Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年4・5月合併号

Students' Chat Spot

日本学園中学校

仲良し4人が語る
いま熱中していることや学校の魅力

都心にありながら広いグラウンド。過ごしやすく楽しい学校です!

「都心にありながら広いグラウンド。過ごしやすく楽しい学校です!」

明治期に活躍した教育者、杉浦重剛先生によって創設された東京英語学校を前身とする同校。杉浦先生は生徒を型にはめることなく、伸び伸びと自己研さんに励むことを勧めたといいます。中1からともに過ごしてきた仲良し4人は、勉強に部活動に“自分らしさ”を模索中。いま熱中していることや学校の魅力を語ってもらいました。

Y.TくんY.Tくん(高1)

陸上部に所属。中3のオーストラリア語学研修では、バスを乗り間違えるピンチを切り抜けた経験も。少しのことでは驚かない精神力がつきました。

N.SくんN.Sくん(高1)

自転車部に所属。高1の夏に岐阜・白川郷1,070キロを1週間かけて走破しました。好きな科目は英語。「覚えた単語がすっと出てくると、勉強の成果を感じます」

Y.MくんY.Mくん(高1)

1月の生徒会選挙で次期生徒会長に選出。先生と生徒、先輩と後輩の仲がいい、楽しい学校をPRするのが目標です。自転車部、軽音部に所属と忙しい毎日です。

K.NくんK.Nくん(高1)

絵画や映画にふれる「表象文化研究部」に所属しています。昨年は史跡をめぐる京都合宿を企画しました。得意な教科は化学。

一問一答

――中学3年間を通して感じたこの学校の魅力は?

Y.Tくん
先生や先輩など、年上の人たちとの垣根がないことですね。本当にみんな仲がいいんです。

Y.Mくん
しかも「節度がある」のがいいところです。仲はいいけれどきちんとしている。

N.Sくん
勉強面では授業でわからなかったところを放課後に聞きに行くと、先生が一対一で指導してくれるので自分の力を伸ばせます。英検や漢検の講座もあって、ていねいに教えてもらえます。生徒のニーズに合わせた『モジュール講習』も役立ちます。

Y.Tくん
毎日の『朝テスト』がコツコツ系の自分には合っていたので、部活動と両立させながら基礎学力を積み上げられたと思います。

K.Nくん
中学は高校ほど人数が多くないので、そのぶん、先生が生徒一人ひとりに与えられるパワーが均等になる気がします。

Y.Tくん
本当に手厚いよね。

N.Sくん
個性的な先生も多いし、授業も楽しいです。

K.Nくん
中1の林業体験やフィールドワークは、この学校でなければできなかった貴重な体験でした。

Y.Tくん
オーストラリア語学研修もね。一家庭に一人ずつホームステイするから、必ず英語を話さなければならないんです。僕はステイ中に行先を間違えてバスに乗ってしまい、なんとか周りのオーストラリア人に話しかけて携帯電話を借りたんです。ホストファミリーと連絡がとれたときはほっとしました。

N.Sくん
英語が聞き取れるようになって、すごく自信になったと思います。

Y.Mくん
今年度から僕たちの学年で、『NGP(Nichigaku Global Program)』といってオーストラリアへのターム(学期)留学が始まったんです。数名の生徒が参加しています。うちの学校は「体験」に力を入れているから、意欲次第でいろいろな経験ができます。

K.Nくん
中学に入るまでは、こんなに体験型のプログラムがあるとは知りませんでした。この学校にきてよかったなと思います。

Y.Mくん
体験というなら、こうして仲間と出会えたのも僕にとってはかけがえのない体験だと思っています。

――たくさんの行事がありますが、印象に残っていることは?

Y.Tくん
なんといっても高校になって『にちがく祭』(文化祭)で自分たちの模擬店ができたことです!中学の間は創作劇の発表をするので、模擬店は高校になるまでのあこがれなんです。

N.Sくん
K.NくんのクラスでSくんが店長を務めた「カフェ ストーバックス」は、にちがく大賞を受賞しました。

K.Nくん
体育祭も楽しかった!組体操の代わりに棒倒しなど、新しいユニークな競技を体育祭実行委員会が考えてくれました。映画鑑賞会や著名人を招いての講演などがよく開かれるのもこの学校の個性的なところですね。

Y.Tくん
ロボットを制作してプログラミングをするコンテストにも熱中しました。

Y.Mくん
もちろん、勉強もしっかりやっています。まだみんな進学や将来のことははっきり決まっていないけれど、充実した高校生活が送れるように全力で行きたいと思います。

体験学習が多い中学時代
先生、先輩、クラスメートとの距離が縮まって楽しい毎日です
来年から高2!勉強も部活もがんばるぞ!「来年から高2!勉強も部活もがんばるぞ!」
「体験学習が多いのが学校の個性。高校になると企画力がアップします。」
「僕にまかせて!生徒会長として学校を変える!」
「中3のオーストラリア語学研修は最初緊張したよね。」
「ホストファミリーと買い物に出かけたりして、日常会話が身についたのがうれしかったな。」

(この記事は『私立中高進学通信2017年4・5月合併号』に掲載しました。)

日本学園中学校  

〒156-0043 東京都世田谷区松原2-7-34
TEL:03-3322-6331

進学通信掲載情報

【注目! News and Topics】自らの興味を探究して発信する『創発学』を通して15年後の自分をイメージ
【実践報告 私学の授業】体験から創造力・発信力を育成する『創発学』
【多様性を身につける国際交流「海外研修(オセアニア)」】自由度の高い海外研修でのびのびとチャレンジ精神を養う
【クローズアップ!海外研修】3カ月間のオーストラリア ターム留学〜にちがくグローカルプログラム〜
【目標にLock On!! 私の成長Story】自転車部の部長や生徒会長として活躍 独自の教育が学びの礎となった6年間
【未来を切り拓くグローバル教育】3種の海外研修が積極性と英語力をアップ
【校長が語る自立へのプロセス】創造してきちんと発信する「創発学」その学びは生徒たちに生きています
【SCHOOL UPDATE】『高校創発学』新規導入でさらに強化 創造力・発信力・思考力を鍛える独自プログラム—『創発学』
【私学の英語最前線】独自の『創発学』を応用英語をやる気になる授業
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】職業人との対話が将来の自分を描くきっかけに
【グローバル時代の学び方】日本語と英語を同時に強化 創造し発信する力を養う
【The Voice 校長インタビュー】デジタルの時代だからこそ大切なリアル体験型学習
【Students' Chat Spot】仲良し4人が語る いま熱中していることや学校の魅力
【私学の光輝】にちがく祭 個の力を発揮しながら、生徒自らが築く学園の歴史
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】林業・漁業・農業体験は好奇心を刺激する貴重な時間
【校長が語る 思春期の伸ばし方】子どもの「思い」を基に得意な道で成長させる
【熱中!部活動】もっともっとうまくなって日本中の人に音楽を届けたい!
【目標にLock On_!! 私の合格Story】“創って発信する” 経験が「僕にもできる」という自信に
【部活レポート】鉄道研究部
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】『にちがく講座』とスケジュール管理を通して課題の発見・解決の基礎となる自学自習力を育成
【私学の先生から受験生へのアドバイス】自己発信できる、創造型のリーダーをめざす生徒の受験に期待
進学通信2017年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ