LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年2・3月合併号

Students' Chat Spot

武蔵野中学校

10年後の社会で活躍する生徒の育成をめざして
「実践的英語力・コミュニケーション力・自ら学び実行する力」を養う

「人前で発表したりコミュニケーションを取ったりすることにも自信がつきました。」「ネイティブスピーカーの先生の授業は、英語を学ぶのではなく、使うことを重視。」

「人前で発表したりコミュニケーションを取ったりすることにも自信がつきました。」
「ネイティブスピーカーの先生の授業は、英語を学ぶのではなく、使うことを重視。」

五十嵐奈々さん(高3)五十嵐奈々さん(高3)

マーチングバンド部の部長です。昨年は生徒会長をしていました。人の役に立つことが好きなので、将来は警察官になりたいです。

石井大輝くん(高2)石井大輝たいきくん
(高2)

デジタルメディア部に所属。生徒会長もしています。将来は、生徒たちに夢や生き方を伝えられるような学校の先生になりたいです。

田中由莉さん(高1)田中由莉さん
(高1)

マーチングバンド部に所属。卒業までの残りの2年間で、全国大会に出場することを目標にしています。生徒会の副会長もしています。

黒川栞人くん(中3)黒川栞人かんとくん
(中3)

デジタルメディア部に所属。CGの作成や動画の撮影・編集などをやっています。文化祭では、軽音楽部とのコラボが実現しました。

大宮愛生さん(中2)大宮愛生めいさん
(中2)

卓球部に入るために母と2人で上京しました。寂しさを感じていた時期もありましたが、それを乗り越えて卓球に打ち込む毎日です。

兒嶋きらさん(中1)兒嶋こじまきらさん(中1)

卓球部に所属。強いチームに入りたくてこの学校を選びました。学年1位の成績を取るほど、勉強面もがんばっています。

一問一答
「ここは、「情報」の授業などで使っている「MM(マルチメディア)教室」です。」「普段から1人1台のタブレット端末を持ち歩いて使いこなしています。」「ここは、「情報」の授業などで使っている「MM(マルチメディア)教室」です。」
「普段から1人1台のタブレット端末を持ち歩いて使いこなしています。」

――この学校の魅力は何ですか

黒川くん
先生との距離の近さです。悩みごとや困ったことがあった時、いつも力になってもらっています。

五十嵐さん
担任はもちろん、いろいろな先生方が声をかけてくれます。

石井くん
体育祭や文化祭の時の先生たちの熱意がすごい! 学校全体で盛り上がります。

大宮さん
部活動も盛んで、どの部も目標を持って活動に励んでいます。私の所属する卓球部や水泳部は全国大会常連の強豪です。

――英語教育に特徴があるとか?

兒嶋さん
1週間の英語の授業のうち、6時間をネイティブスピーカーの先生が担当。4時間を日本人の先生が担当し、文法などのフォローをしてくれます。

田中さん
英語でプレゼンをしたり、動画を作成したりと、英語をツールとして使うことを重視しています。

黒川くん
今では指示も的確に理解できるようになって、英語が得意科目になりました。

石井くん
高1の冬に、3カ月間のニュージーランド海外研修に参加しました。初めの1週間はつらかったのですが、積極的にコミュニケーションを取るようにしたら、友達もできてとても楽しく過ごすことができました。後輩たちはこの研修が必修になります。

――勉強にはどのように取り組んでいますか

石井くん
学習支援施設『武蔵野進学情報センター』が夜の9時まで利用できます。わからないところをすぐに質問できるので、とても便利です。

田中さん
独立した自習スペースもあって集中して勉強することができるので、試験前にはよく利用しています。

大宮さん
毎日練習がある卓球部では、文武両道を維持するために、独自の課題が出ることもあります。

兒嶋さん
英語の単語テストが毎朝あって、合格点が取れないと再テストになってしまうので、どんなに忙しくても英単語の勉強だけは欠かせません。

五十嵐さん
6年間の単語テストを通じて、たくさんの英単語を覚えられ、受験勉強の長文読解などにも役立っています。

――学校生活を通じて成長した点は?

五十嵐さん
クラスでの活動や部活動などを通じて、自分のことだけではなく、周りのことも考えて行動できるようになりました。

石井くん
留学の経験を通じ、「挑戦してみよう」「たくさんの人とコミュニケーションを取ってみよう」と、前向きになりました。

田中さん
一人ひとりが活躍する場が多く、何ごとにも一生懸命に取り組む姿勢が身についたと思います。

黒川くん
英語でプレゼンをしたり、表現したりする活動を通じて、人前で積極的に自分を表現することができるようになりました。

大宮さん
卓球をがんばって、全国で活躍できるくらいの選手に少し近づけました。

兒嶋さん
クラスの副委員長として、少しずつ全体のことを見てまとめる力が身についていると思います。これからもがんばります。

何ごとにも“熱い”学校!勉強に部活動に、本気で取り組む毎日です。
「卓球部でレギュラーになって、全国大会に出場することが当面の目標です。」「中2の終わりに受けた英検準2級に、ほぼ満点で合格しました。将来は、英語を活かして、国と国とをつなぐような仕事をしてみたいと思います。」「卓球部でレギュラーになって、全国大会に出場することが当面の目標です。」
「中2の終わりに受けた英検準2級に、ほぼ満点で合格しました。将来は、英語を活かして、国と国とをつなぐような仕事をしてみたいと思います。」
「高1の時に参加した「ニュージーランド海外研修」が、僕にとって大きな転機に。もっと挑戦してみようという前向きな気持ちになりました。」「部活動は必修です。毎日の練習は大変ですが、やってみて本当に良かった!」「高1の時に参加した「ニュージーランド海外研修」が、僕にとって大きな転機に。もっと挑戦してみようという前向きな気持ちになりました。」
「部活動は必修です。毎日の練習は大変ですが、やってみて本当に良かった!」

(この記事は『私立中高進学通信2017年2・3月合併号』に掲載しました。)

進学通信2017年2・3月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ