Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年4・5月合併号

こどもの自立を促す教育

淑徳中学校

グローバルな活躍をめざす留学コースの生徒
1年間の留学を終え比較文化発表会で成果を披露

ディスカッションは、ただ主張をすればいいというものではありません。他者の発言を「聴く力」も要求されます。

ディスカッションは、ただ主張をすればいいというものではありません。他者の発言を「聴く力」も要求されます。

 25年以上の歴史を持つ留学コース。『比較文化発表会』はその生徒たちが帰国後に行う集大成のプログラム。留学コースの導入背景などについて英語科の澤田翔先生にお話をうかがい、当日の様子をレポートします。

ディスカッションで異文化体験を深める
澤田 翔 先生澤田 翔 先生

英語科、留学コース担任。現地視察に行ったとき、生徒一人ひとりから手紙を渡されました。そこに書かれていたアルファベットをつなぐと、澤田先生への感謝のメッセージが現れたそう。

 留学コースの生徒は、高1の夏から1年間、アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリアから留学先を選び、現地校で学習。休学や留年なく、3年間で卒業できます。現地の環境や文化に触れ、高い英語力や積極性、さらにコミュニケーション能力を身につけるスペシャルコース。帰国後は、「比較文化」という特別授業を受講し、高2の3学期には保護者を招待して発表会を行い、留学の成果を報告します。

 1月28日に開催された留学コース26期生(留学コース2年生)の発表会では、新しい試みとしてプログラムにディスカッションが追加されました。

「発表会を報告だけで終わらせず、それぞれの異文化体験をソーシャルイシュー、グローバルイシューに落とし込むきっかけにできればと思いました」

 真に自立し、グローバルに活躍するためには、豊富な知識を身につけ、そのうえで自分の意見を持ち、それを誤解なく伝える技術が要求されます。その力を培う取り組みとして選ばれたのがディスカッションでした。

 6人の生徒がパネリストとして登壇すると、ネイティブの先生からその場でトピック(問い)が与えられます。

 一つ目のトピックは、授業中や放課後に比較文化発表会の指導をされたイギリス出身のマイケル先生からです。“Do you think Japan values collectivism over individualism in the classroom?” 観客のために通訳担当の生徒が「日本の学校は、個人主義よりも集団主義を重視しているか、考えを述べてほしい」と訳したところでスタート。パネリストは現地でブラッシュアップした英語を用い、活発に意見を交わします。「日本の学校行事は、集団で行われるものが多い」との発言があると、「個性を伸ばす授業も多くある」と反論が出ます。議論は盛り上がり、終了のベルが鳴っても、パネリストは「もっと発言したい」とアピールするほどでした。

 次のトピックはアメリカ出身で留学コース副担任でもあるルーカス先生からです。“Do you think Japan should do more to be an intercultural society?(日本の社会はもっと異文化交流を取り入れるべきか?)”

 通訳を担当した柴さんと太田さんは「聞き取ること以上に、短時間で双方の意見をまとめ、訳して伝える作業がとにかく難しい」と、一言も聞き漏らさないようにメモを走らせていました。

 発表会のメインであるプレゼンテーションは、国別に、People(人)・Education(教育)・Language(言語)・Expectation vs Reality(期待と現実)をテーマにして行われました。

「Expectation vs Realityでは、『思い描いていたものと現実は違った』という体験から学んだことを発表します。事前に知り得た情報、つまり、メディアが発信した情報との相違を体感したことで、メディアの在り方について考えを深める生徒もいます」

 進行も発表もすべて英語ですが、ドラマ仕立ての映像を流したり、観客を巻き込んでクイズを出したりと、「英語が苦手な人にも楽しんでほしい」という気遣いが感じられ、工夫を凝らした内容ばかり。準備にあたっては、現地の友人やホストファミリーに連絡を取って最新の情報を集めるなど、留学でできたつながりも活用しました。

「異なる地域に留学していた生徒と情報交換をすることで、日本に戻ってからも、世界の多様性を知ることができます。先輩と同じ学校やホストファミリーにお世話になる生徒も多くいますので、留学を起点に、横にも縦にもつながっていく。これは本校の留学コースの特長の一つではないでしょうか」

学びは“地続き”
帰国後の研鑽も大事

「留学について『日本でうまくいかなくても、海外に行くだけで変われる』という誤解をしている場合があります。日本で勉強をしない人は、海外に行っても何も学びません。学びは留学の前から始まり、帰国してからも努力が必要。常に『地続き』なのです」

 ディスカッションの練習中には、「難しい」「うまく言えない」と悩んでいた生徒も、繰り返すうちに「ためになる」「面白い」と見る見るうちに積極的に。自分の考えを伝える楽しさを知ることは自発的に学ぶ姿勢へと結び付きます。

「英語はただの道具。道具を使って伝えるのは自分自身の考えです。その考えの支えとなる内面をもっと豊かにできるように、この先も導いていきたいと思っています」

客席のクラスメートも、大声で声援を送り盛り上げます。客席のクラスメートも、大声で声援を送り盛り上げます。
授業時間以外も使い、生徒のサポートを続けたルーカス先生(左)とマイケル先生(右)。授業時間以外も使い、生徒のサポートを続けたルーカス先生(左)とマイケル先生(右)。
ディスカッションの通訳をした3人は左から、カナダ・アメリカ・アメリカへ留学。ディスカッションの通訳をした3人は左から、カナダ・アメリカ・アメリカへ留学。
国民性の違いを寸劇で表現。テーマは「車内で座席を譲るか?」国民性の違いを寸劇で表現。テーマは「車内で座席を譲るか?」
1人で堂々としたプレゼンテーションを披露する内田拓実くん。1人で堂々としたプレゼンテーションを披露する内田拓実くん。
同校の制服以外に、留学中の服装なども着用して、当時を再現。同校の制服以外に、留学中の服装なども着用して、当時を再現。

(この記事は『私立中高進学通信2017年4・5月合併号』に掲載しました。)

淑徳中学校  

〒174-8643 東京都板橋区前野町5-14-1
TEL:03-3969-7411

進学通信掲載情報

【グローバル特集 授業[コース]】『留学コース』で1年間の海外留学早慶ほか難関大合格を実現する英語力
【学校生活ハイライト】増上寺研修で心を見つめ直し大学受験と自らの生き方を決意
【未来を切り拓くグローバル教育】クラス全員が1年間留学『留学コース』で大きく成長
【SCHOOL UPDATE】海外語学研修 本物の英語力を身につけ異文化を体感する
【注目のPICK UP TOPIC!】英語圏への3カ月留学を実施し既存の英語教育をさらにパワーアップ
【注目のPick up TOPIC!】全国初の留学コースはTOEICスコア710の実力
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】学び合いでより深い理解と社会に出て役立つ力を養う
【SCHOOL UPDATE】体育祭 生徒中心の企画・運営により生まれる強い絆
【校長が語る思春期の伸ばし方】個性や失敗を認め、多様な価値観に触れさせ自立心と思いやりの精神を育てる
【こどもの自立を促す教育】グローバルな活躍をめざす留学コースの生徒が1年間の留学を終え比較文化発表会で成果を披露
【SCHOOL UPDATE】光輪祭 全員が有為な存在となり特技や才能を出しきる
【注目のPICK UP TOPIC!】中3生のオーストラリア語学研修旅行
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】中3生全員が卒業論文を10分間プレゼンテーション
【SCHOOL UPDATE】比較文化発表ICT教育 発信力と自主性を育む「留学コース」という選択
【未来を生き抜く学力のつけかた】きめ細かなプログラムで確かな学力と語学力を育み自ら考えて判断し発信できる能力を養う
【10年後のグローバル社会へのミッション】「淑徳フィロソフィー」が培う 利他共生の心と豊かな国際性
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】「共生」の心を学ぶオリエンテーション 自律を支える『今・未来手帳』
【めざせ 次代のグローバルリーダー】特筆すべき一年留学コース 語学力の先を見据えた教育を
【私学しゅん報】記念式典 留学コース創立25周年
【母校にエール!OGOB interview】みんな仲が良く個性を認め合う一緒にいて落ち着く場所でした
進学通信2017年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ