Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年7月号

学校生活ハイライト

足立学園中学校

頼りになる先輩と行動を共にして
人間的にも成長する後輩たち

生徒同士が励まし合って絆を強める25年目を迎えた「強歩大会」
折り返し地点の葛西臨海公園から復路のスタートです。しっかり休憩をして、パワーを再充電。ゴールまで15km、みんなで助け合って完歩するぞ〜!

折り返し地点の葛西臨海公園から復路のスタートです。
しっかり休憩をして、パワーを再充電。ゴールまで15km、みんなで助け合って完歩するぞ〜!

中3生・中2生が中1生をサポートしながら、班ごとにまとまって歩き通す「強歩大会」。

ほとんどの中1生にとって30kmの道のりを歩くのは、たやすいことではありません。

大切なのは、競争するのではなく、先輩と後輩が協調しながら歩くこと。

優しく面倒見のいい先輩に助けられながら、ひとつのことを成し遂げた経験は、先輩から後輩によき伝統として受け継がれていきます。

 ゴールデンウィーク目前の4月28日、初夏を思わせる陽気の中、同校恒例の「強歩大会」が行われました。1993年に始まったこの大会、今では中3・中2生と、中1生とがチームとなって完歩をめざす中学生全員参加のイベントとして定着しています。

 道のりは約30㎞。学校から隅田川沿いを葛西臨海公園まで歩き、休憩・昼食後再び学校をめざします。ほとんどの中1生にとって30㎞歩くのは初めてのこと。完歩するのは容易ではありません。だからこそ頼りになるのが先輩の存在です。事前に班ごとに顔合わせをし、歩きながらいろいろな話をするうちにすっかり親しくなった先輩と後輩。「あとちょっと。がんばろう」と励まし、時にはリュックを持ってくれる先輩の姿は、中1生には頼もしく映ったことでしょう。

 ゴールとなった食堂で、達成感あふれる表情で豚汁とおにぎりをほおばる生徒たちに聞いてみました。

「ふくらはぎが痛くて疲れました。でも先輩がやさしく助けてくれて完歩できました」(中1生)

「去年はきつかったですが、今年は体力もつき、後輩をバックアップすることができました」(中2生)

「班でまとまって、みんなで楽しく終えることができてよかったです」(中3生)

 強歩大会を終え、体育祭が行われた5月半ば頃には、生徒同士の絆はさらに強くなり、中1生もぐんとたくましくなって、すっかり学校生活に溶け込んでいます。

いよいよ最終のチェックポイント。班の全員がそろっているか確認を受けて、土手から下りると、学校まであとちょっと。いよいよ最終のチェックポイント。班の全員がそろっているか確認を受けて、土手から下りると、学校まであとちょっと。
8時20分、参加者全員が学校の中庭に集まって開会式。校長先生のお話を聞き、注意事項を確認。班ごとに分かれていよいよ出発です。8時20分、参加者全員が学校の中庭に集まって開会式。校長先生のお話を聞き、注意事項を確認。班ごとに分かれていよいよ出発です。
完歩したぞ〜! 食堂で最後のチェックを受けると、豚汁とおにぎりが待っています。励まし合ってたどりついたゴール。喜びはひとしおです。完歩したぞ〜! 食堂で最後のチェックを受けると、豚汁とおにぎりが待っています。励まし合ってたどりついたゴール。喜びはひとしおです。
折り返し地点の葛西臨海公園に到着し、まだまだ余裕の笑顔を見せる生徒たち。お弁当を食べて、リフレッシュ。折り返し地点の葛西臨海公園に到着し、まだまだ余裕の笑顔を見せる生徒たち。お弁当を食べて、リフレッシュ。
30kmという長い道のりを歩き通し、「ちょっと足が痛い」などと話す生徒たちですが、表情には充実感が表れていました。30kmという長い道のりを歩き通し、「ちょっと足が痛い」などと話す生徒たちですが、表情には充実感が表れていました。
荒川沿いの土手のコースをひたすら歩きます。復路も半分を過ぎて少し疲れてきたけれど、ここまで来れば完歩あるのみ。がんばろう!荒川沿いの土手のコースをひたすら歩きます。復路も半分を過ぎて少し疲れてきたけれど、ここまで来れば完歩あるのみ。がんばろう!

(この記事は『私立中高進学通信2017年7月号』に掲載しました。)

足立学園中学校  

〒120-0026 東京都足立区千住旭町40-24
TEL:03-3888-5331

進学通信掲載情報

【中学入試のポイント】やる気を評価する『志入試』2020年度からスタート
【学校生活ハイライト】熱気あふれる骨太な体育祭がクラスの団結力と友情を育む
【SCHOOL UPDATE】特別優遇制度 兄弟、同窓生の子息、孫の和を広げ社会で活躍できる存在に
【The Voice 校長インタビュー】徹底した「生徒第一主義」で生徒の夢を教師一丸となってサポート
【目標にLock On!! 私の成長Story】たくさんの人に支えられ仕事の基盤となる力を育んだ中高時代
【6年間の指導メソッド】高校にコース制を導入し可能性を広げる
【学校生活ハイライト】頼りになる先輩と行動を共にして人間的にも成長する後輩たち
【グローバル時代の学び方】3年間かけてグローバルな素養を育てる総合学習
【私学の光輝】強歩大会 「強歩」で心身ともにたくましく成長
【中学入試のポイント】将来を見据えた授業改革と中学入試改革
【SCHOOL UPDATE】ICTとアクティブラーニングの活用 生徒自らの学ぶ意欲を育てる授業改革
【未来を生き抜く学力のつけかた】男子の知的好奇心を刺激し学習意欲を高めながら未来へと導く授業改革
【Students' Chat Spot】一人ひとりの能力・個性を伸ばす指導
【キャンパス歩き】地域の熱意に応えて誕生した学園の自学自習を実現する学び舎
【大学合格力強化計画】現役合格に強く“入学後に伸びる”男子伝統校の教員力
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】始めからできなくてもいい ありのままでいられる環境のなかで文武両道の男子へと成長させる学園
進学通信2017年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ