Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年4・5月合併号

注目のPICK UP TOPIC!

共立女子第二中学校

文化も学べる「イマージョン・ワークショップ」

英語の必要性を体感できるプログラム
毎年クリスマスの前に企画されるクリスマスリース作りのワークショップ。材料をキャンパスのあちこちから集めてきて、みんなで作ります。

毎年クリスマスの前に企画されるクリスマスリース作りのワークショップ。
材料をキャンパスのあちこちから集めてきて、みんなで作ります。

英語科のオブライエン・アンドリュー先生英語科のオブライエン・アンドリュー先生

 英語に興味がある生徒たちが自由に参加できる「イマージョン・ワークショップ」。ハロウィーンのランタン作り、クリスマスリース作り、感謝祭の料理作り、ヨガ、英語での講演など、ワークショップの内容は多岐にわたり、年に10回ほど実施されています。英語科の先生たちの他にゲスト講師を招くことも多く、中1〜高3の生徒たちが学年の枠を超えて参加し、イベントごとに集っています。

「『イマージョン・ワークショップ』の魅力は、親密なコミュニケーションを重ねながら、英語だけでなく、文化や歴史、その国での人との付き合い方などさまざまなことを先生が教えてくれることです。例えば『イギリスのティータイム』というイベントでは、スコーンを食べるときのマナーを英語で学びます」
(英語科/オブライエン先生)

 なぜ英語を勉強するのかがわからないまま、たんにしなくてはならないものというのでは、モチベーションが上がらないものです。「イマージョン・ワークショップ」は、生徒たちが普段授業で勉強している英語を、実際に使う機会を増やすために始められた活動なのです。

「『英語なんて必要ないのに……』と思いながら勉強している生徒のために『英語は必要だよ。英語を使う機会はたくさんあるよ』と実感してもらいたくて、この活動を始めました。例えば1学期にヨガのワークショップを行いました。そのときのインストラクターの先生は英語が得意だったので、修行でインドに行った際、師匠から英語で指導を受けることができたそうです。また、日本にはないヨガの本を、英語で読んで学ぶこともできました。彼女は日本人の先生が知らないことも、英語が得意だから学ぶことができたのですね。スポーツが好き、料理が好き、文学が好き。どんなことでも、将来英語が必要になることもある。『イマージョン・ワークショップ』は、英語を使う場面を実際に感じてもらう機会となっています」

 グローバル社会で通用する英語力を磨き、「聞く、話す、読む、書く」をバランスよく学習できる同校の英語教育。「イマージョン・ワークショップ」は授業でもなく、クラブ活動でもない、英語科の先生たちによる独自の活動で、「またやってほしい」と生徒からリクエストされることも多いそうです。

「リース作りはとくに人気の定番イベントとなっており、毎年行われています。これからも生徒たちに英語を学ぶ楽しさを感じてもらえるように続けていきます」

オープンスペースでは「イマージョン・ワークショップ」が行われるほか、本の貸し出しも行われています。
本は語彙数ごとにレベル分けされていて、学習レベルごとに借りることができます。

著名な国際経営コンサルタントである植山周一郎さんをゲストに招いたワークショップ。グローバルな仕事の面白さから英語の具体的な学習方法までを楽しく話してくださり、生徒たちは魅了されました。著名な国際経営コンサルタントである植山周一郎さんをゲストに招いたワークショップ。グローバルな仕事の面白さから英語の具体的な学習方法までを楽しく話してくださり、生徒たちは魅了されました。
イースターの時期に行われたイースターエッグ作りのイベント。復活祭であるイースターの文化を教わりながら、卵を食紅でカラフルに染色して飾ります。イースターの時期に行われたイースターエッグ作りのイベント。復活祭であるイースターの文化を教わりながら、卵を食紅でカラフルに染色して飾ります。
ハロウィーンに向けて実施されるジャック・オ・ランタン作りのワークショップ。ハロウィンの象徴ともいえるランタンをネイティブの先生のレクチャーを受けながら作ります。ハロウィーンに向けて実施されるジャック・オ・ランタン作りのワークショップ。ハロウィンの象徴ともいえるランタンをネイティブの先生のレクチャーを受けながら作ります。
クリスマスティーのワークショップ。イギリスでは子どもたちも家庭科の時間に作るというロック・ケーキを、生徒と先生が英語での会話を楽しみながら、英語のレシピを使って作りました。クリスマスティーのワークショップ。イギリスでは子どもたちも家庭科の時間に作るというロック・ケーキを、生徒と先生が英語での会話を楽しみながら、英語のレシピを使って作りました。
「イマージョン・ワークショップ」のポスター。イギリス・ノッティングハムの学校の生徒たちと直接やり取りしながらムービーメッセージを作成するというイベントです。「イマージョン・ワークショップ」のポスター。イギリス・ノッティングハムの学校の生徒たちと直接やり取りしながらムービーメッセージを作成するというイベントです。
感謝祭は元々宗教的な意味合いの強い行事でしたが、現在では親族や友人の集まる食事会のようになっています。感謝祭をテーマにしたイベントは、文化の学習を兼ねた豪華な食事会となりました。感謝祭は元々宗教的な意味合いの強い行事でしたが、現在では親族や友人の集まる食事会のようになっています。感謝祭をテーマにしたイベントは、文化の学習を兼ねた豪華な食事会となりました。

(この記事は『私立中高進学通信2017年4・5月合併号』に掲載しました。)

共立女子第二中学校  

〒193-8666 東京都八王子市元八王子町1-710
TEL:042-661-9952

進学通信掲載情報

【私学だからできるオリジナル教育】美と伝統に触れて今だけの感性を伸ばす
【行ってきました!学校説明会レポート】在校生による学校紹介に充実の入試報告も!!
【校長が語る 自立へのプロセス】体験を通して学び、後輩へ受け継いでいく
【行ってきました!学校説明会レポート】説明会+入試問題研究会で親も子も学校の魅力に触れる
【私学の英語最前線】『4技能統合型授業』で確かな英語力を体得
【キャンパスのビジョン】「4技能統合型授業」でグローバル社会に通用する英語力を
【グローバル時代の学び方】英語力を効率的に伸ばす4技能統合型授業
【先生の本棚】八王子の豊かな自然に抱かれた美しい学校
【注目のPICK UP TOPIC!】英語の必要性を体感できるプログラム 文化も学べる「イマージョン・ワークショップ」
【私学の光輝】第46回体育大会 広々としたグラウンドで先輩と後輩の絆を深める
【校長が語る 思春期の伸ばし方】思春期の子どもたちは、粘り強く接する中で自分を気にかけてくれる存在の元に戻ってきます
【授業見聞録】理科・家庭科 約300㎡の校内ファームで土に触れ 収穫の喜び、食の楽しみを体験する
【学校生活ハイライト】戦後70年に平和への思いを込めた『白亜祭』
【大学合格力強化計画】併設大学を含めた選択肢の拡大が本当に進学したい学部・学科を決める
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】不安を払拭するオリエンテーションと学習指導で円滑なスタートを切る
【全人教室│心を育む私学の授業】統的な礼法で“相手を思う心”と品格を育む
【その先に備える キャリア教育】大学進学からその先を見すえ 一人ひとりが選択する「針路」
進学通信2017年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ