LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年6月号

熱中! 部活動

横浜創英中学校

表現力や団結力を培い人間性を豊かにする

バトン部
家族のようにかけがえのない仲間と育む連帯感
基礎練習の後は、コーチの振り付け指導のもと、チームごとに曲に合わせて演技を作り上げていきます。

基礎練習の後は、コーチの振り付け指導のもと、チームごとに曲に合わせて演技を作り上げていきます。

 中高ともに数々の全国大会で輝かしい成績を誇る強豪校として知られている同校のバトン部。 

「バトンは、もともとチームを応援して元気づけるチアから始まっている競技なので、自分の想いを伝える表現力を育むことができます。入部した生徒は、自分を表現することで、自己肯定感も高くなっていきます」と話すのは、顧問の福田果実先生。

 自然な笑顔と礼儀正しいあいさつが身についている生徒たちは、校内を歩いていても、その笑顔と振る舞いでバトン部の生徒だとわかると言います。

「バトンは集団競技でもあるので、全員の気持ちが一つにならないと、本当の意味でのシンクロはありません。一つの集団として学年の垣根を越えて団結できるよう、たくさん会話をしたり、円陣を組んだりと、技術だけでなく、精神面でのアプローチも意識しています」(福田先生)

 生徒たちは、練習や大会を通じて、目標に向かって努力する大切さを学び、苦労や達成する喜びを経験しながら、豊かな人間性を育んでいきます。

 また、同校が掲げる「考えて行動のできる人」という教育方針は、バトン部にも活きています。

「昨今は受け身の生徒が多いので、自ら考えて行動できるよう、練習メニューを自分たちで考えたり、先輩が後輩に教えたりと、主体性を持って練習に取り組めるように指導しています」(福田先生)

 2016年度のアメリカ大会に高校生が出場したのも、きっかけは、生徒たちが自発的に「世界大会に挑戦したい」と申し出たことがきっかけでした。

 同校の生徒は、希望の実現がめざせる恵まれた環境の中、意欲的に部活に取り組み、有意義な学校生活を送っていきます。

 演技の際、手が決められた位置に落ち着くように、ダンベル代わりにペットボトルを持った練習も行います。 演技の際、手が決められた位置に落ち着くように、ダンベル代わりにペットボトルを持った練習も行います。
 バトンは「笑顔」も大切。入部当初は笑顔を作るのが苦手な生徒も、部活動を通じて、自然に魅力的な笑顔が引き出せるようになります。 バトンは「笑顔」も大切。入部当初は笑顔を作るのが苦手な生徒も、部活動を通じて、自然に魅力的な笑顔が引き出せるようになります。
 基礎がしっかりできてこその演技のため、大会直前でも基礎練習は欠かせません。 基礎がしっかりできてこその演技のため、大会直前でも基礎練習は欠かせません。
 バトンの演技には、クラシックバレエの動きもあるので、バレエの要素を取り入れた練習も行います。 バトンの演技には、クラシックバレエの動きもあるので、バレエの要素を取り入れた練習も行います。
 どうすれば演技がそろうか、生徒自らが話し合い、練習を重ね、全員同じ気持ちで踊り切ります。  どうすれば演技がそろうか、生徒自らが話し合い、練習を重ね、全員同じ気持ちで踊り切ります。
 春夏冬と年3回の大会出場に向けて、部員一丸となって、演技を仕上げていきます。落ち込むことがあっても、支え合う仲間や先生がいるからこそ、頑張れます。 春夏冬と年3回の大会出場に向けて、部員一丸となって、演技を仕上げていきます。落ち込むことがあっても、支え合う仲間や先生がいるからこそ、頑張れます。
 日々の練習は、ストレッチ、足上げ、ジャンプ、ターンなどの基礎練習を重点的に行います。 日々の練習は、ストレッチ、足上げ、ジャンプ、ターンなどの基礎練習を重点的に行います。

中学部長 福岡幸優さん(中3)
中学部長 福岡幸優さん(中3)

大会に向けて仲間と団結して目標に向かっていく楽しさ。そして、苦しいことを乗り越えて一つの目標をつかむ喜びと達成感を得られるところがバトン部の魅力です。

高校部長 塚本菜々さん(高3)
高校部長 塚本菜々さん(高3)

バトン部の仲間は、家族よりも長い時間を一緒に過ごしているかけがえのない存在。頑張る源でもあり、支えられています。学年関係なく、部員はみんなとても仲良しです。

■活動日/活動時間 月〜金/15:50〜18:00(高校生は〜19:00)
土/9:00〜13:00(学校がある週は13:00〜17:00)
日/9:00〜13:00(月に2、3日は不定期で休暇日あり)
■部員数 中1=5名 中2=5名 中3=2名 高1=16名 高2=12名 高3=11名
■主な実績 <2016年度>
【中学バトン部】
・全国中学校ダンスドリル選手権大会ソングリーダー部門Small編成 第1位/団体総合 優勝/ミスティーンダンスドリルチーム部門(ソロ)福岡幸優 第1位
・第44回バトントワーリング全国大会 中学校の部ポンポン編成 金賞・最優秀賞
【高校バトン部】
・全国高等学校ダンスドリル選手権大会 ソングリーダー部門Large編成第1位/団体総合 優勝・文部科学大臣賞
・第44回バトントワーリング全国大会 高等学校の部ポンポン編成 金賞・理事長賞
・Japan Open Cheerleading Championship 2016 H.S-Pom部門 第1位
・2017 World School & Performance Cheer Championship Varsity Pom部門 第1位
・National Cup日本 第1位

(この記事は『私立中高進学通信2017年6月号』に掲載しました。)

横浜創英中学校  

〒221-0004 神奈川県横浜市神奈川区西大口28
TEL:045-421-3121

進学通信掲載情報

【私たち、僕たちが大好きな先生】仮説を立てたり、疑問に思ったことを調べたり。自分で学ぶための手法を習得できる授業がしたい
【中1の始め方】多彩な行事を通して自然と身につく創英生としての自覚と誇り
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】主体的な学びが育む『考えて行動のできる人』
【学校生活ハイライト】協調性や表現力も育む生徒主体の一大イベント
【熱中! 部活動】【バトン部】表現力や団結力を培い人間性を豊かにする
【SCHOOL UPDATE】実践的国際教育で世界に羽ばたく人材を育てる
【カリキュラムを読み解く】少人数制で全員の能力を引き上げる
【校長が語る 思春期の伸ばし方】距離感を持ち、幅広い目で見ると 子どもたちの多様な面を評価できます
【目標にLock On!! 私の合格Story】一日一日を無駄にせず自分ができる最大のことを
【学校生活ハイライト】正しい国際感覚を身につけ、人格を形成 外国人留学生と歩く関西歴史研修
【校長が語る 思春期の伸ばし方】日々の授業で鍛錬し自分で考え行動できる人間へと導く教育
【Students' Chat Spot】語学研修などの行事や部活動そして学習サポートを通じた“考えて行動のできる人” の育成
【部活レポート】バトン部
【校長が語る 思春期の伸ばし方】日々の鍛練と段階的な体験で心と頭を磨く
進学通信2017年6月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ