LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年9月号

Students' Chat Spot

獨協中学校

成長を実感! これからも、文武両道でがんばります。

6カ年完全中高一貫教育の男子校として、男子の成長に即した教育にじっくりと取り組んでいる同校。高2生の4人に、学校生活について話を聞きました。

三浦靖貴 くん 三浦靖貴やすたか くん

ハンドボール部に所属。活動日以外にも、自主トレーニングを欠かさず、練習に打ち込んでいます。ハワイ修学旅行の実行委員長。

塩澤優希 くん 塩澤優希 ゆうきくん

演劇部と卓球部を兼部しています。週6日活動をしているので忙しい毎日ですが、とても充実しています。

橋口友貴 くん 橋口友貴ゆうき くん

サッカー部に所属。先輩と後輩の壁がなくて、楽しいクラブです。文化祭実行委員として、文化祭の準備にも力を尽くしています。

小嶋竜也 くん 小嶋竜也たつや くん

小学生の時からサッカーを続けていてサッカー部で週に3、4回活動をしています。ポジションはサイドバック。

一問一答

――この学校の良いところ好きなところはどこですか?

三浦くん
先生との距離が近いです。授業中にわからないところがあっても、気がねせずにすぐに質問ができます。

塩澤くん
友達と趣味の話をしていたら、先生も途中から話に入ってきて、一緒に盛り上がることも。どんなことでも話しやすい関係です。

小嶋くん
自由な校風が気に入っています。のびのびと自分が好きなことに打ち込んで、学校生活を謳歌している生徒が多いと思います。

橋口くん
海外に行く機会がふんだんに用意されています。僕は、高1の夏に、アメリカでのホームステイに参加しました。リアルな英語に触れられるとてもよい機会になりました。

塩澤くん
僕も参加しましたが、日本とは違う文化圏で生活をしてみて、習慣や考え方など、実際に行ってみないと見えないことやわからないことがあるなと、勉強になりました。

――文武両道に取り組む秘訣は何ですか?

三浦くん
中学の時には『獨協手帳』と呼ばれる手帳で、1週間の予定と勉強時間を管理して、週1回ほど、担任の先生に提出していました。手帳に書くために、勉強したり、意識的に予定を入れたりすることで、行動範囲が広がったのがとても良かったと思います。

塩澤くん
高校生になった今でも、手帳を活用しています。僕の場合は、クラブ活動の予定を先に書き込んで、その合間にいかに勉強に取り組むかを管理するためのツールになっています。

橋口くん
中3から、成績上位者による選抜クラスが設けられます。自分は、選抜クラスに入っていますが、クラスのみんなが勉強熱心で、授業にも緊張感があり、自分もがんばらなくてはいけないなという気持ちになります。

小嶋くん
僕は、将来の夢に向かって、理系を選択しました。高校になると、科目数が多くなって、勉強時間が足りなくなったりすることがあるので、自分でスケジュールを調節しながら取り組むようにしています。

――中学の時と比べて成長を感じる点は何ですか?

塩澤くん
中3の時に、演劇部で脚本を任されたことをきっかけに、舞台をつくる面白さに目覚めました。部活動に支障が出ないように成績も落としてはいけないなと、それが両方をがんばるモチベーションになっていると思います。

三浦くん
ハンドボール部には、僕たちの一つ上の学年の部員がいない状況だったので、早いうちから、後輩を引っ張る立場で活動をしていました。練習メニューを考えたり、後輩を指導したり、育てたりという意識を持って活動をすることで、全体を取りまとめながら、何かを運営していくことに自信が持てるようになりました。

橋口くん
僕の場合は、やっぱり勉強面ですね。特に、高校に入ってからは、本気で勉強するようになりました。入学時に比べると、模試などの偏差値もかなり向上したと思います。

小嶋くん
僕も勉強をがんばっています。最近、成績が上がってきているので、大学受験に向けてこのままの勢いを保っていきたいです。

体験を糧にして、ぐんと世界が広がりました!
「高2の修学旅行はハワイに行くので、とても楽しみ。修学旅行実行委員長として、事前学習の準備を取りまとめています。」「高校でしかできない体験だと思って、シアトルホームステイに参加しました。」「高2の修学旅行はハワイに行くので、とても楽しみ。修学旅行実行委員長として、事前学習の準備を取りまとめています。」
「高校でしかできない体験だと思って、シアトルホームステイに参加しました。」
「選択科目として、ドイツ語を学ぶことも可能!」「ドイツ文化と深いつながりがある学校なので、海外を見据えた学びの機会が豊富にあります。」「選択科目として、ドイツ語を学ぶことも可能!」
「ドイツ文化と深いつながりがある学校なので、海外を見据えた学びの機会が豊富にあります。」
「文化祭実行委員は、9月末に開催される文化祭に向けた準備をしています。」「改善を重ねて、クオリティと楽しさが、年々上がっているよね。」「模擬店とか、生徒が自由にやれる範囲が広くて、とても盛り上がります!」「文化祭実行委員は、9月末に開催される文化祭に向けた準備をしています。」
「改善を重ねて、クオリティと楽しさが、年々上がっているよね。」
「模擬店とか、生徒が自由にやれる範囲が広くて、とても盛り上がります!」

(この記事は『私立中高進学通信2017年9月号』に掲載しました。)

獨協中学校  

〒112-0014 東京都文京区関口3-8-1
TEL:03-3943-3651

進学通信掲載情報

【本音で語る保護者座談会】“獨協愛”が先輩から後輩に受け継がれています
【行ってきました!学校説明会レポート】未来を見据え、他人のために行動できる人を育てる
【未来を切り拓くグローバル教育】「ドイツ研修旅行」で養う世界的視野の問題解決力 歴史と伝統が育む獨協独自の教育
【校長が語る 思春期の伸ばし方】社会へと視野を広げることで 人との関わりから男子は多くを学びます
【Students' Chat Spot】成長を実感! これからも、文武両道でがんばります。
【熱中! 部活動】【演劇部】より楽しい芝居を全員の力でつくりあげる
【目標にLock On!! 私の成長Story】チャレンジ精神の肯定で伸ばされた学生時代 今、自由な発想で社会を生きる
【熱中!部活動】【鉄道研究部/バスケットボール部】素直さと自由さを生かして仲間とともに成長する
【その先に備えるキャリア教育】成長 職業を絞り込むより方向性を探るキャリア教育
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】チーム一丸となって面倒を見る 「学年会」の先生方の温かな指導が 男子の心身の成長を支えている
【Students' Chat Spot】豊富な海外研修プログラム 研修に参加した高1生と高2生が語る獨協の魅力
【10年後のグローバル社会へのミッション】海外での多彩な「体験」がグローバルな発想と思考を育てる
【SCHOOL UPDATE】新入生合宿 他者と関わり信頼関係を築く3日間
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】チームの力が高まることで個々も成長する支え合いの学習環境
【部活レポート】ワンダーフォーゲル部/吹奏楽部
【Students' Chat Spot】授業内容から学校行事まで 自慢のスクールライフ
進学通信2017年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ