LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年6月号

Students' ChatSpot

昭和女子大学附属昭和中学校

和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しい学校です。

スーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定校として、国際的に活躍できるリーダーの育成に取り組んでいる同校。2016年度より、生徒の可能性をさらに広げる3つのコースがスタート。新カリキュラムの1年目を終えた中1生3人に話してもらいました。
M.H さん M.H さん

グローバル留学コース。吹奏楽部に所属。海外での生活に興味があったので、グローバル留学コースを選びました。

A.A さんA.A さん

本科コース。卓球部に所属。先輩に新しい技を教えてもらって、できるようになった瞬間がとてもうれしいです。

S.O さんS.O さん

本科コース。テニス部に所属。先輩たちは、テニスがとても上手で尊敬もできるので、見習いたいと思っています。

この学校の良いところはどこですか?

S・Oさん
先輩たちとの関わりが深く、私たち1年生にとてもやさしく接してくれるところ。部活動はもちろん、学年を越えてグループをつくり、毎日の掃除などの活動をする『朋友班』でも、いろいろなことを教えてもらっています。

M・Hさん
友達が明るくて親切なところ。グローバル留学コースは小学校からの内部進学生が多いので、初めは心配したのですが、みんなが話しかけてくれてすぐになじむことができました。

A・Aさん
毎年行われる『学寮研修』や、中2で予定されているアメリカ・マサチューセッツ州ボストンでの研修など、泊りがけの行事が多いところ。中1の5月に行った学寮研修でクラスメートととても仲良くなることができたので、この先の宿泊行事を通じて仲間との絆をもっと強くしていきたいと思います。

コースごとの特徴を教えてください

M・Hさん
グローバル留学コースでは、英語の授業が週7時間あります。美術や数学の授業も英語で行われることがあり、英語に触れる機会がたくさんあります。海外に目を向ける機会も多く、1年生では『アジアディスカバリー』という研修で、シンガポールとマレーシアを訪れました。4年生で、10カ月間のカナダ長期留学が必修になっているのも大きな特徴です。

S・Oさん
本科コースには、調べ学習をする機会がたくさんあります。1年かけて、自分の調べたいテーマを研究した『私の研究』や、一つのテーマをクラスで共同研究し、結果を文化祭で発表したことが印象に残っています。

A・Aさん
自分が『私の研究』で選んだテーマは、『クラシック音楽におけるピアノの必要性』です。小学生の時に習っていたピアノの先生や楽器店の方へインタビューしたりして、研究をまとめました。フィールドワークの方法などを担当の先生がアドバイスしてくれるのがとても役立ちました。中3になると、理数系に進みたい生徒のために「スーパーサイエンス」コースが用意されています。やりたいことを応援してくれる教育環境があると思います。

この1年で成長を感じた点やこれからがんばりたいことは?

M・Hさん
入学前に英語や英会話は習ったことがなく、アルファベットも書くことができなかったのですが、グローバル留学コースで学ぶうちに英語が得意になりました。アジアディスカバリーでは、現地の中学生と英語を使う交流に挑戦し、会話が続いたのがうれしかったです。約2年後に控える長期留学に向けて、さらに英語力を磨いていきたいと思います。

A・Aさん
もともと人見知りで、人前で発言したりすることは苦手です。でも、漠然とですが、将来は保育関係の仕事に就きたいと思っているので、人と積極的なコミュニケーションが取れるようにがんばりたいです。

S・Oさん
これから新入生を迎えます。先輩たちが自分にしてくれたように、後輩にやさしく接して、後輩たちの良いお手本になりたいと思います。

先生や友達、先輩がやさしいのがこの学校の良いところ!
「勉強でわからないことがあると、先生たちがていねいにわかるまで教えてくれます。」「総合力をつけたい「本科コース」、高校で長期留学に挑戦する「グローバル留学コース」、将来理数系に進みたい生徒のための「スーパーサイエンスコース(中3から)」の3つのコースがあります。」「勉強でわからないことがあると、先生たちがていねいにわかるまで教えてくれます。」
「総合力をつけたい「本科コース」、高校で長期留学に挑戦する「グローバル留学コース」、将来理数系に進みたい生徒のための「スーパーサイエンスコース(中3から)」の3つのコースがあります。」
「小学生の時に受けた昭和女子大学附属昭和の体験授業が面白く、苦手だった算数が好きになって、受験勉強もがんばるようになりました。今も数学の授業が一番好きです。」「クラブ体験に参加したら、先輩たちがとてもやさしく接してくれたので、入学したいと思いました。」「来年は、ボストンでの研修に全員が参加。学園施設『昭和ボストン』に滞在して学びます。海外に学校の施設があるなんてとても驚きました!」「小学生の時に受けた昭和女子大学附属昭和の体験授業が面白く、苦手だった算数が好きになって、受験勉強もがんばるようになりました。今も数学の授業が一番好きです。」
「クラブ体験に参加したら、先輩たちがとてもやさしく接してくれたので、入学したいと思いました。」
「来年は、ボストンでの研修に全員が参加。学園施設『昭和ボストン』に滞在して学びます。海外に学校の施設があるなんてとても驚きました!」

(この記事は『私立中高進学通信2017年6月号』に掲載しました。)

昭和女子大学附属昭和中学校  

〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
TEL:03-3411-5115

進学通信掲載情報

【学校生活ハイライト】『ザ・ボストン ミッション』でアクティブな海外研修を経験 意欲的な学びを英語漬けで体験
【その先に備えるキャリア教育】体験 卒業後につながる体験で リーダーシップマインド育成
【SCHOOL UPDATE】スーパーサイエンスコース 大学連携で専門性を追求
【Students' ChatSpot】和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しい学校です。
【グローバル時代の学び方】全人教育で未来を拓きグローバルな力を鍛える
【学校生活ハイライト】日本文化をより深く知る 国際人としての学習
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】NEXTと言えるのは築いてきた確かな礎があるから ─「SHOWA NEXT」がめざす教育とは
【学校生活ハイライト】グローバル社会で躍動し 輝く女性になるために おそれることなく世界に飛び出そう!
【未来を生き抜く学力のつけかた】伝統と先進を融合させた独自の中高一貫教育で未来を見つめ自ら力を発揮する女性を育成する
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】グローバル社会で活躍できる人材を育てる新カリキュラム「SHOWA NEXT」
【めざせ 次代のグローバルリーダー】高大・産学連携でグローバルなキャリアを描く女性を育成
【母校にエール!OGOB interview】中高で学んだチャレンジ精神が私をずっと支えてくれました
【私学の光輝】感謝音楽祭
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】中高6年間の土台となる学習習慣を築く『学寮』
進学通信2017年6月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ