LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年2・3月合併号

中1の始め方

浦和実業学園中学校

充実のサポート体制で生徒を見守り
将来の夢の実現を応援する

英語イマージョン教育を推進する同校では、ホームルームのほか、美術や体育などの実技教科の授業も英語で進められます。

英語イマージョン教育を推進する同校では、ホームルームのほか、
美術や体育などの実技教科の授業も英語で進められます。

英語イマージョン教育で緊張感なく英語に慣れ親しむ
ネイティブの先生が作ったオリジナルの英語ハンドブックは、生徒の強い味方です。日常生活の中で英語が身につくのは同校ならでは。ネイティブの先生が作ったオリジナルの英語ハンドブックは、生徒の強い味方です。日常生活の中で英語が身につくのは同校ならでは。

 特色ある英語イマージョン教育の実践で注目を集める同校。中1から各クラスにネイティブの先生が副担任につくほか、美術や体育、音楽、技術家庭の実技教科も英語で進められています。入学当初からホームルームの連絡事項は英語で伝えられ、職員室に教室の鍵を借りに来るときなども英語で話すルールになっています。

「たとえ小学校時代に英語に親しんでいなくても、まったく支障はありません」

 と中1の学年主任で英語担当の田内善行先生は言います。

「最初は緊張する生徒もいますが、ゲームやあいさつから英語に慣れていきますし、時には日本語でもサポートします。授業として英語を学ぶよりも緊張感なく英語に慣れ親しんでいくので、中1の後半ではサポートなしでも伝達事項を理解できるようになっています」

 英語を多用する学校生活をスムーズに送るため、ネイティブの先生が作ったオリジナルのハンドブックも用意されています。学校でよく使う単語や、知っておくと便利な会話文がまとめられていて便利だと生徒たちからも好評です。

 また、実技科目では体を動かしたり何かを作るなど作業が伴うため、英語での理解が進みやすいそうです。もちろん安全に関する注意事項については適時、日本人の先生もサポートしながら授業は進められています。

「耳から英語が入ってきて、自然に正しい発音ができるようになっています。日常のなかで当たり前のように英語を吸収するため、表現力が豊かになるのもイマージョン教育のメリットの一つです」

生活管理や学習計画などで生徒の状況をきめ細かく把握
担任の先生との交流を図る『ハイスクールライフ』。週に2、3回は英語で書く決まりです。担任の先生との交流を図る『ハイスクールライフ』。週に2、3回は英語で書く決まりです。

 生徒の生活管理や心のケアなどがていねいで、より充実した学校生活を送るためのサポート体制がしっかりしているのも同校の大きな特徴です。

 例えば、生徒たちは『ハイスクールライフ』と呼ばれる生活記録ノートにその日の出来事や印象に残ったことなどを書き、毎朝、担任の先生に提出します。先生と交流を深める交換日記のようなもので、口では言えない悩みもそっと打ち明けることが可能です。

 また、月初めには学習と生活面でそれぞれ目標を書き込む用紙を配布。目標を達成するために努力することも具体的に記入し、個々のロッカーに貼って毎日のように確認しています。

 月末には1カ月をどのように過ごしたのか、生徒それぞれが自分自身で振り返るためのアンケートも行っています。これは身だしなみやあいさつ、部活動や友人関係など学校での様子のほか、家庭での過ごし方についても問いかける内容で、生徒の心や生活状況の変化に担任の先生が気づくきっかけにもなるそうです。

 アンケートはファイルにまとめていくので、1年間を通じてどのように自分が課題に取り組んできたのか振り返るときにも役立ちます。同じ項目でずっと「いいえ」が続いているようなら、次は「はい」になるように努力してみるなど、客観的に自分の状況を見つめられるようになるのです。

 学習計画を立てるサポートも、ていねいに行われています。中1の担任を受け持つ舩山修平先生は

「結果を自分で振り返って、改善するサイクルを身に付けるのが大切」だと話します。

将来の夢の実現につながる力を育成する

 同校では、将来の夢の実現について考える機会として、今年度から21世紀型キャリア教育教材『ENAGEED』を導入しました。これは次世代に求められるスキルなどについて、視野を広げるワークショップ型のテキストです。答えが一つでないテーマについて考えることで、課題発見・解決力、アイデア力、実現力などを伸ばし、多角的かつ能動的な思考が身につくよう促す内容となっています。

「学力を上げるだけでなく、幅広く思考力や考察力を伸ばすことは、将来を考えるうえで必須の学びだと思います。こういった学びを体験することで、月々の短いスパンでの計画だけではなく、長期的な計画にも目を向け、将来、めざす人物像をはっきりイメージできるようになります」(舩山先生)

 今年度からは、2020年以降の大学入試制度への対策として、朝のホームルーム前の15分間を「聞く、話す、読む、書く」力を育成する時間に充てる取り組みも行っています。

「これからも教科書をただ学ぶだけではなく、長期的に生徒が成長できる取り組みに力を入れていきます」(田内先生)

入学してすぐ!2泊3日のオリエンテーションキャンプ
オリエンテーションキャンプでは、伊豆の豊かな自然の中で新しい仲間たちとさまざまな体験をします。オリエンテーションキャンプでは、伊豆の豊かな自然の中で新しい仲間たちとさまざまな体験をします。

 中1のオリエンテーションキャンプは入学してすぐ、南伊豆の学園施設において2泊3日で行われています。

「まったく新しい環境に放り込まれ、生徒同士、まだお互いに顔がわからない中で宿泊研修をするのは大変だと思われるかもしれません。しかしゲームやスポーツなどを通して、これから6年間を一緒に過ごす仲間と人間関係をつくる場として、とても良い機会になっています」

 と田内先生は話します。

 ネイティブの先生たちと英語だけで会話しながらゲームを楽しむ時間もあり、生徒は「英語って楽しい!」と、英語イマージョン教育の雰囲気をつかむそうです。

 また、どのような声かけをすれば気持ちよくコミュニケーションが取れるのかといったことについて話し合ったり、学年目標について意見を出し合ったりするグループワークも行います。さまざまな活動を通じて次第に生徒たちは打ち解け、その後の学園生活をスムーズに送るきっかけを作るのです。

進学通信2017年2・3月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ