LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2017年2・3月合併号

注目のPICK UP TOPIC!

田園調布学園中等部

人としての「根っこ」を育てる6年間

90年変わらない「体験重視」の教育
山形県酒田市で8月に実施されるファームステイ。野菜の収穫や酪農、商店のお手伝いなど、お世話になる家の仕事を通じて、たくさんの文化、自然を体験します。

山形県酒田市で8月に実施されるファームステイ。
野菜の収穫や酪農、商店のお手伝いなど、お世話になる家の仕事を通じて、たくさんの文化、自然を体験します。

今年90周年を迎えた同校では、体験から学び、人としての「根っこ」をつくることをめざしています。同校の教育について、また子どもたちの成長について、校長の西村弘子先生と、在校している高2生の保護者・西由加里さん、村松和代さんに話していただきました。

西村弘子校長先生西村弘子校長先生

西村先生
生徒たちは勉強やクラブ活動、学校行事などの体験からたくさんのことを学び、気付きます。そこから世界が広がり、自分のあり方を考えていくようにと働きかけています。

西さん
姉に続いて下の娘がこの学校を選んだのは、弓道部があったからです。娘は以前から日本の伝統文化に興味があり、『土曜プログラム』では和太鼓や囲碁など、この機会がなければ学ぶことがないであろうというプログラムを選択して、視野を広げているようです。自分の興味を深め、掘り下げていける教育なのだなと感じます。

村松さん
実は私自身もこの学校の卒業生なのですが、中1で毎日書いて提出する『精進日誌』が、今も続いているのは素晴らしいですね。娘の精進日誌を見せてもらうと、勉強やクラブ活動、友達同士の悩みなどを正直に書いていて、それに対して先生も真剣に返事をくださっています。書くことで自分を振り返ることができますし、時間を置いて読み返せば娘が自分の成長を感じることもできますね。

西 由加里さん在校生(高2生)の保護者。姉娘も同校の卒業生。西 由加里さん
在校生(高2生)の保護者。姉娘も同校の卒業生。

西さん
宿泊行事の『ファームステイ』では、山形の農家のお宅に泊まって農作業などを体験するのですが、帰って来た時に娘が成長したなと思いました。自宅と違って甘えられない環境で過ごして自信がついたのですね。実施が中2というのも年齢的にちょうどいいと思います。

西村先生
ファームステイは山形県酒田市のひらた地区で15年続いています。お世話になった農家の方に年賀状をお送りしたり、大人になって再訪したりする生徒もいますよ。

村松さん
娘はテニス部に所属しています。以前と違いテニス部に入ってからは、先輩がしてくれたように後輩を指導したり、部内のことでいろいろ悩んだりしながら、クラブ活動を通じて人間的な成長を感じます。

村松和代さん在校生(高2生)の保護者で、自身も同校の卒業生。村松和代さん
在校生(高2生)の保護者で、自身も同校の卒業生。

西村先生
自分から動いたり、仲間を気遣ったりすることで成長していきますね。本校では90年間、体験重視の教育を通じて、自らの力で道を切り拓きながら目標に向かって努力する女性を育成する教育が続いています。生徒の無限の可能性を広げるために、自分の殻を破って前へ踏み出す女性になるように応援していきたいです。

英語漬けの環境で、英語の重要性を体感できるイングリッシュキャンプ。航空会社のクルーと食事をしたり、創作劇をつくったりして英語によるコミュニケーション力を高めます。
英語漬けの環境で、英語の重要性を体感できるイングリッシュキャンプ。航空会社のクルーと食事をしたり、創作劇をつくったりして英語によるコミュニケーション力を高めます。

英語漬けの環境で、英語の重要性を体感できるイングリッシュキャンプ。
航空会社のクルーと食事をしたり、創作劇をつくったりして英語によるコミュニケーション力を高めます。

土曜プログラムは平成26年度から文部科学省の土曜授業推進事業に認定。生徒の発達段階に沿った「コアプログラム」と、興味や関心から選択可能な「マイプログラム」が実施されています。和太鼓の講座は生徒に大人気。土曜プログラムは平成26年度から文部科学省の土曜授業推進事業に認定。生徒の発達段階に沿った「コアプログラム」と、興味や関心から選択可能な「マイプログラム」が実施されています。和太鼓の講座は生徒に大人気。
マイプログラムのフラワーデザインの授業。ほかに語学・科学・スポーツ・伝統文化など外部講師による170の選択講座があります。マイプログラムのフラワーデザインの授業。ほかに語学・科学・スポーツ・伝統文化など外部講師による170の選択講座があります。
創立以来続いている黙想。精進の鐘の音とともに生徒たちは黙想を行い、静かに気持ちを切り替えます。創立以来続いている黙想。精進の鐘の音とともに生徒たちは黙想を行い、静かに気持ちを切り替えます。
高3生が演じる御神楽は、長年続く体育祭のクライマックス。高3になった時からずっと練習を繰り返し、同じ髪型に結いあげるために髪も伸ばします。中1から見てきた御神楽を自分たちで演じる思いが伝わり、感動的な時間です。高3生が演じる御神楽は、長年続く体育祭のクライマックス。高3になった時からずっと練習を繰り返し、同じ髪型に結いあげるために髪も伸ばします。中1から見てきた御神楽を自分たちで演じる思いが伝わり、感動的な時間です。
クラブ活動では、中高通じて同じ仲間と過ごし、ともに努力することで強い絆が生まれます。上級生との交流、下級生への指導などを通じて人間性も育むことができます。
クラブ活動では、中高通じて同じ仲間と過ごし、ともに努力することで強い絆が生まれます。上級生との交流、下級生への指導などを通じて人間性も育むことができます。

クラブ活動では、中高通じて同じ仲間と過ごし、ともに努力することで強い絆が生まれます。
上級生との交流、下級生への指導などを通じて人間性も育むことができます。

(この記事は『私立中高進学通信2017年2・3月合併号』に掲載しました。)

進学通信2017年2・3月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ