LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年8月号

Students' Chat Spot

東京成徳大学中学校

中学での留学制度が進路の決め手に!
またニュージーランドへ行きたい。

グローバル社会への進展を見据え、「創造性」と「自律」をテーマに掲げる同校。中高一貫部では創立以来14年間、中3生の最後の3カ月間、海外への学期留学を実施しています。留学を体験し、帰国したばかりの高1生3人に話を聞きました。

田中 啓太 くん 田中 啓太 くん

文化祭を見学した時に楽しそうで、この学校を志望しました。好きな教科は体育と英語で、好きな場所は図書館です。フラッグフットボール部です。

内東 海澄 さん 内東 海澄みすみ さん

留学制度と、制服のかわいさが受験の決め手でした。軽音部ではベースを担当しています。部室でもある放送室はスタジオもあり、設備が充実しています。

中川 楠名生 さん 中川 楠名生 ななおさん

幼い頃から卓球をやっていて、卓球部や練習場が整っていることが志望の動機でした。好きな教科は数学と体育。好きな場所はベリタスホールです。

――中3の3学期に経験する海外留学について教えてください。

田中くん
1月下旬から4月上旬までの3カ月間、ニュージーランドに滞在しながら現地の学校に通います。僕たちの代は希望者のみでしたが、17年度入学生からは全員参加になりました。

内東さん
最初の2週間は2人1組でホームステイして語学学校へ通い、その後は1人でホストファミリーのもとで生活しながら地元の学校に通います。

中川さん
留学生は1つの学校に対して3人まで、クラスには1人だけ、という決まりになっています。でも、各学校に留学をサポートしてくれる先生がいるので、何かあればいろいろ相談しながら生活できます。

――実際に留学を経験してみていかがでしたか?

内東さん
話すより聞くほうが苦労しました。帰国前の3週間くらいでやっと理解できるようになった気がします。現地の家では貯水した水を使うので、シャワーを浴びるのが10分と決められていて、毎日急いでシャワーを浴びていました。

田中くん
最初のステイ先では簡単な英語を使ってくれたけれど、ホストファミリーの家に移ってからは、普段通りの英語で会話していたので慣れるまで大変でした。でも、おかげで英語の授業は2週間くらいで理解できるようになりました。

中川さん
最初は日本や両親が恋しくて仕方なかったのですが、だんだん友達が増えてきたら今度は帰国したくなくなってきて……帰国前には現地のアドバイザーに「帰りたくないのでパスポート破ってもいいですか?」とメールしました(笑)

――ホストファミリーや現地学生との交流はどうでしたか?

田中くん
とてもフレンドリーなホストマザーでした。親戚や友達などの来客が頻繁で、たくさんの方と会話することができました。「ビッグウォーク」という長距離ハイキングが趣味で、休日に8時間くらいひたすら歩いたのも良い思い出です。

中川さん
ホストファミリーは新しい住宅地に住んでいて、家も通う学校も広くてきれいでした。ホストファザーは日本のアニメやコミックが好きで、『ワンピース』などの話をしました。

内東さん
私は農家へのファームステイでした。庭には馬や鶏がいて、馬の散歩を手伝ったりしました。ニュージーランドの10代はすごくおしゃれで大人っぽかったです。

――留学して成長したところや今後の目標を教えてください。

中川さん
英語は苦手だったのですが、英語が好きになり、英語圏へのハードルも下がりました。医療系などの理系に進む気でいましたが、外国人と関わる仕事もいいな、と思い始めています。

内東さん
海外では自分ができないことが多すぎてそれが当たり前だったけど、挑戦すると「ナイスファイト」と励ましてくれました。帰国してからは、できないことがあってもポジティブに受け止めるようになった気がします。将来のことはまだ決めていませんが、選択肢の幅は確実に広がりました。

田中くん
何事も自分から動くようになって、少し自立したような気がします。友達やホストファミリーとは、帰国後もSNSなどで連絡を取り合いつながっています。近い将来みんなに会いに、もう一度ニュージーランドに行きたいです。

英語が好きになって、将来の選択肢が広がりました。
「ニュージーランドは学校がとにかく広い! グラウンドは日本の10~20倍くらいあるよね。」「最初は留学に対して不安いっぱいだったけど、最後は帰りたくないくらい楽しかった!」「ニュージーランドは学校がとにかく広い! グラウンドは日本の10~20倍くらいあるよね。」
「最初は留学に対して不安いっぱいだったけど、最後は帰りたくないくらい楽しかった!」
「東京成徳の先生は教え方がていねいで、難しい問題も最後にはできるようになっているからすごい。」「ネイティブの先生は5人いて、みんなフレンドリー! 担当してから時間が経っても覚えていてくれてあいさつしてくれるよね。」「東京成徳の先生は教え方がていねいで、難しい問題も最後にはできるようになっているからすごい。」
「ネイティブの先生は5人いて、みんなフレンドリー! 担当してから時間が経っても覚えていてくれてあいさつしてくれるよね。」

(この記事は『私立中高進学通信2017年8月号』に掲載しました。)

東京成徳大学中学校  

〒114-8526 東京都北区豊島8-26-9
TEL:03-3911-7109

進学通信掲載情報

【グローバル特集 留学】ニュージーランド学期留学に中3生全員が参加
【目標にLock On!! 私の成長Story】先生に相談しやすい校風のおかげでつまずいた問題は学校ですべて解決
【私たち、僕たちが大好きな先生】音楽は心を開くツール 音楽科の授業がグローバル教育にも大いに役立つと思います
【未来を切り拓くグローバル教育】他の留学生とともに学ぶ全員参加の中3学期留学
【実践報告 私学の授業】ICT活用で広がる表現力思考力・創造力を育てる教育
【目標にLock On!! 私の成長Story】やりたいことをやりたいようにやれば自分の進むべき道が見えてくる
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】思考し話し合う時間を重視しタブレットで授業を効率化
【SCHOOL UPDATE】ICT導入で変わる学び 生徒に1人1台支給タブレット学習で効率化を実現
【Students' Chat Spot】中学での留学制度が進路の決め手に!またニュージーランドへ行きたい。
【目標にLock On!! 私の成長Story】エネルギー問題に興味を持って進路決定 時間の有効活用を考え抜いて現役合格へ
【目標にLock On!! 私の成長Story】今につながる経験ができた中高時代 人生の岐路には先生や友達がいた
【授業見聞録】理科 授業時間の3分の1を占める実験で「自ら考えて検証する」力をつける
【グローバル時代の学び方】中3全員参加のターム留学 2020年に向けて始動
【私学の光輝】入学式 中学生としての誇りと自覚を胸に刻む
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】全員参加の海外学期留学 心を育てることを重視して真のグローバル人材を育てる
【Students' Chat Spot】桐蔭祭への意気込みと学校の魅力
【学校生活ハイライト】「みんなでがんばる喜び」を味わう体育祭
【自立と自律】海外や野外での体験を通してたくましい生徒を育てたい
【キャンパス歩き】「文武両道」を支える充実した施設で創造性と自律心を育む
【めざせ 次代のグローバルリーダー】世界に胸を張って飛び出せる たくましい生徒を信念をもって育てる
【授業発見伝】理科 失敗から学ぶ実験の意味 「なぜ」を深める振り返り
【全人教室│心を育む私学の授業】感じて、行動して、考える… 自分を深める学習で人間力を伸ばす!
進学通信2017年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ