LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年2・3月合併号

Students' Chat Spot

女子美術大学付属中学校

“智の美・わざの美・心の美”を柱に、
「生きる力」を育む教育を行っている同校

「全学年が通る場所なので自分の作品が選ばれるとすごくうれしい。」「階段に飾られるのは先生に選ばれた優秀な作品です。」

「全学年が通る場所なので自分の作品が選ばれるとすごくうれしい。」
「階段に飾られるのは先生に選ばれた優秀な作品です。」

“智の美・わざの美・心の美”を柱に、実社会で求められるスキルに直結する「生きる力」を育む教育を行っている同校。忙しくも充実した毎日を送っている中3生に集まっていただきました。

優さん優さん

バドミントン部で週に4回練習をしています。小学生の時に、美術の先生による体験授業に参加して楽しかったので入学を決めました。

佳苗さん佳苗さん

写真部。大学の施設を借りてフィルム現像などができる環境が自慢です。将来も何らかの形で写真を続けていきたいと思っています。

美枝子さん美枝子さん

美術部に所属。ガラスを溶かしてアクセサリーを作るなど、授業とは別の作品に取り組めることが魅力です。高3に姉が在学中。

初音さん初音さん

バトン部で、年に3回の公演に向けて練習をしています。小さい頃から絵を描くことが好きだったため、この学校を選びました。

一問一答
「課題が多くて忙しいけれども、とっても楽しい毎日です。」「美術の授業が週に4時間!」「課題が多くて忙しいけれども、とっても楽しい毎日です。」
「美術の授業が週に4時間!」

――美術系学校ならではの特徴は?

美枝子さん
中学では、週に4時間の美術の授業があります。高校ではさらに増えて、高3になると週に10時間の授業時間が確保されていると聞いています。

佳苗さん
普段は和気あいあいとした雰囲気だけれど、美術の授業はとても真剣。「美術だけは負けたくない」「妥協したくない」という気持ちが、年々強くなっています。

優さん
課題も多いので、勉強や部活動と両立する毎日は大変です。制作中はつらいと感じることもあるけれど、でき上がるとうれしいし、達成感でいっぱいになります。

初音さん
行事がとても盛んで、その中で制作物があったり、美術鑑賞をしたりと美術に関連した活動を行う機会も多いです。

美枝子さん
文化祭の展示や発表は、企画を審査で選ばれたクラスや団体のみが参加できる厳しい世界。上の学年だからといって選ばれるとは限りません。

――美術以外で、この学校の魅力は?

佳苗さん
先生との距離が近くて、とくに用事がなくても職員室に行きたくなります。先生たちと雑談するだけでもすごく楽しい!

優さん
各教科の先生方の知識が深くて、教科書以外の知識をいろいろ教えてくれるので、理解もしやすいし覚えやすいです。

初音さん
先生たちが私たちの興味や関心をよくわかってくれているので、授業中に先生がぽろっと話す内容が本当に面白くて、「もっと話を聞きたい」と質問が飛び交っています。

――課題にはどのように取り組んでいますか

美枝子さん
絵画の課題は授業中に仕上げることになっているので、締め切り間際は必死です。

初音さん
デザインの課題は家でもコツコツ計画的に進めるようにしています。

優さん
私は後から追い上げる派。夜遅くまでがんばる日もあります。

佳苗さん
さまざまなことに追われている毎日ですが、スケジュールを管理する力が自ずと身につきました。

――3年間を通じて成長を感じる点は?

佳苗さん
作品に取り組む中で、最後まであきらめないでやり遂げる力が身についたと思います。

美枝子さん
学年が上がるにつれて、一人ひとりの作品に個性が出てきて、友達の作品を見て学ぶことが多くなったと思います。

初音さん
作品作りを通じて、どちらかというとデザインの分野に興味があるのだということがわかりました。高校では、もっと多様な作品に取り組めるのでより良い作品が作れるように一歩ずつチャレンジしていきたいです。

優さん
美術に限らず、ほかのことについても、やるなら最後まできちんとやりたいという気持ちが芽生えたと思います。自分は本当に美術に向いているのかという不安や葛藤を感じて焦ることもありますが、学校生活で身につけた夢中になる力や熱中する力を活かして、美術だけに限定せず、将来につながる道を見つけていこうと思っています。

楽しくて苦労もある作品作り自分ならではの何かにたどり着きたい!
「中1と中2でさまざまな分野の作品を制作して、自分の好きな分野を見極めることができました。」「中3になってからは、絵画とデザインの2つの分野を学んでいます。」「中1と中2でさまざまな分野の作品を制作して、自分の好きな分野を見極めることができました。」
「中3になってからは、絵画とデザインの2つの分野を学んでいます。」
「期限内に作品作りに取り組むことで、やり遂げる力が身につきました。」「大変だけれども、気がつけば夢中になっている自分がいます。」「期限内に作品作りに取り組むことで、やり遂げる力が身につきました。」
「大変だけれども、気がつけば夢中になっている自分がいます。」

(この記事は『私立中高進学通信2017年2・3月合併号』に掲載しました。)

女子美術大学付属中学校  

〒166-8538 東京都杉並区和田1-49-8
TEL:03-5340-4541

進学通信掲載情報

【私たち、僕たちが大好きな先生】落語の口調を真似たりアニメを題材にした 創意に富んだ授業で引き出す生徒の好奇心
【校長が語る 思春期の伸ばし方】『美術』はアイデアや表現力など今の時代を生き抜く力を育みます
【SCHOOL UP DATE】学校生活の集大成 大きな成長の証が作品になる
【Students' Chat Spot】“智の美・芸わざの美・心の美”を柱に、「生きる力」を育む教育を行っている同校
【注目のPICK UP TOPIC!】「美術のひろば」でアートの世界に触れる
【学校生活ハイライト】美術大学付属校ならではの個性あふれる運動会は感動の嵐
【その先に備えるキャリア教育】学校生活の積み重ねが多彩な未来への入り口に
【目標にLock On!! 私の成長Story】美術を通じて自分を知りやりたいことがみつかった
【私学の光輝】「美術を通じた女性の自立」 創立の思いを今に伝える100周年記念式典
【中1の始め方】美術を通して積極性と認め合う心を育てる自発的な行動に目覚め、感性を鍛える1年間
【注目のPICK UP TOPIC!】世界でも稀有な美術系中高一貫校新しい女性の生き方を切り拓いて100周年
【校長が語る 思春期の伸ばし方】地道に積み重ねる勉強が子どもの個性を伸ばす
【その先に備える キャリア教育】日常のすべてが“キャリア”につながる
【私学の光輝】スケッチ旅行で学ぶ 「個」の大切さ
進学通信2017年2・3月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ