LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年8月号

職員室のヒミツ

佐野日本大学中等教育学校

充実したサポート体制で
生徒一人ひとりの進路の実現と豊かな人間性を育む完全一貫教育校

職員室内に設けられた学習スペースで、先生に質問する生徒。

職員室内に設けられた学習スペースで、先生に質問する生徒。

職員室内に学習用テーブルが設置された“Self-educational Space”(自主学習スペース)。
放課後になると生徒がぞくぞくと集まります。問題集に取り組む生徒の隣で先生が付き添いながら個別に指導する光景も見られます。
放課後ににぎわう、同校の職員室の様子を紹介します。

 栃木県佐野市にある佐野日本大学中等教育学校。さわやかな新緑の木々に囲まれた広大なキャンパスは絶好の教育環境です。

 中等教育学校としてスタートして7年。完全一貫教育の良さと日本大学の付属校としての利点をフルに活かした教育が行われています。

 時代の変化に即応した指導体制を整え、生徒一人ひとりの希望進路の実現をサポートするために教職員が一丸となって指導にあたっています。

 生徒が放課後、自主的に学習をしながら質問にも対応ができるように設けられた職員室内の学習スペースを取材しました。

生徒が一番質問しやすい環境を

 職員室というと、どこか近づきにくく、敷居が高いと感じる人もいるのではないでしょうか。

 同校の職員室はそうしたイメージとは異なり、生徒に開放され、先生に積極的に質問をするのが日常の光景になってい

ます。

 放課後になると、職員室内に設けられた学習スペースで生徒たちは思い思いの学習に取り組みます。その日の宿題をここで片付けてしまう生徒、苦手な科目や分野に集中的に取り組む生徒などいろいろです。

 同校の荒木敏幸先生(入試室)は、自主学習スペース設置のねらいを、次のように説明してくれました。

「本校には、生徒が自主的に勉強するスペースとして教室、図書館、そしてこの職員室内の学習スペースがあります。生徒それぞれが勉強しやすいところで自由に取り組んでいます。特にこの学習スペースは、生徒が一番質問しやすい形の場所を提供しようということから設けました。もともと本校では、職員室に自由に出入りしやすい雰囲気がありましたので、さらに気軽に生徒からの質問に対応できるようにしました」

 その言葉通り、生徒は「数学の先生、いますか?」と呼びかけたり、「○○先生、教えてくだい」と先生を指名して質問に答えてもらったりしています。教員はすぐに駆けつけ、生徒の隣で個別に指導する姿が見られます。

 取材に訪れた日は、中間テストが終わって間もなかったためか、生徒の姿は少なめだそうですが、定期テスト前になると生徒でいっぱいになるそうです。

「教員と生徒の距離が近く、教員は生徒からの質問に喜んで対応するという空気が自ずとできあがっています」
(荒木先生)

放課後に実施しているeトレ講座。自分にあったプリントを取り出して学習に取り組んでいます。
放課後に実施しているeトレ講座。自分にあったプリントを取り出して学習に取り組んでいます。

放課後に実施しているeトレ講座。自分にあったプリントを取り出して学習に取り組んでいます。

eトレ講座で個別演習に励む

 同校の放課後、ICTルームへ行ってみると、生徒たちが自習をしていました。その横で先生が2人、生徒たちの勉強を見守っています。

 ここで実施されているのは、学力向上プログラムのeトレ講座です。一人ひとりの学習進度に合わせたオーダーメイドの学習プリントに取り組む個別演習です。プリントは入試問題をはじめ、各教科、学年、分野・単元ごとに基礎から応用まで揃っていて、自分に合ったプリントを出力して取り組めるようになっています。

 参加していた中3の女子生徒は「今日は力試しとして公立高校の入試問題に取り組んでいます。強制されたものをやるより、やりたい問題を自分で選んでやるのがいい。最初は苦手な科目をやって、そのあとに息抜きに好きな科目をやることもあります」

 と、eトレの活用法を話してくれました。

 また、主に定期テストや校内の小テスト対策で活用しているという中1の男子生徒は次のように話します。

「社会が苦手だったけれど、先生の教え方がおもしろくて、わかりやすいので楽しくなってきました。苦手な社会科を克服できるような気がしてきました」

 同校では、学ぶ楽しさを知ってもらい、生徒たちの自ら学ぶ姿勢を大切に育て、先生たちが熱心にサポートをしています。そうした指導力は、国公立大学・難関私立大学への進路希望にも応える成果として表れています。

北関東を中心に広範囲から生徒が通っている佐野日大中等教育学校。恵まれた教育環境が魅力です。北関東を中心に広範囲から生徒が通っている佐野日大中等教育学校。恵まれた教育環境が魅力です。
自習しながらわからないところがあれば、すぐに先生を呼んで教えてもらえます。自習しながらわからないところがあれば、すぐに先生を呼んで教えてもらえます。

職員室内の学習スペースを毎日利用しているというKさん。この日は数学の因数分解に取り組んでいました。

Y・Kさん(中2)Y・Kさん(中2)

「ここはほどよく静かで、宿題や自主学習をするのに最適。先生がそばにいるので、わからないところがあればすぐに質問できるのでありがたいです。先生はいつでもていねいに教えてくださり、勉強が楽しくなりました。成績上位の人たちで編成される1組に上がることを目標に今、がんばっています」

学校は楽しい、と話してくれたYくん。週に2回くらい、この自習スペースを利用しているそうです。

Y・Y君(中1)Y・Y君(中1)

「この場所は先生にすぐに質問できるので、とても使いやすいです。英語が苦手なので、みんなに遅れないようにがんばって勉強しています。自分で調べて、それでもわからなければ先生に教えてもらうようにしています」

(この記事は『私立中高進学通信2017年8月号』に掲載しました。)

佐野日本大学中等教育学校  

〒327-0192 栃木県佐野市石塚町2555
TEL:0283-25-0111

進学通信掲載情報

【熱中!部活動】文化部の全国大会である「総文祭」に昨年、2回目の出場
【私学の校外学習・学外交流】世界をぐっと身近にする多彩な姉妹校との交流プログラム
【THE VOICE 校長インタビュー】『自主創造』の精神のもと世界へと羽ばたく人材育成をめざす
【SCHOOL UPDATE】2泊3日の林間学校 仲間とともに学ぶことで思いやる心を養う
【キャンパスのビジョン】広々とした快適な空間で読書活動にはげむ
【制服物語】制服のリニューアルとともに 心も新たに『第2世紀』へ踏み出す
【職員室のヒミツ】充実したサポート体制で生徒一人ひとりの進路の実現と豊かな人間性を育む完全一貫教育校
【制服物語】フルモデルチェンジした制服とともに2017年から新たな一歩を
【中学入試のポイント】生徒の多様性を重視し、4種類の入試を実施
【グローバル時代の学び方】ASEAN諸国と教育連携 ALT授業で英語力を強化
【未来を生き抜く学力のつけかた】世界に向けてネットワークを構築し 問題を解決できるタフな人材を育成
【キャンパスのVISION】蔵書数8万冊を誇る自慢の図書館は好奇心を満たす知的空間
【The Voice 新校長インタビュー】自ら考え、自ら調べ自ら行動する人間の育成 21世紀を生きる土台づくりの6年間
【キャンパス歩き】豊かな自然に囲まれた広大な敷地と充実の施設で“新たな自分”を発見する6年間
【On Going! 進歩する私学の注目情報】4・5年生の全生徒がタブレット端末の使用を開始!本格化するICT活用
【学びのプロセス】タブレット端末などを活用する反転授業
進学通信2017年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ