LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年6月号

制服物語

日本大学豊山中学校

伝統への愛着を育む詰襟学生服は
自主性を引き出す動きやすさが魅力

 2015年に創設60周年を迎えた同校は、「強く、正しく、大らかに」という校訓が示すように、人として健やかに成長できる環境を整えています。

 また自主性を重んじる教育も特徴で、生徒が自身の将来を見据え、計画的に学習に励むように指導しています。

 古くからの伝統を重んじ、かつ時代に適した教育を追求する同校のカラーは、その制服にも反映されています。長年愛され続ける詰襟学生服のデザインは、昨年のリニューアル後も受け継がれ、一方で機能性は大幅に向上しました。

「上着の裾をサイドベンツ(裾の両側にスリットが入ったデザイン)に変更したことで、より動きやすくなっています」(広報副主任/真利久ファルハン先生)

 新制服は洗濯機での丸洗いも可能で、ハンガーに吊るさなくてもシワになりにくいなど、扱いやすさも長所。身だしなみが気になる保護者にも好評です。

 活動的でありながら凜とした新制服のたたずまいは、文武両道の校風と、自主的な成長を促す教育姿勢を見事に体現しています。

高校のシャツは品のある白。校舎周辺には高層建築が建っていないため、窓からは穏やかな日差しが差し込み、生徒たちの表情も和らぎます。高校のシャツは品のある白。校舎周辺には高層建築が建っていないため、窓からは穏やかな日差しが差し込み、生徒たちの表情も和らぎます。
ベルトのバックルは日本大学付属校らしく、『N』の文字をかたどったデザイン。ベルトのバックルは日本大学付属校らしく、『N』の文字をかたどったデザイン。
中学のシャツの色は、爽やかな印象を与えるサックスブルー。中学のシャツの色は、爽やかな印象を与えるサックスブルー。
文武両道で部活動の盛んな同校の鞄はスポーツバッグ。ピンク色の二本ラインが、他校の生徒からも人気を得ています。文武両道で部活動の盛んな同校の鞄はスポーツバッグ。ピンク色の二本ラインが、他校の生徒からも人気を得ています。
袖に入ったラインが、中学の制服のアクセント。ラインを外せば高校の制服として使用できます。袖に入ったラインが、中学の制服のアクセント。ラインを外せば高校の制服として使用できます。
裏地には、『BUZAN』の文字と、日本大学のカラーであるピンク色のステッチが入っています。裏地には、『BUZAN』の文字と、日本大学のカラーであるピンク色のステッチが入っています。
自立型でなだらかなカーブの詰襟は、ホックがないため窮屈ではなく、首元に美しいラインを描きます。自立型でなだらかなカーブの詰襟は、ホックがないため窮屈ではなく、首元に美しいラインを描きます。
セーターとベストが用意されているので、季節の変わり目も快適に過ごせます。セーターとベストが用意されているので、季節の変わり目も快適に過ごせます。
進学通信2017年6月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ