LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年7月号

制服物語

品川翔英中学校

未来への躍進を願って
見栄えも、着心地も、デザインは“日本女性仕様”

 次代を担う、自立した女性の育成を掲げる同校。「清く、正しく、美しく」あるよう、身だしなみへの細やかな気配りを生徒に求めています。

「きちんと着用したときに美しく見える」制服をデザインしたのは、女性ならではの仕草にマッチする携帯電話の商品開発を手がけたこともある幾田桃子氏。ジャケットは女性らしいシルエットで、チェックが鮮やかなスカートは、幅広のプリーツが活動的な印象を与え、同校が求める「主体的に考え、決断する女性像」を体現しています。

 ジャケットのピーチベージュは日本人の肌の色に合い、袖がやや前身頃についているのは、机で勉強する際、窮屈にならない配慮からデザインしたとのこと。女性のための商品づくりの数々にコンセプトワークから携わったデザイナーらしく、色・形へのこだわりは非常に理にかなっています。

 幾田氏の社会で活躍する姿はまさに生徒のロールモデル。同校にて、生徒対象に女性の生き方をテーマとした講演を行ったこともあるそうです。生徒たちが身にまとう制服には彼女たちの、将来への期待が込められています。

中学(右)と高校(左)の制服は、リボンとスカートとソックスの色が異なります。中学(右)と高校(左)の制服は、リボンとスカートとソックスの色が異なります。
落ち着いたカラーの通学鞄は、淡い色合いの清楚な制服との相性がよく、コーディネートのアクセントになります。落ち着いたカラーの通学鞄は、淡い色合いの清楚な制服との相性がよく、コーディネートのアクセントになります。
中高共通のピーチベージュのジャケットは、「かわいらしくて、明るい気分になれる」と生徒に好評です。中高共通のピーチベージュのジャケットは、「かわいらしくて、明るい気分になれる」と生徒に好評です。
中学で着用する明るいピンク色のリボンは、高校では一変して落ち着いた茶色に。ジャケットはシルエットの美しさも評判です。中学で着用する明るいピンク色のリボンは、高校では一変して落ち着いた茶色に。ジャケットはシルエットの美しさも評判です。
机に向かった姿勢でも窮屈にならない制服について、「動きやすくて、とても楽です」と、生徒たちは着心地にも満足しています。机に向かった姿勢でも窮屈にならない制服について、「動きやすくて、とても楽です」と、生徒たちは着心地にも満足しています。

(この記事は『私立中高進学通信2017年7月号』に掲載しました。)

品川翔英中学校  

〒140-0015 東京都品川区西大井1-6-13
TEL:03-3774-1151

進学通信掲載情報

【私学の校外学習・学外交流】中1生と高1生で行く2泊3日 縦と横のつながりを深める合宿
【私たち、僕たちが大好きな先生】実験を通して本物を見て、触って、感じる体験型の授業で理科の面白さを伝えたい
【制服物語】華やかで活動的な“なりたい自分”になれる制服
【Students' Chat Spot】実験重視の理科授業&ネイティブの先生を交えた英語授業が充実!
【制服物語】未来への躍進を願って見栄えも、着心地も、デザインは“日本女性仕様”
【授業見聞録】英語 生徒自身が考える授業が将来へつながる「志」を引き出す
【子どもの自立を促す教育】生徒に寄り添い 次代を担う実力と志を持った自立した女性を育成する
【制服物語】個性的な色合いとデザインは『主体的に考えて決断し、行動する自立した女性に』という願いを反映
【熱中!部活動】バルーンアート・ハンドクラフトクラブ/生態環境調査クラブ 好奇心を刺激する豊かな環境 興味分野を広げ、伸ばし、深める
【授業見聞録】英語 ネイティブ講師による授業で耳と口を鍛え、心の垣根を取り払う
【中1の始め方】聞いて 話して 体を動かして週4時間の「英語耳」をつくる授業
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】満点を取れない先取り授業より確実な“完熟授業”の徹底を図る
【注目のPICK UP TOPIC!】海外での異文化体験に感動!感激!初めてのオーストラリア修学旅行
【キャンパス歩き】実験や体験を重視 充実の環境で、思う存分理系の学びにチャレンジ
進学通信2017年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ