーダー】日本女性の感性で国際社会に貢献するために語学力と問題解決力を養う
【全人教室│心を育む私学の授業】地域活動から国際支援へ グローバルな視点を持ったヒューマニストになる!
【授業発見伝】英語 国際社会で活躍するために「使える英語」を身につける
進学通信2017年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ