LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年4・5月合併号

Students' Chat Spot

目黒星美学園中学校

『6年の日』を通して確認し合う仲間との絆と思い出

この学校で本当に良かった!
少人数だから学年全員が仲良し。体育祭では他のクラスも応援しちゃいます。

少人数だから学年全員が仲良し。
体育祭では他のクラスも応援しちゃいます。

カトリックの人間観、世界観による「アシステンツァ(共に在る教育)」の精神に基づき、少人数による細やかな女子教育を行う同校。卒業を前にした高3生5人が集まり、6年間の学校生活を振り返る『6年の日』などについて語り合いました。

※6年生だけが登校して行う半日静修の日。2016年は11月18日に実施。講話を聞いたり、分かち合いを行ったりして自分自身を振り返ります。その中に「ラブレター交換」があります。

紗恵理さん紗恵理さん

中学から生徒会活動を4年間続け、最後は生徒会長を務めました。文化祭や学校鞄について、改革を進めてきました。

星香さん星香さん

管弦楽部でホルンを担当していました。引退するまでに照明や譜面の色を変えるなど、お客さまを楽しませる工夫をしてきました。

雛乃さん雛乃さん

テニス部では部長を務めました。部員50人以上の中で同学年は3人だったので、最後まで支え合って続けられたのが思い出です。

裕香さん裕香さん

軽音楽同好会でボーカルとギターを担当していました。同好会の活動範囲を広げようと、新しいことにチャレンジし続けました。

夏希さん夏希さん

フィリピンボランティア研修を経験し、貧困の問題などフィリピンの現状に触れたことが、将来を決意するきっかけになりました。

一問一答

――『6年の日』について教えてください

学校のどの場所にも6年間の思い出が詰まっています!学校のどの場所にも6年間の思い出が詰まっています!

星香さん
「ラブレター交換」では、クラスメート一人ひとりに手紙を書いて渡し、話し合います。自分でも気づかなかったがんばりや、良いところを見つけてくれた手紙もありました。6年間の思い出があふれてきて、その日は泣いていた記憶しかありません。

夏希さん
普段は何気なく過ごしてきて、互いの気持ちを確認することもないので、中1で出会った頃のことなども書いてあると、覚えていてくれたんだ! とうれしかったです。

紗恵理さん
手紙を渡したのは11月でしたが、私は夏休みくらいから一人ひとりのことを思い出して準備してきました。手紙をもらうと、それぞれの字にも個性や思い出があって……
6年間この学校で過ごしてきて良かったと心から思いました。

裕香さん
手紙は名刺の半分くらいの小さな紙なので、裏までびっしり書きました。もらった手紙にあった些細なエピソードからは、それぞれが自分のことをわかってくれていることが伝わり、感動しました。

雛乃さん
少人数で6年間過ごしてきたので、思い出がない友達はクラスに1人もいないんです。書き始めるとペンが止まらなくなり、書きながらもずっと涙が浮かんでいました。

――思い出に残った行事や出来事は何ですか

夏希さん
高1と高2の時にフィリピンボランティア研修に行きました。貧困で教育が行き届かない子どもたちを目の当たりにして、何かできないかと思うようになりました。

紗恵理さん
私は生徒会活動を長く続けてきました。純花祭(学園祭)を盛り上げるために検討委員会を立ち上げたり、学校鞄が重いというみんなの意見をまとめて、リュックに変更したりするなど達成感を得られました。

裕香さん
軽音楽同好会の思い出が大きいです。純花祭では、体育館で演奏したり、衣装の自由度を認めてもらうように働きかけたり、活動の幅を広げる工夫をしました。

星香さん
体育祭ではクラス全員リレーが盛り上がりました。最初のほうで転んでかなり差がついてから逆転したので、印象的でした。

雛乃さん
テニス部で部長をしていたことを『6年の日』の手紙に「がんばっていたよね」と書いてあって。部活動も行事も、この仲間で良かったとすべてに愛着があります。

――将来の夢や今後がんばりたいことがあれば教えてください

雛乃さん
航空系で働きたいです。小学生から続けている英語や、人と接すること、飛行機、すべて好きなのでずっと憧れてきました

星香さん
大学も悩みに悩んで決めたので、その先まではまだ全然決まっていなくて。4年間の中で考えていきたいです。

裕香さん
私もやりたいことがまだ決まっていないので、大学では資格などをしっかり取得していきたいです。

紗恵理さん
大学の4年間でいろいろなことにチャレンジして、何でも経験したいです。

夏希さん
留学での経験を活かして、国際教育開発学を学びたいです。世界中のすべての子どもが平等でいられるように、ゆくゆくは国際機関で働きたいです。

手紙に「毎日おはようって笑顔で言ってくれてうれしかった」と書いてあり、そういうふうに思っていてくれたんだと、感謝の気持ちを持ちました。手紙に「毎日おはようって笑顔で言ってくれてうれしかった」と書いてあり、そういうふうに思っていてくれたんだと、感謝の気持ちを持ちました。
『6年の日』は言いたいことを伝え合える貴重な機会。この学校も仲間も大好きです。『6年の日』は言いたいことを伝え合える貴重な機会。この学校も仲間も大好きです。
互いの気持ちを知ってから卒業までのわずかな時間も大切に過ごそうと思えました。互いの気持ちを知ってから卒業までのわずかな時間も大切に過ごそうと思えました。

(この記事は『私立中高進学通信2017年4・5月合併号』に掲載しました。)

目黒星美学園中学校  

〒157-0074 東京都世田谷区大蔵2-8-1
TEL:03-3416-1150

進学通信掲載情報

【私学の校外学習・学外交流】互いに刺激し合い成長を促すコラボレーション
【学校生活ハイライト】奉仕の精神をもとに生徒が主体的に取り組む『純花祭じゅんかさい』
【私学の英語最前線】少人数制授業で基礎固め積極性と学ぶ姿勢も培う
【その先に備える キャリア教育】奉仕 ボランティア研修で養われる主体性・協働性・問題解決能力
【目標にLock On!! 私の成長Story】アットホームな校風が合った学校生活将来は看護師として誰かを支える人に
【学校生活ハイライト】国内外の姉妹校・兄弟校と交流し国際化へと飛躍する
【グローバル時代の学び方】英語とボランティア精神で世界に通用する力を育む
【Students' Chat Spot】『6年の日』を通して確認し合う仲間との絆と思い出。 この学校で本当に良かった!
【制服物語】生徒たちの声が活かされた愛校心の持てる清楚な制服
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】「聞く」「話す」「伝え合う」を鍛える『言語力ウィーク』
【Students' Chat Spot】グローバル教育や言語力の育成に注力 多彩な経験によって、大きく成長できるチャンス
【キャンパスのVISION】共生の大切さを知り 日々の祈りを行動に移せる女性を育む
【校長が語る 思春期の伸ばし方】信頼ある関わりを土台にして主体性や積極性を養っていく
【SCHOOL UPDATE】ボランティア研修 日々の祈りを行動に移し他者に手を差し伸べる
【10年後のグローバル社会へのミッション】言語力を武器にボランティアの精神で生きる
進学通信2017年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ