Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年8月号

アクティブラーニングで伸ばす新しい学力

聖望学園中学校

ICT活用のグループワークで学び合い、理解度を深める

生徒の積極性を引き出す能動的な英語の授業
ネイティブの先生の指導で、英語への親しみも強くなります。互いに教え合う楽しさを知り、友達同士で教え合う姿もよく見られるそうです。

ネイティブの先生の指導で、英語への親しみも強くなります。
互いに教え合う楽しさを知り、友達同士で教え合う姿もよく見られるそうです。

自由度の高い授業で生徒たちのやる気を高める

 面倒見の良さと、細やかな指導が特色の同校。多くの生徒が中学で初めて学ぶ英語科の授業では、生徒全員が確実な英語力を習得できるように、ネイティブの先生と日本人の先生のチームティーチング型授業、ネイティブの先生のみが指導するオールイングリッシュの授業、日本人の先生が指導する英文法中心の授業と、3種類の授業形態を設け、すべて1クラスを2つに分けた少人数制で指導しています。

 2016年度からはiPadの導入を開始。英語科の授業でもICTツールと組み合わせて活用し、生徒が能動的に学べる仕組みを作っています。

 この日は日本人の先生とネイティブの先生のチームティーチング型授業が行われていました。まず、先生が今日勉強するタームの英語音声をiPadで再生します。この日の教科書の内容は地震について、インドから来た少年と日本人の少年が会話するというものです。日本人の先生が文意を解説したあと、

「インドはどこにあるかな?」

 と手元のiPadを操作して、電子黒板にサッと世界地図を表示。ネイティブの先生に地震を経験したことがあるかどうかを質問するなど、先生たちによる出身地や地震体験についての英語の会話が続きます。生徒たちは熱心に聞き入っています。

 黒板に例文を表示すると、生徒たちが1人ずつ前に出て、文法上のポイントを書きこんでいきます。先生が書き込みの出来栄えを褒めながら文法を解説し、今度は例題に取り組みます。ここからはiPadの出番。先生がその場で問題を生徒たちのiPadに配信し、全員が一斉に解くその間も、生徒たちの側を歩き回り、自由に質問を受けます。その後、グループワークも実施。生徒同士でお互いの意見をすり合わせ、自分たちで考えた例文を発表しました。

「この表現にしてみる?」

 と先生もアドバイスしながら、生徒たちに自ら考え、答えを見つける力を身につけさせていきます。

学び合う姿勢が理解を進めていく

「中学生は集中力もさほど高くありません。そのため、変化のある授業を心がけています。あとは『どう思う?』と問いかけても反応がないときに、周囲と会話をすることを促して、考えさせるようにしています」

 と、英語科の田島理恵先生は言います。グループによる話し合いの効果は大きく、話し合いの際には消極的だった生徒も、他の生徒の意見を聞いて考えが深まるため、問題を解かせると理解が深まっているそうです。

「ICTを導入したことで、学びが広がるきっかけが増えたと思います。教え合うことで理解度も深化していると感じています」

 アクティブラーニングでは高度なグループワークをいきなり導入するのが難しい場合がありますが、同校では段階を踏み、先生のサポートやICTを利用して、自然な形で生徒の積極性を引き出しています。

「今後も、学年全体でアクティブラーニング型授業を実施して、学び合う関係と積極性を培っていきます」

Step 1
友達とも相談しながら疑問点を明らかにしていく
iPadの画面を見ながら、意見を交換する生徒たち。他人と情報を共有しながら活動していくことは、これからの時代に必要な技能です。iPadの画面を見ながら、意見を交換する生徒たち。他人と情報を共有しながら活動していくことは、これからの時代に必要な技能です。

「授業の中でわからないことがあれば、仲間同士で助け合おう」

 というのが同校のポリシー。お互いの意見を聞くことで刺激を受けると共に、授業にもリズムが生まれます。また、わからない生徒にほかの生徒が教えることで、教える側の生徒の理解度も深まります。 生徒同士だけでなく、先生と生徒の会話も活発です。先生たちは生徒の様子を見ながら効果的な声がけを行い、生徒の自主的な学びをサポートしています。

Step 2
一斉書き込みの機能を使い全員参加型のレッスン

 生徒が設問を解いている間に、先生のiPadには全員から送信された解答が表示されます。先生は生徒たちの解答の一斉チェックで全体の理解度を確認するとともに、個別にチェックすることもでき、授業の効率化がはかれます。

 また、同校が使用しているアプリケーション「MetaMoJi ClassRoom」では、一斉書き込みの機能を使い、1枚のシートに生徒たちが同時に書き込みをすることもできます。生徒たちは友達の書き込みを見ることで、さまざまな気づきを得ることができます。「全員が主役の授業」が同校の魅力です。

生徒の解答が一斉に閲覧できるので、先生の指導も効率アップ。生徒一人ひとりの状態を素早く察知することができます。生徒の解答が一斉に閲覧できるので、先生の指導も効率アップ。生徒一人ひとりの状態を素早く察知することができます。
一斉書き込みで、生徒それぞれが気づいた点をマーキングしていきます。友達の視点を得ることで、学びが広がります。一斉書き込みで、生徒それぞれが気づいた点をマーキングしていきます。友達の視点を得ることで、学びが広がります。
ココも注目!
アクティブな授業で会話も増える
少人数制授業なので、生徒と先生がじっくりとやり取りできます。少人数制授業なので、生徒と先生がじっくりとやり取りできます。

 チームティーチング型授業では2人の先生が少人数の生徒を担当しているため、質問の機会も増えます。また、空き時間があれば、ネイティブの先生が気軽に声をかけてくれます。問題を早く解いた生徒がネイティブの先生に話しかけ、英語での会話がはずむ場面も。自由度の高い授業を行っている同校ならではのひとときです。

ICTツールでアクティブな授業をより活性化
従来の授業とipadを効果的に組み合わせる

「英語科としてはiPadを導入しても、鉛筆とノートはもちろん活用します。英単語練習や例文の書き出しなどは、必ず4本線のノートで行います。書いて発音することで英単語は頭に入っていきますので、手と口を動かすことを徹底しています。
 一方で、iPadならではのメリットももちろんあります。本校では英語の授業は習熟度別クラスで行っていますが、そのつど問題を配信することで、そのクラスに合った内容をリアルタイムで提供することができます。今後は生徒が「もう少し続きをやりたいな」と思うような仕掛けを、もっと取り入れていきたいですね」(英語科/田島理恵先生)

(この記事は『私立中高進学通信2017年8月号』に掲載しました。)

聖望学園中学校  

〒357-0006 埼玉県飯能市中山292
TEL:042-973-1500

進学通信掲載情報

【実践報告 私学の授業】キャリア教育で養う社会への探究心と課題解決力
【グローバル特集 アイデンティティ】「相手の考えを否定しない」グローバル教育の土台を固める『課題解決ワークショップ』
【中学入試のポイント】生徒の多様性を尊重した多彩な入試型を導入
【The Voice 校長インタビュー】キリスト教に基づく教育で人格を磨き知恵と強い信念を持つ人に
【未来を切り拓くグローバル教育】オンライン英会話で英語により積極的に
【SCHOOL UPDATE】中山祭(文化祭) 「結ゆい~中山祭100%~」のテーマのもと心を一つに
【SCHOOL UPDATE】夢を実現する力となる中高6カ年の英語強化プラン 英語教育を通した教育目標の実践
【授業見聞録】理科 実験の失敗を繰り返して思考力を伸ばす
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】ICT活用のグループワークで学び合い、理解度を深める
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】考えを伝え合う授業で思考力が定着する
【SCHOOL UPDATE】一人ひとりの理解に合わせる ICT授業の新しい学びのスタイル
【Students' Chat Spot】キリスト教主義の教育を通して生徒の能力を最大限に引き出す
【注目のPICK UP TOPIC!】次代を担うポテンシャルの高い生徒を歓迎!
【学校生活ハイライト】全校生徒の心がひとつになった愛情のこもった文化祭 生徒と生徒の心のつながりが自立・自律の心を養う
【校長が語る 思春期の伸ばし方】未来の道を拓くヒントは自分の可能性をあきらめないこと
【注目のPICK UP TOPIC!】活躍目覚ましい部活動 人間的成長にも寄与
【部活レポート】将棋部/体操部
【Students' Chat Spot】キリスト教の精神を基本とした人間教育を実践 力を合わせて頑張る生徒会
進学通信2017年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ