Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年9月号

学校生活ハイライト

昭和学院中学校

生徒を中心に、新たな試みを展開
成長を示し、可能性を広げる祭典

9月24日(日)『桜和祭』開催
訪れる人を魅了する文化祭
昨年を超える感動を提供しようと、生徒会や実行委員会を中心に生徒たちは桜和祭本番に向けて準備を進めています。

昨年を超える感動を提供しようと、生徒会や実行委員会を中心に生徒たちは桜和祭本番に向けて準備を進めています。

9月23日(土)と24日(日)の2日間、同校の秋の恒例行事『桜和祭』が開催されます。

とくに一般公開される24日は、来場者に発表・展示を見ていただく晴れ舞台。

生徒たちは「驚き」と「感動」を提供しようと準備を進めてきました。

中学生は、タブレットを活用するなど、これまでの学習の成果を発表し高校生は、劇やコンサートなど“魅せる”プログラムで来場者をもてなします。

桜和祭おうわさい』は、中学と高校で発表・展示の内容が異なります。中学生は日々の学習の成果を披露し、高校生はより自由かつ感性豊かに自己表現をします。

 今年の桜和祭では、中高とも新たな試みにトライ。中学生は昨年までの縦割りのチーム編成を改め、同学年の別クラスと組んで、発表・展示を行います。同学年で協力し合うことで横の絆が強まり、人間的な成長をも期待しているそうです。

 中1生は、「昭和学院で学べること」を紹介します。中2生は、イングリッシュキャンプ(成田空港の外国人クルーと2泊3日で交流する行事)で行った英語劇を、桜和祭用にアレンジして演じます。中3生は、修学旅行で訪れた京都・奈良について研究し、海外への発信を意識して自国文化を紹介します。

「学年ごとの展示をご覧いただくと、生徒が年々成長していく姿を感じていただけます。iPadを活用したプレゼンテーションなど、見応えのある展示・発表を用意しています」(入試広報部/林侑紀先生)

 高校生は、出し物の内容に変化が見られます。昨年まで多かった体験型のゲームイベントから、演劇やコンサートなど観賞を楽しむものへとシフトしています。これは、生徒会と桜和祭実行委員が生徒の声を反映させた結果とのことです。

「リーダーとしての資質に気付いたり、展示の制作で自信を得て美大に進んだり、桜和祭は生徒の可能性が広がる場でもあるのです」(入試広報部/廣谷正応先生)

地域との交流の場でもある桜和祭。2日目の一般公開日は毎年大勢の来場者が訪れ、校内は熱気であふれ、大いに盛り上がります。地域との交流の場でもある桜和祭。2日目の一般公開日は毎年大勢の来場者が訪れ、校内は熱気であふれ、大いに盛り上がります。
昨年はオリンピックイヤーだったため、五輪競技にちなんだ出し物や展示が多く見られました。大掛かりな展示が、来場者の耳目を集めていました。昨年はオリンピックイヤーだったため、五輪競技にちなんだ出し物や展示が多く見られました。大掛かりな展示が、来場者の耳目を集めていました。
中3生は、修学旅行で訪れた京都・奈良について調べ、日本文化を紹介します。写真のように留学生とも交流し、外国人の視点も参考にしました。中3生は、修学旅行で訪れた京都・奈良について調べ、日本文化を紹介します。写真のように留学生とも交流し、外国人の視点も参考にしました。
生徒たちがさまざまな表現を工夫した、観客を魅了する観賞型の出し物がメインになりそうです。生徒たちがさまざまな表現を工夫した、観客を魅了する観賞型の出し物がメインになりそうです。
左から文化祭委員長の富樫広樹さん(高3)、副委員長の佐橋直樹さん(高3)、生徒会長の神谷拓帆さん(高3)、中学校実行委員の原千晴さん(中3)。左から文化祭委員長の富樫広樹さん(高3)、副委員長の佐橋直樹さん(高3)、生徒会長の神谷拓帆さん(高3)、中学校実行委員の原千晴さん(中3)。
「普段はおとなしい生徒が、積極的に仲間をリードするなど、生徒の意外な長所を知ることができて感動します」と林先生(右)と廣谷先生。「普段はおとなしい生徒が、積極的に仲間をリードするなど、生徒の意外な長所を知ることができて感動します」と林先生(右)と廣谷先生。

(この記事は『私立中高進学通信2017年9月号』に掲載しました。)

昭和学院中学校  

〒272-0823 千葉県市川市東菅野2-17-1
TEL:047-323-4171

進学通信掲載情報

【カリキュラム】コース、入試、制服も一新
【実践報告 私学の授業】未来につながる学びを提供SGアカデミー『未来講座』
【学校が変わる!改革私学】創立80周年を迎える2020年4月から「IA」「TA」「AA」「AA」「GA」の5コース制がスタート!
【私学だからできるオリジナル教育】自らを「磨き」「創る」教育は新たなるステージへ
【行ってきました!学校説明会レポート】学力向上と豊かな人間性を育む教育で ノビシロのある生徒の潜在能力を引き出す
【校長が語る自立へのプロセス】志高く、チャレンジし続ける心を育む6年間
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】教科への興味を深めるグループワーク
【学校生活ハイライト】生徒を中心に、新たな試みを展開 成長を示し、可能性を広げる祭典
【注目のPICK UP TOPIC!】主体的に物事に取り組む力を育む「アクティブラーニング」
【学校生活ハイライト】言葉のシャワーで養われる自分で考え伝える力
【The Voice 校長インタビュー】3年計画の組織的な学校改善によりハイレベルな文武両道をめざす
【こどもの自立を促す教育】リーダーシップと自己発信力を身につけ多様性を受け入れる心を育てる
【キャンパスのVISION】図書館が校舎の中心に! 豊かな想像力を育む充実のキャンパスライフ
【自立と自律】自分たちで考え、実践する経験を積み重ねる学校生活
【Students' Chat Spot】図書館に集り朝読書、学校行事など、学校生活について語る
【部活レポート】サッカー部
【On Going! 進歩する私学の注目情報】英語と数学を柱に難関大学合格をめざす特進クラスが誕生
【大学合格力強化計画】質の高い授業ときめ細かな指導で生徒一人ひとりの未来を切り拓く
進学通信2017年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ