LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年8月号

校長が語る 思春期の伸ばし方

秀明中学校

人生の岐路を相談できる仲間を見つけ
家族のような関わり合いを育む

スーパーイングリッシュコースでは、授業内の言語が英語に統一されています。

スーパーイングリッシュコースでは、授業内の言語が英語に統一されています。

全寮制だからできる確かな自立
神野 護 校長先生神野 護 (じんの・まもる)
校長先生

千葉市立轟町中学校、千葉県立千葉南高等学校を卒業後、埼玉大学教育学部・教員養成課程・数学専攻を卒業し、1992年4月より、秀明八千代中高で6年奉職し、1998年4月より、秀明中高で勤務。八千代中高で高校1年の担任1年間以外は、中学校で教鞭を執り続けている。

 全国でも珍しい全寮制を取り入れる同校。他の学校や教育機関から全寮制の利点を生かした教育を参考にさせてほしいという声が後を絶たないといいます。神野校長は次のように話します。

「月曜から金曜日まで親元を離れて生活するので、身の回りのことを自ら進んでやらなければなりません。例えば布団をたたむことや衣類の管理などです。今までは、保護者の方がしてくれたことですが、それを自分で管理することになります。脱いだ服が洗濯してあることは『当たり前』ではないことを実感し、保護者への感謝の気持ちが芽生えてきます。この自覚が自立へと導いていくのです。その結果、保護者の方から『帰ってくるたびに成長しています』という喜びの声をたくさんいただいています」

 子どもたちが親元を離れるという環境の変化を、学校側はどのようにケアしているのでしょうか。

「中学校に入学して最初の1カ月間は『寮生活に慣れる』ことを意識しています。学年の教員が朝から晩までコミニュケーションを取ることはもちろん、全教職員が学校全体で温かく見守っています。生徒一人ひとりに声をかけ、時には入浴を一緒にすることもあります。また家が遠く週末に帰宅できない生徒には、買い物や映画へ連れて行ったりと、休日も楽しく過ごせるようにしています」

「脱・スマホ」が勉強と人間関係の鍵
首都圏唯一「全寮制・中高一貫校」の充実した教育環境。首都圏唯一「全寮制・中高一貫校」の充実した教育環境。

 昨今、SNSなどの関係性がいじめにつながるニュースが後を絶ちません。新聞などでは、中学生の1日平均携帯使用時間が2時間から3時間といわれています。携帯電話にまつわる問題を、どのように受け止めているのでしょうか。

「小学生時代にテレビゲームや携帯に執着してしまい、心配している保護者の方は多いと思います。携帯は使用した時間だけ勉強時間やコミュニケーションの時間も減少してしまいますので、本校では、通学時に携帯端末を預かることにしています。携帯が使えない環境に身を置き、それを習慣にすることがなによりも大切です。生徒自身が正しい判断ができるようになるまで、家庭でも時間をかけて教えてあげることで上手な付き合い方ができると思います。『脱・スマホ』という本校のこの考え方は、保護者の方々からも理解を得て、好評です。ニュースになるような、SNSを介したいじめも携帯を使用していない集団の中では起こりようがないのが実情です」

 それでは、学校生活における生徒同士の関係は、どのようなものなのでしょうか。

「6年間、特に思春期の一番成長する時期に、一緒にいる友達というのはかけがえのない重み、力があるように思います。特に大学受験の際に発揮されているようです。大学受験の集団面接の練習では、友達のために先生役をすることもあります。みんなで志望校に合格しようというポジティブな感情にあふれていますので、本当の兄弟姉妹のような関係です。私からみてとても羨ましい関係です。また卒業後もこの関係が続いており、頻繁に連絡をとりあい、切磋琢磨しているようです」

保護者は一番近くにいるお手本
「思春期の育て方」心得
  1. 保護者は生徒の見本
  2. 学校との信頼・連携を大切に

 将来、どのような仕事に就くかという進路の選択は、子どもたちが選ぶというよりも、保護者が教えるものだと神野校長は話します。

「親の背中を見て子どもは育っていきます。だからこそ、善悪の判断や働くことの尊さを教えてあげてほしいと思います。保護者は子どもたちにとって一番の身近な見本であり、指針でもあります。創立者の教えに「親の職業を継ぐのが一番の親孝行である」という考え方があります。その考えを中学1年から教えているので、やはり保護者の方と同じ職業をめざす生徒がたくさんいます。ですから、ぜひ保護者の方がされている仕事や考えを、子どもたちに伝えてほしいと思います。そうすることで、本校のめざす『共に育てていく共育』『協力し合う協育』『強く育てる強育』へとつながります。保護者との信頼や連携をなくして、子どもたちの成長はありません。保護者と生徒の情報を共有しながら、よりよい自立・職業選択へ結びつけていくことを、これからも心がけていきます」

自分で選んだ場所だから自らを叱咤し邁進する
秀明のシンボルとなっている塔です。生徒たちに、心のよりどころとして大切にされています。秀明のシンボルとなっている塔です。生徒たちに、心のよりどころとして大切にされています。

 階段を上ると、大きな扉があり、その中には生徒が入学当初に綴った将来の夢や希望、熱意が収められています。「生徒たちはこの塔を仰ぎ見て、秀明で頑張ろうと誓った初心を思い出すことで、一層勉学に励むようになります。勉強ができるようになるだけではありません。心をより一層強く育ててくれる。それが秀明の塔です」

(この記事は『私立中高進学通信2017年8月号』に掲載しました。)

秀明中学校  

〒350-1175 埼玉県川越市笠幡4792
TEL:049-232-6611

進学通信掲載情報

【SCHOOL UPDATE】センター試験&校内受験 生徒と教職員が一丸となって臨む 6年間の総決算「センター試験」
【熱中!部活動】寮生活で培う仲間との絆 励まし合って部活動と勉強を両立
【注目のPick up TOPIC!】温もりの“合格弁当”でがんばる2日間 在校生もセンター試験を体験!
【熱中!部活動】【吹奏楽部/サッカー部/女子バスケットボール部】「楽しむこと」を忘れずに部員みんなで成長する
【校長が語る 思春期の伸ばし方】人生の岐路を相談できる仲間を見つけ家族のような関わり合いを育む
【SCHOOL UPDATE】スーパーイングリッシュコース 国際社会で通用する英語とITを学ぶ
【校長が語る 思春期の伸ばし方】思春期は人間として健康な成長の証 愛情を持って受け止めましょう
【大学合格力強化計画】「全寮制」と「到達度別指導」で個々の能力を徹底的に磨く
【10年後のグローバル社会へのミッション】新コース『スーパーイングリッシュコース』2016年4月に始動!
【The Voice 新校長インタビュー】教育とは、よりよくするための一人ひとりへの働きかけ
【キャンパス歩き】知力・体力・精神力を磨き自立する心を育む学び舎
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】同級生、先輩、教師との共同生活で やる気、精神力を導き出す
【The Voice 新校長インタビュー】6年間の師弟一体教育で 知力・体力・精神力を磨く
進学通信2017年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ