Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年8月号

熱中!部活動

東京家政学院中学校

みんなで一つの目標に向かう喜びを知る

料理部
協力して料理をつくりおいしさを分かち合う
ニョッキにかけるチーズクリームソースを2人1組で協力してつくる部員たち。隠し味に豆乳を入れていました。

ニョッキにかけるチーズクリームソースを2人1組で協力してつくる部員たち。隠し味に豆乳を入れていました。

完成したニョッキとラタトゥイユ。この他にプレーンと紅茶の2種類のマフィンをつくりました。完成したニョッキとラタトゥイユ。この他にプレーンと紅茶の2種類のマフィンをつくりました。

「学年を越えて、楽しく料理の腕を磨く」が料理部のモットー。週1回、中高合同で、部員たちが決めた一つのメニューを班ごとにつくります。メニューは毎回、主食とデザートの2種類です。

 この日つくった主食はニョッキとラタトゥイユ、デザートはマフィン。ニョッキはジャガイモと小麦粉でつくるイタリア料理。もちっとした食感が魅力です。ラタトゥイユはズッキーニやナスなどの夏野菜を煮込んだフランスの郷土料理。調理室に近づくにつれて、おいしそうな香りが漂ってきました。

「9月の常磐祭(文化祭)では、部員たちが調理したメニューを模擬店で販売します。今年はキーマカレーとマフィンをつくる予定です。試作品をたくさんつくり、その中から自信作を決めて出します。また、高校に進む先輩たちの送別会では、中学生部員がお菓子をつくってプレゼントします」(顧問/中野美香先生)

 料理をつくり終えた後は、みんなでそのおいしさを分かち合います。

ジャガイモに強力粉を入れて混ぜ合わせます。これを棒状にしてカットして茹でれば、ニョッキのできあがりです。ジャガイモに強力粉を入れて混ぜ合わせます。これを棒状にしてカットして茹でれば、ニョッキのできあがりです。
玉ねぎやナスやズッキーニを煮込んで、ラタトゥイユをつくります。玉ねぎやナスやズッキーニを煮込んで、ラタトゥイユをつくります。
中学生部員たち。調理を通して、チームワークの大切さを学んでいます。中学生部員たち。調理を通して、チームワークの大切さを学んでいます。
中学部部長 T.Yさん(中3)

「調理を楽しみながら少しだけ本格的な料理がつくれるようになるクラブです。一食分のメニューは一人で料理できるようになりました。母が忙しい時、私が夕食をつくることもあります。母に『おいしい』と言ってもらえるとうれしいですね」

■活動日/活動時間 木/15:40~18:00
■部員数 中学=15名 高校=30名
ソフトテニス部
あきらめずに何事にも全力を尽くせる心を
「部員たちには、礼儀や思いやりの心を知り、絆を深めてほしいと思っています」(顧問の川邊健司先生・写真右)。

「部員たちには、礼儀や思いやりの心を知り、絆を深めてほしいと思っています」
(顧問の川邊健司先生・写真右)。

 放課後のテニスコートにボールを打つ音と部員たちの掛け声が心地よく響きます。

「ソフトテニスの魅力の一つはボールが軽くてやわらかいため、ラケットを思い切り振ってボールを打てることです」(コーチ/赤堀遥香先生)

 赤堀先生自身も同校のソフトテニス部で6年間活動し、大学卒業後、同校の体育科の教員になりました。

「今の部員全員がテニスの経験がなくて入部しましたが、日々の練習によってめきめきと腕を上達させています。スポーツが苦手な生徒にもぜひ入部してほしいと思います。身体を動かすことの素晴らしさ、目標に向かって、部員たちと心を一つにし、練習に励むことの尊さを知ってほしいですね」

 部のモットーは「明るく楽しく元気よく一生懸命に」です。

「ソフトテニスを通して、あきらめずに何事にも全力を尽くせる心を養ってほしいと思っています」
(顧問/川邊健司先生)

 昨年夏、東京私立中学校団体選手権大会ベスト4に進んだ同部。今夏は、その上をめざします。

練習中は「お願いします」と声をかけ合いながらボールを打ちます。練習中は「お願いします」と声をかけ合いながらボールを打ちます。
部の先輩でもある赤堀遥香先生(写真右)。「子どもたちのそばにいて、その成長にかかわっていきたい」と思い、教員をめざしたそうです。部の先輩でもある赤堀遥香先生(写真右)。「子どもたちのそばにいて、その成長にかかわっていきたい」と思い、教員をめざしたそうです。
テニスコート2面を使ってのびのびと練習に打ち込めます。テニスコート2面を使ってのびのびと練習に打ち込めます。
部員たちは、日々の練習を通じて健やかに成長しています。部員たちは、日々の練習を通じて健やかに成長しています。
ソフトテニス部部長 M.Kさん(中3)

「ソフトテニスの試合は、ダブルスで行います。ペアを組む相手と呼吸を合わせないと勝てないところもこのスポーツの魅力です。この部に入って私は大きな声であいさつをしたり、返事をしたりすることもできるようになりました」

■活動日/活動時間 月・水・金/16:00~18:00
土/13:30~18:00
■部員数 中学=10名 高校=12名
■主な実績 2016年東京私立中学校団体選手権大会ベスト4

(この記事は『私立中高進学通信2017年8月号』に掲載しました。)

東京家政学院中学校  

〒102-8341 東京都千代田区三番町22
TEL:03-3262-2255

進学通信掲載情報

【私学の光輝】創立80周年を迎え、より存在感を増す建学の精神「KVA」
【私学だからできるオリジナル教育】家庭科実習で養う生きる力と協働の心
【中1の始め方】学校生活の基礎を築くための見守りを
【SCHOOL UPDATE】キャリア教育の集大成 シンガポール修学旅行 見る世界を広げ世界に羽ばたく女性へ
【Students' Chat Spot】少人数だから先生との距離が近い 気軽に相談できます!
【注目のPick up TOPIC!】シンガポールへの修学旅行で実現するグローバル女子教育とキャリア教育
【その先に備えるキャリア教育】結実 興味を深め、人間性を育みながら女性のライフプランを考える
【熱中!部活動】【料理部/ソフトテニス部】みんなで一つの目標に向かう喜びを知る
【子どもの自立を促す教育】商店を自分たちで取材 新しい環境でも物怖じしないコミュニケーション力を培う
【目標にLock On!! 私の成長Story】医療とは別の立場で患者をサポートしたい 夢に向かって次の一歩へ
【熱中!部活動】目標と役割を意識した練習で人間的な成長をも促す/部活動を通して学び身につける「社会的な役割意識」と「生きる力」
【未来を生き抜く学力のつけかた】eポートフォリオを活用したICT教育で主体性を育成
【中1の始め方】学ぶ意欲を高めるタブレットの新しい使い方
【学校生活ハイライト】すべてを自分たちの手で!自立した女性を育成する学校行事
【学びのプロセス】生徒の自尊心を育むeポートフォリオ
【母校にエール!OGOB interview】『ごきげんよう』のあいさつとともに大切に育てられた中高6年間
【その先に備える キャリア教育】中学からのキャリア教育で6年間の学びも充実
【制服Collection】創立75周年生徒の投票で決定!今までの伝統を残す清楚で上品な新制服
進学通信2017年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ