LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年7月号

子どもの自立を促す教育

富士見丘中学校

次世代に求められる「積極性」や「他者と協働できる力」
精神面の育成を重視した教育

2017年の3月、全国のSGH(スーパーグローバルハイスクール)が参加したSGH甲子園。 “What Japan can learn from English education in Singapore”と題し、シンガポール・フィールドワークを経た研究成果を披露しました。

2017年の3月、全国のSGH(スーパーグローバルハイスクール)が参加したSGH甲子園。
“What Japan can learn from English education in Singapore”と題し、
シンガポール・フィールドワークを経た研究成果を披露しました。

SGH甲子園には、ポスターセッション部門にも2チームが参加し、全国の高校生との研究交流で多くの刺激を受けました。SGH甲子園には、ポスターセッション部門にも2チームが参加し、全国の高校生との研究交流で多くの刺激を受けました。

 2015年より、文部科学省より「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」に指定されている同校。先進的な英語教育や多様な国際交流・留学プログラム、大学と連携して行うアクティブラーニングでの課題解決など、グローバルリーダーを育成するさまざまなプログラムが用意されています。同校の取り組みについて、教頭の白鶯訓彦先生にうかがいました。

優秀賞と審査員特別賞をダブル受賞!
白鶯訓彦 先生白鶯訓彦 先生

富士見丘中学高等学校教頭、社会科(地歴)教諭。現在、SGH統括責任者としてプログラム全体のコーディネートを担う。

 社会で求められる人材の変化にともない、教育に求められる内容も大きく変わろうとしている昨今。単に知識を得るだけではなく、その知識を利用して課題を解決する力や、他者と建設的な意見交換をしながら何かを作り上げていくことのできる力が求められるようになりました。

 同校では、このような時代の流れにいち早く対応し、社会の変化の中にあっても、自立して生きることができる女性を育てるための教育環境を整えています。

「英語教育や国際交流・留学プログラムが充実しているのはもちろんのこと、積極性や他者と協働できる力など、精神面を育むことを重視しています。最も力を入れているのはプレゼンテーション能力の育成。その成果の一つとして、この春、全国のSGHの高校生たちが課題研究の成果を競うSGH甲子園で、本校のグループが『プレゼンテーションの部』の優秀賞と審査員特別賞の同時受賞を果たしました。この結果により、7月にシンガポールで行われる、アジアの中高生が集う大会『グローバル・リンク・シンガポール2017』に特別招待されることになりました。快挙です」

 英語力はもちろん、プレゼンのスキルが評価されての今回の受賞。授業や行事などで日々行われているプレゼンの機会が、力を磨きました。

「SGHのカリキュラムの1つとして、国内外でのさまざまなフィールドワークを行っていますが、始業式や終業式には、それらに参加してきた生徒たちによるプレゼンの機会を必ず設けるようにしています。全校生徒という大勢を目の前にしたプレゼンの経験値を上げると同時に、先輩たちの各活動の話を聞くことで後輩たちが刺激を受ける、とても良い機会になっていると思います」

中学からの積み重ねが大きな舞台での活躍に!

 大勢を目の前にしたプレゼンができるようになるまでには、グループ単位やクラス単位といった少人数でのプレゼンで、何度も経験を積んでいきます。

「例えば、中学2年では、研修旅行で行った京都について、グループでポスターを作って発表します。また、それだけではなく、他のグループの人にその内容を解説する小規模でのプレゼンを全員が行っています」

 大きな舞台でも堂々と振る舞う生徒たちのスキルと度胸を鍛えたのも、このような機会の積み重ねです。同時に、課題を発見したり、企画力や創造力を鍛えたりする機会も徐々に増やしていきます。

「中学の時点から、大学と連携した活動に取り組んでいます。昨年から始めたのは、武蔵野美術大学との連携。中2の生徒がキュレーターとなり、武蔵野美術大学の学生の作品を選んで美術展を開催しました」

 大学生に教えてもらいながら、美術展をPRするチラシやポスターなどの用意も生徒が担当します。初めは、目的や意図をよく理解せずに戸惑いながら参加していた生徒たちも、だんだんと自分たちの手でものごとを作り出す面白さややりがいを感じるようになると言います。

「高校2年生を対象にした『サステイナビリティ演習』で『災害と地域社会』について研究したグループからは、学んだことを実際の行動に移すための『防災訓練』の企画や、災害時に携帯する『防災ポーチ』の必要性を啓蒙するCM作りを行いたいという声が上がり、実施に至りました。ゆくゆくは、生徒たち自身が企画を立ち上げてプログラムを推進していく、そんな形態での学びも可能になるのではないかと期待しています」

中2生が企画した美術展 「 I (アイ)展」。武蔵野美術大学の学生と共同で取り組みました。中2生が企画した美術展 「 I (アイ)展」。武蔵野美術大学の学生と共同で取り組みました。
アジアを中心とする高校生が、国際課題に関する考えや研究成果を英語で発表するイベント「グローバル・リンク・シンガポール」。昨年は、高3生がポスターセッション部門に参加して、1位を受賞しました。アジアを中心とする高校生が、国際課題に関する考えや研究成果を英語で発表するイベント「グローバル・リンク・シンガポール」。昨年は、高3生がポスターセッション部門に参加して、1位を受賞しました。
2018年度より「グローバル・アスリートコース」新設!

 インターハイ団体優勝10回(歴代1位)を誇る高校テニス部を主対象とした既存の「トップ・アスリートコース」に加え、来年度より、それに連結する「中学グローバル・アスリートコース」を新設。世界に飛び立つグローバルアスリートを育てます。

(この記事は『私立中高進学通信2017年7月号』に掲載しました。)

富士見丘中学校  

〒151-0073 東京都渋谷区笹塚3-19-9
TEL:03-3376-1481

進学通信掲載情報

【私学の英語最前線】“きめ細かな”指導で全生徒の英語力を伸ばす
【熱中!部活動】「生徒主体」で目標を設定し楽しみながら意欲的に成長
【未来を切り拓くグローバル教育】勉強プラスアルファの「資質」を育てる 複雑化する社会が求める"未来を生き抜く力"
【制服物語】グローバルな女性として世界を意識した制服に一新
【注目のPick up TOPIC!】日本人が苦手とする“話す・書く”を強化 英語力のレベルが年々アップ
【子どもの自立を促す教育】次世代に求められる「積極性」や「他者と協働できる力」精神面の育成を重視した教育
【SCHOOL UPDATE】アイ展 総合力をつけ達成感を味わう
【校長が語る 思春期の伸ばし方】『人がいるから自分がいる』ことに気づき 他者のことを考えられる女性を育てたい
【Students' Chat Spot】グローバルリーダーを育成するためのシンガポール海外フィールドワーク
【中1の始め方】サスティナビリティの視点を持った若き淑女を育成
【学校生活ハイライト】国際性豊かな若き淑女の育成をめざし姉妹校への留学でグローバル感覚を養う
【10年後のグローバル社会へのミッション】SGH指定校として大学と連携 グローバル社会での問題解決力を養う
【目標にLock On_!! 私の合格Story】中2の職業体験で見つけた薬剤師という目標に向け努力の日々
【私学しゅん報】新春カルタ大会 クラスの絆を強める
【めざせ 次代のグローバルリーダー】指定校推薦で海外大学に進学も 世界で活躍するための人間力を伸ばす
【Students' Chat Spot】「国際性豊かな若き淑女の育成」を教育目標に掲げ、楽しさと感動が伴う「学び」があふれる
【めざせ 次代のグローバルリーダー】異文化・多様性理解をベースに育てる“真の国際人”
進学通信2017年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ