Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年4・5月合併号

Students' Chat Spot

瀧野川女子学園中学校

『創造性教育』を展開
創造性と起業家精神の育成のために行われるさまざまな行事

「校舎の最上階からはスカイツリーが望めます。」

必修授業として中高の5年間にわたり『創造性教育』を展開している同校。キャリアビジョンの発見とともに、創造性と起業家精神の育成のため、さまざまな行事を行っています。今回は、中2から高2の生徒のみなさんに、行事から得たものや将来の夢を語ってもらいました。

S.Sさん(高2)S.Sさん(高2)

受験前の学校説明会で、中3生が卒業論文を堂々と発表している姿にあこがれて入学しました。

K.Hさん(高2)K.Hさん(高2)

授業でホームページを作成したり、課外授業でiPadを操作して3Dプリンタで制作したり。新しい体験で夢が広がっています。

U.Kさん(中3)U.Kさん(中3)

先生と生徒、また先輩後輩の仲が良いのが私たちの学校の自慢です。先輩が後輩に「がんばってるね」と、よく声をかけてくれます。

R.Tさん(中2)R.Tさん(中2)

入学前は制服に惹かれて学校に興味を持ちました。今はITに携わる父と兄がいることもあり、学校のIT教育がとても楽しいです。

一問一答

――思い出に残っている行事は何ですか

S・Sさん
私は高1のブリティッシュヒルズ研修です。普段の授業なら学校の先生が助けてくれることが多いですが、ブリティッシュヒルズでは自分の力でイギリス人の先生と英語でコミュニケーションを取らなければなりません。最初は緊張しましたが、英語が通じた時には喜びを隠せませんでした。ブリティッシュヒルズは英国の暮らしを体験できる施設のため、イギリスの食事や文化にも興味を持つことができました。

K・Hさん
私は英語が苦手なので、ブリティッシュヒルズも、高2のハワイ諸島修学旅行も楽しみよりも不安が大きかったです。でも、実際に行ってみると、外国人の方と意思が通じる喜びを感じることができました。
 ハワイ諸島修学旅行では、『創造性教育』の授業で企画した商品を実際に作成して、ハワイ大学で販売しました。私たちの商品を知ってもらいたくて、必死に自分から話しかけていくうちに、会話をすることが楽しくなったのです。英語への苦手意識が低くなり、また海外に行きたくなりました。

U・Kさん
私は中2で挑んだ『ロボットグランプリ』が思い出深いです。4人の班で取り組みましたが、何を作るかなかなか決まらず、作り始めても意見が衝突して大変でした。そのかいあって、大学生を抑えて準優勝を受賞し、達成感を得ることができました。

R・Tさん
私は中2の奄美冒険旅行です。海の近くのホテルに泊まり、おいしい食事やカヌー体験、また現地の方の優しさに触れることができ、思い出に残る行事になりました。

――将来の夢を教えてください

S・Sさん
医師になりたいという夢を持っています。以前は日本で活躍したいと思っていましたが、学校でいろいろな体験をして世界で活躍できる医師へと夢が大きく膨らみました。大学受験に向けては、課外授業として特別講座を学校が設置してくれているので、高1のときから参加しています。志望校に合わせた指導をしてくださるので心強いです。

K・Hさん
私は、この学校に入って視野が広がったと思います。高1の『創造性教育』の授業で理想の乗り物を考える授業があったのですが、最初はどうしたらいいのかわかりませんでした。しかし、思い浮かんだアイデアを論理立ててまとめ、イラストとしてデザインしていくのが楽しくて、ものづくりや企画・開発に興味を持ちました。

U・Kさん
学校説明会に訪れた保護者の方や小学生に学校説明の動画資料を作ったり、プレゼンテーションをしたことで、動画作りやプレゼンへの興味がグッと増しました。構成を考えるのは大変ですが、それも含めてどうしたら伝わるかを工夫するのが楽しいですね。聞いてる方がうんうんとうなずいていたり、なるほどという表情をしているのを見ると、「やった!」という気持ちになります。

R・Tさん
私はこれまで自分の考えを現実に結びつけて考える経験がなかったのですが、中1の『理想の街づくり』の授業でそれを経験することができました。私は将来医師になりたいと考えているのですが、この授業のあとは、どうしたら多くの人を治療することができるのか、自分で調べるようになりました。将来につながる良い経験になりました。

iPadの活用や商品企画など独自のカリキュラムで将来の夢が広がりました
「大学受験に向けて勉強をがんばってい ます。英語の検定試験にもチャレンジ!」
「来年度は6年間の集大成となる一年。先生やみんなと会えることを一日一日楽しんでいます!」
「中3の卒論発表に中1・中2が参加したり、中3が中2のロボットコンテストの成果を見たり。日頃から学年に関係なく学習の成果を共有しています。」
「中高一貫教育の良さを活かして、医師になる夢を実現できるように学習をがんばっています。」

『第19回ロボットグランプリ』(日本機械学会主催)※で準優勝を受賞したクマ型ロボット「Study help Bear」と。
iPadを使って勉強をサポートしてくれる熊の家庭教師という設定です。

※『ロボットグランプリ』は、機械工学を専攻する大学生や社会人が応募するロボット大会。2016年3月、同校はこの大会の大道芸ロボット競技にて、準優勝を獲得しました。

(この記事は『私立中高進学通信2017年4・5月合併号』に掲載しました。)

瀧野川女子学園中学校  

〒114-0016 東京都北区上中里1-27-7
TEL:03-3910-6315

進学通信掲載情報

【私学だからできるオリジナル教育】『Language Arts』で学びの基礎を築く
【グローバル時代の学び方】ネイティブの先生から英語の楽しさを学ぶ
【学校生活ハイライト】瀧野川女子独自のプログラムで創造性と起業家精神を育む
【Students' Chat Spot】『創造性教育』を展開 創造性と起業家精神の育成のために行われるさまざまな行事
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】iPad Pro×ペンシル×クラウド 感性を刺激して未来を変える
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】創造的な思考力を磨いて未来の社会で活躍する力を育む
【SCHOOL UPDATE】創造性教育 独創ロボットデザインでテクノロジーの面白さを体験
【注目のPICK UP TOPIC!】「理想の街づくり」と「ロボット製作」に挑戦!
【10年後のグローバル社会へのミッション】創造性と起業家精神を育む企業との商品企画プロジェクト
【SCHOOL UPDATE】感動と発見をみんなで共有!卒業論文発表
【注目のPICK UP TOPIC!】10年先、20年先にも対応できる『創造性を育む教育』を体験しよう!
【On Going! 進歩する私学の注目情報】自分の好きなことを社会で活躍する力にする『創造性を育む教育』
【全人教室│心を育む私学の授業】楽しい卒業論文発表で感動と発見を共有しよう!
進学通信2017年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ