LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年7月号

制服物語

開智日本橋学園中学校

アイデンティティーを表現しながら
上品さを兼ね備えた制服

濃紺を基調とした正制服は、日本橋という街にも馴染む落ち着いたデザイン。ジャケットはミリ単位で調整され、美しいシルエットを作っています。

濃紺を基調とした正制服は、日本橋という街にも馴染む落ち着いたデザイン。
ジャケットはミリ単位で調整され、美しいシルエットを作っています。

 110年にわたる日本橋女学館の歴史を受け継ぎ、開智日本橋学園として新たなスタートを切った同校。創立100周年に合わせて新調された制服は、同校の長い歴史と21世紀型の学びを推進するという先進的な教育理念を持つ同校らしさを表現しています。

「品位を保ちながら、伝統を引き継いでいける制服であることがコンセプト。日本橋のイメージカラーでもある濃紺を採用しました」(副校長/宗像諭先生)

 また、シャツは夏・冬ともに白とライトブルーの2色、盛夏服としてポロシャツ、女子はリボンとネクタイが選択可能など、自由度が高いことも特徴です。そこには、『制服を着こなす』ことに重きを置き、自身のアイデンティティーをコーディネイトで表現するとともに、TPOに合わせた着こなしを学んでほしいという思いが反映されています。

 共学化により、新たに作られた男子の制服は、スーツタイプのデザインです。着丈の長さやズボンの腰周りの太さなどは現代風にアレンジされていますが、落ち着いたデザインになっています。

女子の冬服スカートと夏服のスカート。どちらも、スクールカラーでもある濃紺を基調としていますが、チェックの太さが違うため、印象も異なります。
女子の冬服スカートと夏服のスカート。どちらも、スクールカラーでもある濃紺を基調としていますが、チェックの太さが違うため、印象も異なります。

女子の冬服スカートと夏服のスカート。
どちらも、スクールカラーでもある濃紺を基調としていますが、チェックの太さが違うため、印象も異なります。

夏、冬兼用のリボンとネクタイは、濃紺に薄いブルーのラインが入ったシンプルなデザインです。女子は、ネクタイを着けることもできます。
夏、冬兼用のリボンとネクタイは、濃紺に薄いブルーのラインが入ったシンプルなデザインです。女子は、ネクタイを着けることもできます。

夏、冬兼用のリボンとネクタイは、濃紺に薄いブルーのラインが入ったシンプルなデザインです。
女子は、ネクタイを着けることもできます。

成立年度と同校のロゴがかたどられたエンブレムが、ブレザーの胸元を彩ります。また、シャツ、ベストには同校のイニシャルである「KN」の文字が刺繍されています。
成立年度と同校のロゴがかたどられたエンブレムが、ブレザーの胸元を彩ります。また、シャツ、ベストには同校のイニシャルである「KN」の文字が刺繍されています。

成立年度と同校のロゴがかたどられたエンブレムが、ブレザーの胸元を彩ります。
また、シャツ、ベストには同校のイニシャルである「KN」の文字が刺繍されています。

指定バッグは、手持ち、リュック、斜めがけの3ウェイタイプ。高い機能性を持ちながら、黒地に金の組み合わせで上品なイメージです。
指定バッグは、手持ち、リュック、斜めがけの3ウェイタイプ。高い機能性を持ちながら、黒地に金の組み合わせで上品なイメージです。

指定バッグは、手持ち、リュック、斜めがけの3ウェイタイプ。
高い機能性を持ちながら、黒地に金の組み合わせで上品なイメージです。

夏はポロシャツも着用できます。高品質な生地でできたポロシャツは、着崩れず、品位を保ったデザインです。また、冬、夏ともにシャツは白とブルーの2色が用意されており、自身の好みでコーディネイトすることができます。夏はポロシャツも着用できます。高品質な生地でできたポロシャツは、着崩れず、品位を保ったデザインです。また、冬、夏ともにシャツは白とブルーの2色が用意されており、自身の好みでコーディネイトすることができます。
夏服は、シャツとプリーツスカート、またはスーツタイプのパンツが基本。紺、または白のベストを着用することもできます。夏服は、シャツとプリーツスカート、またはスーツタイプのパンツが基本。紺、または白のベストを着用することもできます。

(この記事は『私立中高進学通信2017年7月号』に掲載しました。)

開智日本橋学園中学校  

〒103-8384 東京都中央区日本橋馬喰町2-7-6
TEL:03-3662-2507

進学通信掲載情報

【中学入試のポイント】多彩な入試で主体的に学ぶ生徒を募る
【学校ってどんなところ?生徒の一日】国際社会で活躍する日をめざして仲間と楽しく切磋琢磨!
【私たち、僕たちが大好きな先生】めざすは“ラーニングエンジニア”生徒が学ぶために自ら学ぶ人でありたい
【校長が語る 思春期の伸ばし方】「共感」して行動する経験を重ね 自己肯定感と主体的に発信する力を育む
【制服物語】アイデンティティーを表現しながら上品さを兼ね備えた制服
【中学入試のポイント】多彩な入試で受験生の“一生懸命”を応援
【子どもの自立を促す教育】探究と対話重視の授業で発信力を高め 自主性が育つのをサポート
【熱中!部活動】100年以上の歴史を持つ伝統校の活気ある活動
【Students' Chat Spot】生徒主体の「探究型の授業」や実践的な英語教育を通じて国際社会を視野に入れた真の学力を身につける
【SCHOOL UPDATE】哲学対話 正解のない対話を通じて自ら問いかけ考える力を養う
【10年後のグローバル社会へのミッション】開智から引き継いだ探究型授業で21世紀型の人材を育成
【私学の先生から受験生へのアドバイス】受験生が“得意”を生かせる入試システム
【キャンパス歩き】水と緑に囲まれた環境を学びの空間として最大限に有効活用
【The Voice 新校長インタビュー】平和で豊かな国際社会を創造する グローバルリーダーを育てたい
進学通信2017年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ