LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年9月号

Students' Chat Spot

目黒学院中学校

積極的な発言が飛び交う活気ある授業! 自主性を伸ばせます。

校訓に「明朗・勤勉・礼節」を掲げる同校には、積極的に学ぶ心と生徒一人ひとりの個性を育む環境が整っています。仲良く一丸となって活動に取り組んでいる中学生徒会メンバーに集まってもらい、学校の魅力などを聞きました。

R.M くん (中2)R.M くん
(中2)

書記。英語教育に力を入れているのが魅力でこの学校に決めました。入部はせずに、外部で週2回、空手を習っています。

S.S さん (中2)S.S さん
(中2)

書記。小学生の時に経験のあったバスケットボール部に入部。まだシュート練習がメインですが、先輩後輩とも仲良しで楽しい部です。

S.Y さん (中3)S.Y さん
(中3)

生徒会長。中2から吹奏楽部に入部し、アルトサックスを担当。先輩がマンツーマンで指導してくれるので上達も早いです。

N.Y さん (中2)N.Y さん
(中2)

副会長。ピアニストになるのが夢で、一能・一芸入試で入学しました。ゴルフ部に所属して、腕を磨いています。

一問一答

――この学校の良いところ好きなところはどこですか?

R・Mくん
少人数なので、授業中でも質問や発表がしやすいです。クラスのみんなと仲良くなれるのも魅力です。

N・Yさん
自主性を尊重してくれます。先生が必要以上に口出しや手出しをすることもなく、「自分たちで考えて行動しよう」という方針なんです。

S・Yさん
生徒数が少ないからこそ、「自分がやらなきゃ!」と積極的になれる気がします。文化祭の時などは人手が足りなくて大変だけど、学年を越えて協力し合って補うんです。

S・Sさん
中高一緒に活動する部活動が多いところ。体育系だと力の差はありますが、高校生の指導で高いレベルをめざすことができます。先輩と後輩の距離が近く、上下関係が厳しすぎないのも良いですね。

――入学してみて感じたことや自身の変化について教えてください。

N・Yさん
校外学習が多くてびっくり。中1は江の島・鎌倉散策と富士登山、中2では岩手に行って東日本大震災について学んだり、スキー教室があったり。いろいろな体験ができます。

R・Mくん
教科も増えて、テストもどんどん難しくなり、勉強時間も長くなったところが小学生の時とは違うなあと思います。文化祭(梧林祭)も本格的です。中1の出し物に校外学習のプレゼン発表があり、パソコンを使い、写真などをたくさん取り入れて、わかりやすい発表を心掛けました。

S・Sさん
自分から手を挙げて発表するなど、小学生の時よりも積極的になったと思います。1クラスの人数が少ないので、恥ずかしがらずに自分の考えを話しやすいし、「こんなことをやってみたい」という意見も通りやすいんです。

S・Yさん
自主的に行動するようになったからか、自分の意見にこだわるだけでは、クラスはまとまらないことに気づきました。周りの意見をよく聞き、協調性を意識するようになりました。

――これからの目標やがんばりたいことは?

S・Yさん
勉強と部活動の両立です。日々計画を立て、テスト前は自習室で勉強するようになりました。目黒学院の先生はたくさん褒めてくれるので、やる気が出て、もっと勉強しようという気になるんです。部活動も高校生に負けないように練習に励んでいます。

R・Mくん
生徒会の活動をがんばります。小学生の時に委員会に入っていたので、その時の経験を中学でも活かしたいと思い生徒会に入りました。活躍する場がたくさんあります。

N・Yさん
力を入れたいのは英語です。来年はアメリカ語学研修もあります。ホームステイをしながら異文化の生活体験をするのが、今から楽しみです。授業は「英語(ライティング・リーディング)」と「英語表現(スピーキング・リスニング)」に分かれていて、英語表現では英語科の先生とネイティブの先生の2人で〝生きた英語〟を教えてくれます。英語で積極的に話しかけたり質問したりするようにしています。

S・Sさん
私はコミュニケーション能力をもっと高めたいです。隣が中1の教室なので、相談されたり、話をしたりすることも多く、先輩として親しみやすい言葉を選び、傷つけたりしないように気をつけています。

少人数だからこそ生まれる強い絆。仲の良さが自慢です!
「おしゃべりも弾むね♪」「カフェテリアの外は、街のおしゃれなカフェのような雰囲気でお気に入り。」「おしゃべりも弾むね♪」
「カフェテリアの外は、街のおしゃれなカフェのような雰囲気でお気に入り。」
「中高時代に読むべき本が豊富にそろっています。」「私の一押しの場所は、レトロな図書館!」「中高時代に読むべき本が豊富にそろっています。」
「私の一押しの場所は、レトロな図書館!」
「みんなフレンドリーで、この仲間なら何でもできると感じます。ケンカもするけど、仲直りも早いんです。」「みんなフレンドリーで、この仲間なら何でもできると感じます。ケンカもするけど、仲直りも早いんです。」

(この記事は『私立中高進学通信2017年9月号』に掲載しました。)

目黒学院中学校  

〒153-8631 東京都目黒区中目黒1-1-50
TEL:03-3711-6556

進学通信掲載情報

【The Voice 校長インタビュー】自分らしく生き、自ら選び取る将来をじっくりと考える6年間をサポート
【私学の校外学習・学外交流】東日本大震災の経験を学び防災意識を高める
【SCHOOL UPDATE】オールイングリッシュの授業 英語を楽しみ自己表現のツールの一つに
【Students' Chat Spot】積極的な発言が飛び交う活気ある授業! 自主性を伸ばせます。
【グローバル時代の学び方】発信力と国際理解力を養いグローバルリーダーを育成
【学校生活ハイライト】全学年に強い絆が生まれる『体育祭』や『プレゼン技法研究発表会』
【6年間のメンタルケア】カウンセラーと生徒指導部を中心に学校全体が家族のように心の成長をサポート
【グローバル時代の学び方】世界への視野を開く2つの海外研修
【中1の始め方】少人数のメリットを最大限に活かし 一人ひとりに目を配る
【SCHOOL UPDATE】富士登山  「日本一高い山」へのチャレンジで身につく精神力と自信
【めざせ 次代のグローバルリーダー】アメリカとアジア諸国の政治・宗教・風習の違いを知る貴重な機会が広い視野を育てる
【私学の光輝】富士登山
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】普段の授業を小学生に体験してもらう『体験授業』 日々実践している教育を肌で感じて理解してほしい
進学通信2017年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ